スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『さつま松の露』で呑酔

01-25,2011

さつま松の露

さつま 松の露 櫻井酒造(有)
[蔵元]1905年創業。鹿児島県日置市金峰町唯一の蔵元さん。
     原料となる地元産の黄金千貫を小さなキズまで徹底的に
     切り落とし、“磨く”ことにこだわった蔵元さん。
[銘柄]地元の契約農家で栽培した黄金千貫こだわり、一切の妥協を許さず
     造り続けている櫻井酒造のレギュラー銘柄ですが、商標登録上、
     地元以外には流通させられず、県外人にとっては垂涎的銘柄。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
本日もまたx4頂き物で更新させていただく“蔵。”です。

そんな訳で、本日も頂き物の御紹介なんですが、
なんでも、「今期分は白麹のみで、麹米も国産らしいんで、飲めぇ~~ッ!!」と
南の三九先生が送ってくださったので、ありがたく飲ませていただきます。(感謝)

とは言え、そこら辺の「違いがわかる男」..........とは自称できないんで、
まぁ、TGTG滴に飲んじゃいますネ!(汗)

Read more...
スポンサーサイト

芋焼酎 『小さな蔵』で呑酔

10-01,2010

小さな桃蔵

小さな蔵 櫻井酒造(有)
[蔵元]1905年創業。鹿児島県日置市金峰町唯一の蔵元さん。
     原料となる地元産の黄金千貫を小さなキズまで徹底的に
     切り落とし、“磨く”ことにこだわった蔵元さん。
[銘柄]地元の黄金千貫を原料に、金峰山系の清冽な水を仕込み水に用い、
     白麹原酒に1割程黒麹原酒をブレンドされているらしい・・・・・


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
頂き物も最後の銘柄となりました“蔵。”です。

本品、リアル先輩からいただいた品、第三弾でございまして、
タダの『小さな蔵』じゃございません。
なんと、リアル先輩より、小さな蔵の白抜き部位を
ピンクの色鉛筆かクレパスで悪戯された『小さな蔵』です。

リアル先輩が何故ピンクに悪戯されたのか、
私にはよく分かりませんが、御閲覧の皆様は多分に、
色欲お分かりの事でしょうから、とっとと飲みますネ!
ハイ!(笑)

Read more...

『さつま 松の露』で呑酔

06-23,2008

さつま松の露

さつま 松の露 櫻井酒造(有)

 【蔵元】1905年創業。鹿児島県日置市金峰町唯一の蔵元さん。

      原料となる地元産の黄金千貫を小さなキズまで徹底的に

      切り落とし、“磨く”ことにこだわった蔵元さん。

 【銘柄】地元の契約農家で栽培した黄金千貫こだわり、一切の妥協を許さず

      造り続けている櫻井酒造のレギュラー銘柄ですが、商標登録上、

      地元以外には流通させず、県外人にとっては幻の品です。
      昔ながらの白麹仕込みに、さりげなく黒麹仕込みの焼酎を

      ブレンドして、仕上げられています。

 (訪薩の際、平日。様よりいただいたお土産。感謝♪)

 

折角、薩摩へ行くのだから、薩摩でしか買えない銘柄を購入しよう・・・

と思い、購入する予定だったのですが、諸般の事情により、

購入出来ていなかったところ、平日。様がお土産に.....と、くださいました。

流石は【三九会】.....痒いところに手の届くお方ばかりです♪(感謝感謝)

 

香) ややシャープな感じもありますが、基本、もったりした芋の香り。

生) 非常にボリュームのある味わいで、円味とコク、甘味がしっかりしてます。

氷) スッキリまとまり、甘味と香味が前面に表れ、さっぱりいただける。

水) 香味と渋味が際立ち、スッキリしているものの、やや独創的な味わい。

湯) まろやかさと香味が際立ち、しっかり芋焼酎を飲んでいる感覚に浸れる。

 

櫻井さんの銘柄は、実に個性が際立っていて、面白いですね♪

その分、好み的に合う・合わないは、はっきりしているかとは思いますが、

私は合う派なので、どの銘柄をいただいても、どっぷり芋焼酎に浸れます。

『小さな蔵』で呑酔

03-04,2008

小さな蔵

小さな蔵 櫻井酒造(有)

