スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩焼酎 『知覧武家屋敷』で・・・〆

10-27,2011

知覧武家屋敷

知覧 武家屋敷 知覧醸造(株)
[蔵元]鹿児島県の薩摩半島の南部、南九州市知覧町に在り、
     その町の南部には肥沃な台地が一面に広がり、
     お茶、さつまいも及び大根などの畑作の盛んな土地柄である。
[銘柄]地元の肥沃な土地で育まれた新鮮なさつまいも(黄金千貫)を
     さらに厳選し、白麹で仕込まれ、少量を丁寧に造られた銘柄。


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
〆滴に本品もハタ酒店様で購入した“蔵。”です。

4ヶ月ぶりの再飲となるのでしょうか・・・
..........って、数え切れないほどの芋焼酎があって、4ヶ月ぶりって・・・(短)

まぁ、コレが私の直面している現実と言うか、レギュラー酒ばかりを
飲んではネタにしているBlogerとしての欠点と言うか何酎か・・・
とは言え、どっぷりレギュラー酒にハマッておりますから、
そう簡単に抜け出せないところにBlogerとしてのジレンマを感じています。

また、このなんとも変わり映えしない更新方法に窮屈さを感じております。


私の好きな映画の台詞に、「毛虫が終末と感じる状態を蝶は誕生と感じる」
なんてのがありましてネ、ココもそろそろ「終末」かと私も考えております。
「誕生」が、何時・ドコで・・どの酔うなカタチで・・・となるのか、
今はまったく考えておりませんが、暫くはサナギマンとなって、イナズマンへの
再生を期したいと思います。今日までご閲覧いただき、ありがとうございました。
いつかまたドコぞでお会い出来る事を願いまして・・・・・・・・・・


じゃ、またっ!



p.s. 三日後とかに、「新しいBlog始めました!」とか言っても赦してネ!(爆)
    (ィャ..........まぁ~流石にソレは無いだろうけど・・・)


スポンサーサイト

薩摩焼酎 『頴娃』で呑酔

10-21,2011

頴娃

頴娃 知覧醸造(株)  企画/NPO 頴娃おこそ会
[蔵元]鹿児島県の薩摩半島の南部、南九州市知覧町に在り、
     その町の南部には肥沃な台地が一面に広がり、
     お茶、さつまいも及び大根などの畑作の盛んな土地柄である。
[銘柄]NPOメンバーと一般会員さんと頴娃町で植えけ、収穫した4tの
     黄金千貫を原料に地元知覧酒造の協力で黒麹仕込みの銘柄。
     ラベルの題字は地元「頴娃高校」書道部の皆さんによる力作。
     今までにもまして、生まれ育った頴娃が元気であるようにと
     願いを込められております。


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
Weekday.様より、不意に本品を撃ち込まれた“蔵。”です。

私の手元へ届いた時には、新聞紙でガチガチのす巻きに
されておりましたので、速やかに忍務遂行し、優しく解放してあげました。
ハイ!(謎)

..........と、よく分からない話をしてもアレなんで、
コォなったら、とっとと飲むしかないですネ!
ハイ!(笑)

Read more...

薩摩焼酎 『相良兵六』で呑酔

10-10,2011

さつま相良兵六

さつま 相良兵六 相良酒造(株)
[蔵元]球磨から鹿児島へ移り、1730年 相良仲右衛門が酒屋を開業。
     現当主で九代目にあたり、鹿児島市街地では唯一残った
     家内工業的老舗焼酎蔵。
[銘柄]良質の黄金千貫を用い、黒麹仕込で丁寧に醸し、
     「下田七窪」の銘水である天然湧水を使って仕込まれた銘柄。


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
やっぱり本品もハタ酒店様で購入した“蔵。”です。

本品も思い出深い銘柄だったりいたしまして・・・
芋焼酎にハマり始めて、2番目に購入した品でした。
四合瓶で、すりガラス調のボトルがキレイだったんで購入しました。

その時の印象は・・・
好ましからざるモノだったんですが、んまぁ~今思えば、
超初心者だったからっ酎事で、夜な夜な芋焼酎を飲んだ暮れ、
Junkie となってしまった今では・・・・・

Read more...

