スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『さつま』で呑酔

10-08,2009

さつま

さとう 佐藤酒造(有)
[蔵元]1906年創業。霧島山麓霧島市牧園町に在り、1970年、
     加治木酒造協業組合(現在の国分酒造協業組合)の設立とともに加盟も、
     1984年加治木酒造協業組合を脱退し、佐藤酒造有限会社として復活。
[銘柄]良質のさつま芋「黄金千貫」を原料に、霧島山系の地下水を用いて、
     白麹で醸した佐藤酒造のレギュラー酒。

どちら様も御機嫌如何でしょうか?
久し振りに某酒店様にて本品をBlogネタ的に仕入れてきた“蔵。”です。

先日、その某酒店様より酒販会に関する御電話をいただきまして、
「あ゛ッ........随分伺ってないよな・・・」と、微妙な罪悪感に駆られていましたところ、
数日後、某酒屋様の近所へ所要で出掛け、その帰りに立ち寄って参りました。

アレコレお喋りしながら営業妨害しつつ、Blogネタを探していたところ
目に付きましたのが本品でございまして、その気になる御味とは・・・・・

Read more...
スポンサーサイト

『佐藤 白・黒』で呑酔

09-15,2006


画像中央左) 黒麹仕込 佐藤 佐藤酒造(有)

画像中央右) 白麹仕込 佐藤 佐藤酒造(有)

 【蔵元】1906年創業。1970年加治木酒造協業組合

      (現在の国分酒造協業組合)の設立とともに加盟も、

      1984年加治木酒造協業組合を脱退し、

      佐藤酒造有限会社として復活。

 (画像は、以前P様よりパクッたモノですm(_ _;)m 陳謝!)

 

さて、3ヶ月ほど放って置いた佐藤酒造の呑み比べです(汗)

レギュラーの『さつま 白・黒』と比べて、米麹臭さを感じない気がします。

その分、『佐藤 白・黒』は、優れた“まとまり”と“まろやかさ”が共通しており、

『佐藤 白』は穏やかな膨らみ、『佐藤 黒』は元気なパンチが特徴でしょうか♪

このバランスの良さは特出モノですが、ちぃと高価なのが難点ですかね(汗)

 

勿論、馬鹿なプレ値で買うような銘柄ではないと思います。

本当に好きな人・呑みたい人が、適正価格で購入・外呑み出来れば、

それで充分な銘柄だと思います。(焼酎全体に、そう言える事ですが・・・)

 

以前外呑みしたお店で、「こんなのもありますよ♪」と『佐藤 黒』を

出して見せてくれましたが、「だからなんだ?」って感じです( ´ー`)y━・~~~

多くの人は喜ぶでしょうが、全ての人が喜ぶとは限りません。

お店はお店で売れた方が良い訳ですから、それが当たり前なんでしょう・・・

ばってん、熱々の湯で割られた日にゃ、折角仕入れた希少酎だって、

なんや分からん酎に成り下がる.....っちゅう話ですわ┐('~`;)┌

 

( ̄_ ̄;)ウーン.....クダ撒いてますな・・・まっ、機嫌が悪いからd(^一^メ)ne!!!

結論としては、『佐藤 白・黒』共に、無難に旨い!って事で(^∇^;)ダハハハッ!

 

 

本日の焼酎 : がんこ焼酎屋25゜、おやっとさあ、真鶴、佐藤 白・黒、黒さつま

『さつま 白・黒』比べて呑酔

06-22,2006

さつま & 黒さつま 佐藤酒造(有)

1906年創業。1970年加治木酒造協業組合(現在の国分酒造協業組合)の設立とともに

加盟も、1984年加治木酒造協業組合を脱退し、佐藤酒造有限会社として復活。

画像右端 : 黒さつま  画像左端 : さつま
(画像はP様の了解を得ずに転用しております(^人^)感謝♪)
 
以前、飯塚遠征で入手した『さつま』と、r様から小分けいただいた『黒さつま』を
呑み比べておりますが、違いを表現するのが難しいので、
今回は擬音を使って、より難解に表現し、遊んでみようと思います(爆)
 
では、『さつま』を生でいただいた感想を・・・
スルスル.....フワ~.....ボワ~.....ピリピリ.....ジンジン.....ヴォハ~ン ヴォハ~~ン
 
次に『黒さつま』を生でいただいた感想を・・・
スル~.....フンワリ.....ヴァチーン.....ヴォワ~.....ピリピリピリ.....ジンジンジン
 
( ̄-  ̄ )ンー・・・実に的確な表現だ♪(爆)
感想を通訳致しますと、白は戻り香の打ち寄せが特徴的で、やわらかくマッタリでき、
黒は黒らしいパンチの効いた主張があり、潮が引くのも早いです。
共通して感じることは、比較的大人しい銘柄で、米麹の香りが強いということでしょうか・・・
最後に白・黒ブレンドしたものを湯割りでいただいておりますが、
控え目ながら、どっちら主張も確認できて、案外いけますね♪
 佐藤さん、新規でブレンド銘柄出しませんか?(⌒▽⌒;)ダハハハハ! 
 