 【蔵元】1905年創業。鹿児島県日置市金峰町唯一の蔵元さん。

      原料となる地元産の黄金千貫を小さなキズまで徹底的に

      切り落とし、“磨く”ことにこだわった蔵元さん。

 【銘柄】地元の黄金千貫を原料に、金峰山系の清冽な水を仕込み水に用い、

      白麹原酒に1割程の黒麹原酒をブレンドされた銘柄・・・・・(多分)

 

という事で、黒麹原酒のブレンド具合は1割程度が通説の酔うです。(多分)

 

香) 芋としか思えない「ほっくり」した好い香りが広がります。

生) しっかりしていながら、さしたる刺激もなく、鼻に抜ける芋香が好い。

氷) ややシャープな飲み心地になるも、香り・甘味の力強さが増す。

水) 力強かったロックが程好い飲み心地となり、甘味は持続するようになる。

湯) ほっくりとした香りが花開き、やわらかな甘味と膨らみが実に心地好い。

 

う~ん.....一昨年・・・2006年10月、徹底的に櫻井さんの芋銘柄を飲んで以来、

実にお久し振りの櫻井モノ(芋)でございました.....んが、やっぱ旨いですな♪

 

以前は好んで『金峰櫻井』をいただいていたのですが、

麹米に“ひのひかり”の標記をされだされて以来、

以前より飲み口がソフトになった酔うな印象を受けておりました。

 

しかし、この『小さな蔵』にはその標記が見当たりません。

そのあたりが、グッとくる好印象につながっているのかどうか、

正直、視覚的気持ちの問題があるかもしれませんが、

なにやら骨太男酎の飲み心地で、実に心地好いのであります。

 

ただ、グッとくる分、通してコレだけを飲んでいると、

若干飲みダレする酔うな気がしないでもありませんが・・・(汗)

櫻井酒造呑み比べ 外傳

10-16,2006

三夜に渡って、ぐだぐだと櫻井酒造・勝手に呑み比べを実施した訳ですが……

 

ぶっちゃけ、あんな探り探り呑んだって、旨くなかっ!(苦笑)

ってことで、今日は全銘柄、湯割りでマッタリ呑んでみました♪

 

私の判断基準...結局のところ、湯割りでどうか?ってことなんですが、

全銘柄、綺麗で優しくて、しっかり芋焼酎していて好みです!(^∇^)

只、悪い言い方をすれば、皆、似通っていて、味わいに幅はありませんね・・・

でも、だからこそ、どれから試されても、相性の合われる方は、

その後、何を呑まれても美味しくいただける気がいたします(^ー^ゞ

 

個人的には、どの銘柄か一つに絞るのではなく、

常に櫻井さんの銘柄が1本ストックでき、

この特有の味わいを拠り所の一つに出来れば良いかな?っと思います。

 

それでは、本日更新分まで四日間に渡り、お付合いありがとうございました♪

また休肝日明けに、お会いいたしましょう(^ー^)ノ~~~

 

 

本日の焼酎 : 黒、造り酒屋、さつま松の露、小さな蔵、金峰、古酒(全櫻井)

? 櫻井酒造呑み比べ

10-15,2006

   

左) 造り酒屋櫻井  中) 小さな蔵  右) 金峰櫻井   櫻井酒造(有)

 

ってことで、更に引っ張りまして、櫻井酒造・勝手に呑み比べ第三夜目(汗)

 

先ず、三銘柄の違いですが、『造り酒屋櫻井』は、徹底して原料にこだわり、

芋・麹米に地元・金峰町産のモノを使い、割水には「関平鉱泉水」を使用。

『小さな蔵』と『金峰櫻井』は、共に、白麹と黒麹仕込みの原酒をブレンドし

造られた銘柄であるが、そのブレンド比率が若干異なるらしい…(本当?)

『小さな蔵』は白9:1黒.....『金峰櫻井』は白8:2 or 1 or 0.5 黒だとか.....

色んなブレンド比率をよく耳にする……ものの本に因れば『金峰櫻井』には、

『造り酒屋櫻井』もブレンドしてあるらしきことも目にしたことがあり、

正直、よう分からんのですわ.....実際、どげなブレンドなんでしょうね(・_・?)

