スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『園乃露』で一寸呑酔

12-24,2008

園乃露2合ペッ酎

園乃露 植園酒造(資)

 【蔵元】鹿児島県北部「竹の里」としても有名な薩摩郡さつま町に在り、

      霊峰「紫美山」山麓から湧き出る旨い水と北薩でとれる良質の

      甘藷だけを使用し、杜氏兼社長である植園正人氏がコツコツと

      醸し続けている北薩に唯一残る石蔵の酒造場。

 【銘柄】地元産の黄金千貫を原料として白麹を用いて仕込まれ、

      地元で昔から飲まれ愛され続ける植園酒造のスタンダード銘柄。

 

という訳で、早速購入してきました『園乃露』二合ペッ酎。(笑)

五合瓶・一升瓶などは、またいずれ購入したいと思いますので許してネ!

 

香) 麹の香りの中にやや香ばしさが潜んでいる感じがします。

生) きれいに整った口当たりと確かなコク。控え目な甘さと心地好い余韻。

氷) スキッとした口当たりで、さっぱりと癖無くいただけます。

水) 厚味のある口当たりで、アフターにしっかり甘味も感じ取れます。

湯) 香ばしさと甘味が花開き、コク深い味わい。辛味でビッと締まる。

 

竹翁』程ではありませんが、おもいのほか麹の香りがするんですね。

自分の記憶に無く、多少新鮮な印象を受けましたが、

お湯割りでは、詳細な記憶は無いものの、やはり好印象な逸品であります。

 

私見ではありますが、ストレートやロックでいただくよりは、

水割りでは、あまり冷やし過ぎない温度帯、

湯割りでは、ぬる燗よりもやや高い温度帯で愉しまれた方が

味わいのファクターが増えて面白いのではないかと感じました。

 

まぁ、余計なお世話ですがネ!(自嘲)

スポンサーサイト

『竹翁』で呑酔

12-23,2008

竹翁

竹翁(たけのおきな) 植園酒造(資)

 【蔵元】鹿児島県北部「竹の里」としても有名な薩摩郡さつま町に在り、

      霊峰「紫美山」山麓から湧き出る旨い水と北薩でとれる良質の

      甘藷だけを使用し、杜氏兼社長である植園正人氏がコツコツと

      醸し続けている北薩に唯一残る石蔵の酒造場。

 【銘柄】原料芋に黄金千貫を使用し、黒麹と白麹の原酒をブレンド。
      さらに、2~3年物の原酒をブレンドした銘柄だそうです・・・(多分)

 (御世話になりっぱなしの鵜様からいただいた品。感謝♪)

 

ふ~む........スペックを調べるものの、いまいち掴めない銘柄ですな・・・・・

第一、終売前のスペックさえよく知らない訳でして........まぁ飲むかっ!(笑)

 

香) 麹のもったり甘い香りがスウィッと立ち上ります。

生) 複雑ですね.....整ってるなと思っていると上下左右からガツガツ刺激が・・・

氷) グンッと麹の香りと甘味をまったり感じつつも、なんだか刺々しい味わい。

水) ふんわりした麹の香りとほんのりした甘味でスウィッといける感じ。

湯) 穏やかな麹の香りとまったりしたコク。ざっくり辛味を帯びた味わい。

 

ぬ~ん........甘味もありますばい・・・あるばってん、辛か方がねぇ・・・・・

その他の味わいもえらい複雑に絡みおうとりまして、どげんもこげんも・・・(汗)

 

植園さんの銘柄ば腰据えて飲むとは、2年数ヶ月ぶりばってん、

植園さんっちゃ、こげん感じやったやろうか?

こらぁ、近か内に『園乃露』か『北薩摩』ば飲んでみらなつぁらんばい!

 

まぁ、そげな感じでっ!(逃)

『夢鏡』で呑酔

08-28,2006

夢鏡 植園酒造(資)

 原料芋はジョイホワイトながら、むしろ有色芋を感じさせるような、

 フルーティーさを感じさせ、他のジョイホワイト銘柄とは、

 一線を隔す味わい。植園さんらしく、骨太感を感じました(^∇^)

 

--------------------------------

 

さて、本日は、昼近くまで、ゆっくりと寝させてもらった後、

娘たちを実家にあずけ、嫁と食料の買出し。

娘たちを迎えに行った後、家族揃って、お昼寝(^∇^)

夕食後、娘たちと入浴........実にファミリーな一日でした♪

 

なんちゃなかったですが、こういうのが“幸せ”なんでしょうね(*´∇`*)

 

--------------------------------

 

本日の焼酎 : 植園さんの銘柄数酒

『植園酒造』で呑酔

08-18,2006

  
うえぞの  むろか 園乃露  植園酒造(資)
創業以来百余年、竹の産地として有名な北薩・宮之城町にて、
紫美山の山麓から湧き出る名水と、昔ながらの石蔵、
かめ仕込の伝統を継承する蔵元さん。
(ron様からの小分け品(^人^)感謝♪ 画像は拾い物ですm(_ _;)m陳謝!)
 