薩摩焼酎 『さつまおはら』で・・・

10-07,2011

さつまおはら

さつま おはら 本坊酒造(株) 津貫工場
[蔵元]1872年創業。本坊松左衛門の「殖産興業による社会福祉」の
     精神から、年号も明治に変わって間もない混乱の頃、鹿児島県
     薩摩半島南端にある津貫の土地に誕生た大手酒造メーカー。
[銘柄]穫れたての南薩摩産さつま芋「黄金千貫」を白麹で丹念に仕込み、
     芳醇な香りと切れのある軽快な味わいが特徴の薩摩芋焼酎です。
     お湯割りで味わうと、薩摩焼酎ならではのふくよかな香りと、
     甘くやわらかな味わいがお楽しみいただけます。 ~ 裏ラベルより ~


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
本品もハタ酒店様にて購入した“蔵。”です。

本日、薩摩の友達に第二子が誕生しましたので、祝杯を挙げております。
改めまして、第二子誕生おめでとうございます。健やかに育ちます酔うに♪(祈)


「子供が生まれました!」と教えていただいたのは、もう何人目でしょうか・・・
焼酎の取り持つ縁で、多くの「焼酎飲み」な方と知り合わせていただきましたが、
何度かご一緒させていただいている内に、普通の友達になっちゃったり、
人生の先輩として相談に乗っていただいたりと、なんともありがたい限りです。

そんなノンゴロさんとの最初の縁は「焼酎」ですが、人と人との距離感が
縮まってくると、「焼酎」との距離感には若干の間が出来る酔うに思えます。
最初は「デンッ!!」と真ん中に鎮座し、仲を取り持っていた「焼酎」が、
少しずつ身を引き、取り持った縁を眺め、本来在るべきポジションに戻る・・・
そんな感じでしょうか。

   ・
   ・
   ・

と、本日も破廉恥なポエムを垂れ流しましたところで、
ご閲覧の方々が、これ以上ポエ濁流に飲まれぬ酔う、
ここら辺で「ぉぃぉぃ.....ナニ書いてんだ・・・」滴更新を
「STOP THE 少子化」と声高らかに〆たいと思います。
ハイ!(汗)


じゃ、またっ!

薩摩焼酎 『撫磨杜』で呑酔

09-26,2011

撫磨杜

撫磨杜 大石酒造(株)
[蔵元]1899年創業。焼酎の自家用醸造が禁止され、創業者 大石長次郎は
     他の2名とともに、鹿児島県北西部 阿久根市にて焼酎製造を開始し、
     数年後は一人で製造業を続け、現在に至る。
[銘柄]「なまず」を知っていますか。その風貌に似合わずデリケートで
     繊細な生物です。人目にふれぬ所でゆっくりとじっくりと成長し、
     水質が悪くなると髭も退化し生きてはゆけません。この「撫磨杜」は
     たっぷりと大地の恵みをうけ、澄んだ水(高松川伏流水)で仕込まれ
     育った芋焼酎です。あなたの心を揺さぶる極上の味を「撫磨杜」は
     知っています。                     ~ 裏ラベルより ~


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
ハタ酒店様に本品をお願いした“蔵。”です。

ハタ酒店 若大将のご好意で本品を口に出来る酔うになってから、
もう5年以上経っているんですネ........蔵見学のお力添えをしてくださったり、
去年ははるばる当地までおいでくださったり、本当に良くして頂いております。

そんな「友達」として付き合ってくださる畑様に感謝しつつ、
今年も『撫磨杜』を味わわせていただきますyo!!
ハイ!(喜)

Read more...

薩摩焼酎 『五代目和助』で呑酔

09-19,2011

五代目和助

五代目 和助 白金酒造(株)
[蔵元]1869年創業。創業者の川田和助は、桜島北側の錦江湾を臨む姶良の地で
     白銀の名水と出会い、川田醸造店(現在の白金酒造の前身)を創業。
     昔ながらの伝統の技を頑なに守り、丹精込めた焼酎造りを続ける蔵元。
[銘柄]創業者 川田和助は明治弐年、貧窮のなかから白銀の湧水を得、
     「和助焼酎」の愛称で呼ばれた焼酎を造り、明治・大正時代に
     一世を風靡しました。 「和助焼酎」を甦らせたく、蔵と「酒の一九会」が
     協力し、創業当時からの伝統と味を守りながらも現代の愛飲者にも
     納得頂ける味に仕上げた逸品です。 薩摩の純本格芋焼酎「五代目和助」は
     厳選された原材料と吉野水系の名水を使用し造られております。
     明治年間の深い味わいを御賞味頂けるものと思います。  酒の一九会 推奨
                                     ~ 裏ラベルより転載 ~


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
裏ラベルの文字が見えづらくなってきた“蔵。”です。(老)

過去の記事を顧みて、ウッと気付いたんですが、
白金酒造さんの銘柄をネタにする時って、“北の曲者”様絡みが多いっすネ。
実際“北の曲者”様は、白金酒造さんの銘柄、結構飲んでらっしゃいますよネ?

   ・
   ・
   ・

と、ダレに質問しているのか、自分でもよく分からなくなってきましたので、
銘柄の説明書きも長くなった事ですし、とっとと飲みに入りましょうかネ!
ハイ!(笑)

Read more...