 

次に、ぐだぐだ言ってても始まんないので、実際に生で呑み比べた感想を・・・

 『造り酒屋』 : 香り・味わい共に、淡麗スウィート。それに付け加えて、物凄く

          上品。舌の上からス~ッと消えるように、味わいが染み入り、

          その後、舌の上から揮発するよな、穏やかな膨らみがあります。

 『小さな蔵』 : ぽってりと優しい芋の香りと味わい、そして厚味。

          舌の上にピッと刺激を感じると共に広がる甘味。

 『金峰櫻井』 : ぽってりと優しい芋の香り。ほとんど刺激を感じない味わい。

          口に含んだ瞬間からサラッとなじみなが甘味を感じ、

          そう思っていると、舌の奥で僅かに感じるピリッとした刺激。

 

最後に、今回の呑み比べでは、『小さな蔵』vs『金峰櫻井』がメインでしたが、

それに割って入った『造り酒屋櫻井』が持つポテンシャルの高さを再発見でき、

メインイベンターを喰った感がしました(^∇^;) それくらい深味ある逸品です♪

 

余談として、『造り酒屋櫻井』・『小さな蔵』は、昨年購入し少量ストックしてた分。

『金峰櫻井』は、今年購入した分で、呑み比べを実施してみましたが・・・・・

『金峰櫻井』って、こんなにやわらかい銘柄でしたっけ?

私の印象では、今回呑んだ『小さな蔵』と大差無いイメージがあったのに……

ひょっとして、今年分の『小さな蔵』もやわらかくなっているんでしょうか(・_・?)

 

個人的意見として、呑み易くス~~ッと穏やかに染み入るような酎が、

良い酎だとは思っておりません。それは日本酒の概念でしょう(・_・?)

酎は酎で在るが故に酎として、第一に原料特有の主張があり、

そして、その主張≒癖である方が酎らしいと思えます...独り善がりでしょうか?

 

(´⌒`;)ウーン.....こげなこつ更新したら、また「馬鹿」だとか言われるんだろうな_| ̄|○ i||!

 

 

本日の焼酎 : なかむら、造り酒屋櫻井、小さな蔵、金峰櫻井

? 櫻井酒造呑み比べ

10-14,2006

  

左) '05 黒 櫻井  右) '06 黒 櫻井  櫻井酒造(有)

 

ってことで、昨日に引き続きまして、櫻井酒造・勝手に呑み比べ第二夜目(笑)

 

先ず、去年分と今年分での違いですが、

左右2枚の画像を見比べていただけると、お分かりになると思います。

今年分は、麹米に「ひのひかり米 使用」との表記がありますよね。

昨年分までは、麹米に何を使ってらしたんでしょうか(・_・?)

 

次に、生で呑み比べた感想ですが・・・・・

 『去年分』 : 櫻井さんの優しく綺麗な味わいだなぁ...と油断していると、

         いきなりグ~ッと、舌先からノドの方へと走り去って行きます。

         あぁ…確かに黒麹だな...と余韻に浸りつつも感じる舌上の刺激。

 『今年分』 : 櫻井さんの優しく綺麗な味わいと、上顎から降り立ち、

         舌上にググッと圧を掛けられるような重みがありながらも、

         麹米に起因する為か、口内での膨らみと甘味を感じます。

 (香りに関しては、開栓後の時間に差が生じている為、コメントを控えます。)

 

最後に、黒麹仕込焼酎のオーソドックスなイメージであれば、去年分・・・

多様な呑み方を楽しめそうなモノであれば、今年分・・・という印象でしょうか。

個人的に、悪い言い方をすれば、黒々していない今年分の方が好みかな♪

 

 

本日の焼酎 : '05黒櫻井、'06黒櫻井

? 櫻井酒造呑み比べ

10-13,2006

  

左) さつま 松の露  右) 古酒 櫻井 3号タンク  櫻井酒造(有)

 【蔵元】1905年創業の鹿児島県日置市金峰町唯一の蔵元さん。

      この蔵元のこだわりは、原料となる地元産の黄金千貫を

      小さなキズまで徹底的に切り落とし“磨く”ところで、

      社長自ら「芋の磨きは誰にも負けん」と仰られるほどです。

 

ってことで、櫻井酒造・勝手に呑み比べシリーズ・第一夜でございます(笑)

 

先ずは、ちょっとした疑問なんですが、『さつま松の露』を

長々と寝かせていたモノが、『古酒 櫻井』になるんでしょうかね(・_・?)

多分、仕込みの部分で、今と昔では若干の違いがあるのでは……??