【うえぞの】
 ■芋 : 山川紫
 ■麹 : 黒麹
 ■常圧蒸留・25゜
 一般的な紫芋より、濃厚な味わいを感じとれる逸品ですね♪
 渋味が気になるロックより、湯割りの方がDANZEN!旨かったです(^ー^ゞ
 
【むろか 園乃露】
 ■芋 : 黄金千貫
 ■麹 : 白麹
 ■常圧蒸留・35゜
 この銘柄は、唸るほど旨い! 私的には、同蔵元BEST銘柄で賞♪
 濃く詰った味わいに、芳ばしさも相まって、ひたすら湯で旨し(*´∇`*)
 
他にも、同時に『北薩摩』も呑んだのですが、
植園さんところの銘柄は、実に骨太で旨いですなぁ~~♪
一時期、ある銘柄の影響で、足を遠ざけてましたが、
久々に呑むと、その影響も薄れ、兎に角、旨い!( ̄¬ ̄*)
 
 
本日の焼酎 : 亜士亜 山田錦、北薩摩、うえぞの、むろか 園乃露、長熟極楽
 
 
p.s PCの画面が上下小刻み揺れます.....もうPCが、限界かも ゙〓■●゙~~~=□○0~~~

『北薩摩』で呑酔

02-27,2006

 北薩摩 植園酒造(合) -呑み比べ三日目-

 既にネタバレだった感は否めませんが、

 『園乃露』と『北薩摩』の呑み比べをしておりました。

 何故か?それは、この二品、中身は同じとの話を

 耳にしていたからである。(信憑性の高い情報元より)
 といった訳で、各小瓶1本づつ+北薩摩一升を所有している

 立場として、凄く気になっていた訳なのですわ(´Д`A```

 

 

 

さて、今日はこの事に関して、更新してみたいと思います。

先ず、この二品の中身が同じであると、初めて耳にした時点で、

上記の量所有していたもので、ご縁のあったお酒屋さんに確認してみますと・・・

A店(園乃露取扱店)

  北薩摩?存じ上げませんね・・蔵元からもその商品の紹介は来ておりません。

B店(園乃露・夢鏡・うえぞの取扱店)
  北薩摩が地元向け、園乃露は他県向けで、中身は同じみたいです。

  (わざわざ調べていただき、後日、ご連絡をいただきました。感謝!)

と、ご返答賜りました。

B店のご返答を踏まえますと、A店のご返答にも合点がいきます。

合計二升所有している立場として、益々追い込まれてしまいました_| ̄|○ il|!

そういった訳で、百聞は一献に如かず!

呑み比べ、その道のパイオニアになるのです( ̄^ ̄ゞ !!

本当は、若干でも良いので、違う物同士であって欲しいのであります(>Д<ゞ!!

 

○ o 。.~~・━u( ̄。 ̄=)プハァ~ ん?結果ですか?

 

ほぼ同じですばい・・仕込みの時期が違う為、完全一致ではない感じですが、

ほぼ同じ香り、ほぼ同じ味わいですな・・実に微妙な結果となりました ゙〓■●゙ ピクピク

 

しかし、決定的に違っている点もあります・・蔵元住所表記が・・・

園乃露(五合瓶)→薩摩郡宮之城町

北薩摩(五合瓶)→薩摩郡さつま町

  〃  (一升瓶)→薩摩郡宮之城町

と、なっていた点です・・微妙ですか?微妙ですよね・・・⊂(_ _⊂⌒⊃切腹ッ!!

 

p.s 近日中に公開ご予定、ウイリー様の同呑み比べ結果に期待!!!

 

 

本日の焼酎:園乃露・湯x2・氷x1、北薩摩・湯x2・氷x1、常長極楽35°・氷x1

『園乃露』で呑酔

02-26,2006

 園乃露 植園酒造(合) -呑み比べ二日目-

 比べているのは、園乃露と隠れているアレですw

 改めて呑み直し、気付いた点があります。

 『極薫』に通じる点があるところ・・・

 園乃露も、以前はその出来により、麦をブレンドする

 こともあったと、どこかの記事で読んだ事がありますが、

 今回味わってみて、その方向性を再発見できました。

 

 

 

さて、本日の話題は、昨日の酒屋巡りの話でも(またかいなw)・・・

昨日は外回り時、舞松原方面へ伺う機会に恵まれましたので、

ずっと以前に1度訪問したDSへ、久々に再訪問してみることにしました。

勿論DSですので、有名銘柄取扱ってます。プレ値でε- ( ̄、 ̄A) フゥー

そげなモノには目もくれず、焼酎コーナーを物色しておりますと、

そこはDSだけあって、珍品もチラホラ・・DS覗くの嫌いじゃありませんw

そんな中、目を惹いたのが、大山甚七商店の品々・・・

(薩摩の誉・問わず語らず名も無き焼酎・きらら三○九)

本来ならば、一番安価な薩摩の誉が一番高額なのに驚きました(´Д`A```

(とは言え、それでも定価より安い、一升1,800円でしたがd(^ヮ^*)ne!!!)

こちらの蔵元のお酒は好きなので、良い情報が得られました(⌒∇⌒)

また他にお値打ち品としては、こちらでは珍しい伊佐泉や旧ラベルの天狗櫻があり、

なかなか興味深く、楽しい酒屋再訪となり、満足満足でございましたw

 

 

本日の焼酎:園乃露・湯x2、隠れてるアレ・湯x2

比べて呑酔

02-25,2006

 三夜連続でお届けする企画物。

 呑み比べてみようコレとソレ・・・

 否、確認してみようかな…_| ̄|○ il|!
 違ってて欲しいんだけど、

 既に香りで、結果が見えてるような・・・

  ゙〓■●゙~~~=□○0~~~

さて、気をとり直して、本日は、嬉しい事がありました!

なんと!私のBLOGを、大阪のお酒屋さんが読んでくださっているとの事!

こちらのお酒屋さん、私が「一月後の発送でお願いします。」と

厄介な発注を掛けたにも関わらず、その注文をご快諾いただき、

また、とても親切にメールで応対していただきました。

その品々が明晩届く予定でございます(*´∇`*)楽しみだぁ♪

○○酒店様、誠に(人-)感謝(-人)感謝でございます!

※ ご迷惑が掛かるといけないので、屋号は伏せさせていただきます。 ※

 

 

本日の焼酎:呑み比べコレ&ソレ・生x各1・湯x各1・氷x各2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。