薩摩焼酎 『志布志湾』で呑酔

09-11,2011

さつま志布志湾

さつま 志布志湾 大隅酒造(株)
[蔵元]岩川醸造の第二の蔵として2006年に設立。
     鹿児島の伝統ある焼酎づくりを継承しながら、最新鋭の設備による
     徹底した品質管理のもと本格焼酎の原酒を製造される蔵元。
[銘柄]もとは曽於郡有明町に在った坂井酒造の定番の芋焼酎でしたが、
     坂井酒造が焼酎製造を止められ、大隅酒造に引き継がれた銘柄。


どちらさまもご機嫌如何ですか?
焼酎にハマッた頃、『さつま志布志湾』は既に終売品だった“蔵。”です。

だもんで、「幻の地焼酎」・・・ そんなイメージのある本品ですが、
瓶テージ協会会長の話によると、坂井酒造 ⇒ 丸西酒造 ⇒ 大隅酒造と、
製造を受け継がれてきた銘柄のようで、現行品は比較的手に入れ易い・・・
ぃゃ、取扱店が少ないから、やっぱり微妙に入手困難な銘柄なのか?(汗)

まぁ、お近くに取扱店が無い場合は、通販でお買い求めくださいネ!
と、お茶を濁しつつ..........私は先を急ぎますんで、とっとと飲みますyo!!
ハイ!(笑)

Read more...

薩摩焼酎 『小松帯刀』で呑酔

09-04,2011

小松帯刀

小松帯刀(コマツタテワキ) 吹上酒造(株)
[蔵元]1896年創業。古くから南薩摩の経済・文化の中心地として
     栄えてきた南さつま市加世田にある蔵元。
[銘柄]黄金千貫を特に厳選して丁寧に原料処理を行い、麹は昔ながらの
     黒麹を使用、低温発酵でもろみを造り常圧蒸留で蒸留された銘柄。


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
最近“小松帯刀”の本を読んだ“蔵。”です。

誰をも恐れず、誰にもおもねることなく、大変革の道筋を作った男“小松帯刀”。
どの酔うな事を成された方なのかは、吹上酒造のHP内にございますので、
興味のある方は、そちらの方を覗いていただくとして、私はとっとと飲みますyo!!
ハイ!(笑)

Read more...

薩摩焼酎 『玉露』で呑酔

08-29,2011

玉露

玉露 (有)中村酒造場
[蔵元]1888年創業。薩摩半島と大隅半島の付け根に位置する
     国分市に在り、創業以来「麹屋」で「麹蓋」にて麹を造る
     純手作り焼酎の手法をかたくなに守り続け、
     伝承の大甕でゆっくり時間を掛けて仕込む蔵元。
[銘柄]緑茶の高級品でもある「玉露」にちなみ、焼酎の最高峰を目指して
     銘々され、原料芋には黄金千貫、霧島連山の伏流水を使い、
     白麹にて醸された銘柄。


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
朝晩いくぶん過ごし易くなり助かっている“蔵。”です。

コレからは、一雨ごとにお湯割りがしっくりくる秋へ、
季節は移ろってゆくのでしょうネ..........って、最近の一雨って、
超手厳しくないですか? どっかんドッカン雷は鳴るわ、
ぽつぽつ降り出したかと思えば、程無くゴォォォォッとダダ降り・・・

もぉ怖ろしいんで、とっとと飲むに限りますネ!
ハイ!(笑)

Read more...

琉球泡盛 『八重泉』で呑酔

08-20,2011

八重泉

八重泉 (有)八重泉酒造
[蔵元]1955年創業。八重山諸島の石垣島に在り、「よい酒はよい環境から生まれる」
     という考えのもとに、1991年石垣市街地から島々を見渡せる小高い丘に移転。
     徹底した美味追求のため、近代的な機械を積極的に導入し、コンピューターによる
     品質管理を行う一方で、八重山に残る伝統的な直火式地釜蒸留にこだわるなど、
     それぞれの製法を活かす酒造りを心掛けておられる蔵元。
[銘柄]水神様の霊地として名高い於茂登岳中腹から湧き出るナンガーラの天然水だけで
     仕込み、昔ながらの直火式地釜で蒸留する製法により醸された銘柄。


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
今夏五銘柄目の琉球泡盛をぉネタに更新する“蔵。”です。

だって、ほらぁ~・・・ ナツくて暑いじゃないですか・・・
仕事から帰ったら、前割りして冷蔵庫で冷やしておいた泡盛を
キュッと一杯ひっかける訳ですよ..........コレがモォ楽しみでネ!

そんなOSSAN 丸出しで愉しんでいる本品ですが、
なんと、アノ、宮古島で秘密裏に特殊工作に勤しんでおられると噂の
コードネーム“J”様(仮名(爆))ご推薦の逸品という事で、
「こりゃぁ~モォ飲まないかんじぇ(J)!」と買いに走りました。

買いに走ったからには、そらぁ~モォ、とっとと飲むじぇッ!!
ハイ!(笑)

Read more...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。