 

次に、呑み比べた感想ですが...香り・味わい共に、随分違います。

 『松の露』 : 櫻井さんならではの優しく綺麗な芋焼酎の香り。

         味わいも香り同様、優しく綺麗で、それが口内に膨らみます。

 『古酒櫻井』 : 甘酸っぱいような軽いアルコール臭。

          味わいも酸味を感じ、少し米麹っぽさを感じる気が致します。

 

最後に、先日『川越1972』でも出た“エイジング”なる言葉。

“エイジング”=“熟成”≒“長期貯蔵”ってことでしょう?

芋焼酎での“エイジング”...個人的に、あまり長過ぎるのも如何なものかと……

芋焼酎の芋焼酎たる長所が、熟成を重ねる毎に削られて行くのでは?と(汗)

今回の呑み比べでも、『松の露』の方が、より芋焼酎らしくて、私は好きかな♪

(´_`;)ウーン.....批判がバンバン来そうで、ちぃと恐かですな(((;゚Д゚))ガクガクブルブル

 

 

本日の焼酎 : 姶良、白銀坂(白)、さつま松の露、古酒櫻井

『さつま松の露』で呑酔

06-10,2006

さつま松の露 櫻井酒造(有)

1905年創業の鹿児島県日置市金峰町唯一の蔵元さん。

この蔵元のこだわりは、原料となる地元産の黄金千貫を小さなキズまで徹底的に

切り落とし“磨く”ところで、社長自ら「芋の磨きは誰にも負けん」と仰られるほどです。

地元の契約農家で栽培した黄金千貫こだわり、一切の妥協を許さず造り続けている
櫻井酒造のレギュラー銘柄ですが、商標登録上、
地元以外には流通させず、県外人にとっては幻の品です。
昔ながらの白麹仕込みに、さりげなく黒麹仕込みの焼酎をブレンドして、仕上げられています。
 
さて、本日は、独身最終日(爆)
実家で夕食をご厄介になり終え、そろそろ帰宅するかな・・と思っていた頃、
P様からお電話を頂き、明日・明後日の野球観戦チケットがあるので、行きませんか?
と、嬉しいお心遣いを受けるも、スケジュールの都合上断念 _| ̄|○ il|!
家族で野球観戦ってのも、乙なものだろうな~(∇`〃)。o〇○ポワァーン♪
P様(ToT)ゞ スンマッシェン またお声を掛けてください(*-ω人)オネガイシマスー☆彡
 
その後、お仕事でご来福中のminoSP様とお会いし、
お疲れのところを、長々と焼酎談義に華を咲かせてしまいました・・・
お会いする度に、良い勉強をさせていただいて(人-)感謝(-人)感謝
&お疲れのところを呼び立てまして、誠に申し訳ございませんでしたm(_ _;)m
また、本日紹介のオミヤまで頂き、ありがとうございました(^人^)感謝♪
次回、ご来福の際は是非、迎撃OFF会を催させてくださいね♪
 
 
本日の焼酎 : 徹底的に、さつま松の露

『小さな蔵』で呑酔

05-17,2006

小さな蔵 櫻井酒造(有)

1905年創業の鹿児島県日置市金峰町唯一の蔵元さん。

この蔵元のこだわりは、原料となる地元産の黄金千貫を

小さなキズまで徹底的に切り落とし“磨く”ところで、

社長自ら「芋の磨きは誰にも負けん」と仰られるほどです。

ご紹介の『小さな蔵』も同蔵元他銘柄同様、驚くほどクリアな

味わいですが、しっかり芋々しさがあり、好みです(*´∇`*)

 

 

さて、本日の話題は........ズバリm9っ゜Д゜)なしっ!!!

“Zico Impact”から立ち直ることが出来ずにいます_| ̄|○ il|!

この様な状況から、一点の光を見出すのならば..........

マスコミが祀り上げているような、○原をFWの軸に据えず、

柳○か、巻.....特に、巻を使って欲しい.....ってかm9っ゜Д゜)使えっ!!!

後、守備の出来ない三○主は使うな( ´ー`)y━・~~~

コイツの個人技は、鈍重な相手以外通用しないっちゅう話やねん┐('~`;)┌

セットプレーでヘッド期待できる中田(浩)入れた方が、守備も安定するっしょっ!!!

ε=( ̄。 ̄;;A フゥー…まっ、使っちゃくれないんだろうけどね ゙〓■●゙~~~=□○0~~~

 

 

本日の焼酎 : 常長 極楽35°、小さな蔵

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。