 
本日の焼酎 : 木樽一番、宮田屋、さつま、黒さつま、さつま灰(爆)

『さつま』で呑酔

04-08,2006

さつま 佐藤酒造(有)

写真は2度目の登場...使い回しである・・(ToT)ゞ スンマッシェン

○玉様にボトルごと小分けのお約束をしているので、

意地汚く、開栓⇒My小分けストック&呑酔(´Д`A```

d(*´д`*)ゞ アッ、ナルホド…という味わいではあるが、

○玉様も、どげな感じか気になりんしゃろうけん、

花見オフの際にでも、直にお伝えしたいと思います。

 

 

さて、本日も焼酎を介して、新たな交流が芽生えた日でございました(*´∇`*)

明日・明後日と御来福のご予定で、明日の夕方お会いする事になっております。

大切な御用事がおありでらっしゃるので、どのくらいの時間、

親交を深められるか分かりませんが、時間の許す限り、

お持て成しさせていただきたいと思っております(^ー^)ノ

どうぞ御来福の道中、お気を付けてお越しくださいませ<(_ _)>

 

また、CURURUの方でも、焼酎を介しまして、新たな交流が芽生えました(⌒∇⌒)

主宰されていらっしゃる焼酎サークルにもお誘いいただきまして、

お言葉に甘え、参加させていただくことにいたしました☆^ヽ(*^-゚)vThanks♪

オーナー様始め、サークルの皆様、若輩者ではございますが、

時間の許す限り参加させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします┏○))

 

焼酎とは、素晴らしきご縁を運んでくれる、不思議な力を秘めたお酒ですね。

個々人の好みはあれど、酒造りに携わる方々に(人-)感謝(-人)感謝です♪

 

 

本日の焼酎 : 限定原酒 妻、さつま、燃ゆる想ひ

新たな交流

03-14,2006

 さつま 佐藤酒造(有)

 『佐藤』と同じ蔵元が造るレギュラー酒である。

 にもかかわらず、この銘柄が一番見掛けなかったりする・・・

 飯塚遠征の際、1,200円にも関わらず、発見即購入であった!

 遠征時の戦利品は、これ1本であ~る( ̄^ ̄ゞ

 他にも欲しい品は、あったのであ~る( ̄¬ ̄ゞ

 んが、しか~し!武士は食わねど、高楊枝であ~る(TーTゞ

 

 

 

さて、本日は、焼酎を介して、また新たな交流が生まれた日でありました。

以前より、Web上で仲良くしていただいていた、

ポンタ様と、初めてお会いいたしました(^-^*)ゞおはつぅ♪

とある品を、ポンタ様のご好意で、小分けしていただいたのですが、

そのご好意と合わせて、いただいた特製ボトルに大歓喜(゚ロ゚屮)屮 ヌォオオ!!

もう、その品を見て以降、かなり興奮いたしまして、声は大きくなるわ、

支離滅裂な発言しちゃうわの、アドレナリン大解放しちゃいまして、

ポンタ様に大変ご迷惑をお掛けしてしまいました(ToT)ゞ スンマッシェン

 

焼酎とは、呑むだけでなく、その周りに集う人々との心の垣根を、

造作も無く取り払うことが出来き、素晴らしいご縁まで運んでくれる、

不思議で魅力に溢れたお酒だと考えさせられる休肝日です(⌒∇⌒)

 

お世話になっている皆様に、改めて(人-)感謝(-人)感謝

 

 

本日の焼酎 : ツヤつけ過ぎな休肝日(´Д`A```

『小六』で呑酔

02-23,2006

 ころころ小六 佐藤酒造(有)

 黄金千貫を黒麹で仕込み、

 12°に和水後100日熟成させた逸品。

 黒麹で仕込んだ銘柄だけあり、舌の上でズバッと切れる。

 蔵元が使用している仕込水で12°に調整し、

 熟成までしてある為か、軟らかで呑みやすい。

 オフ時、ウイリー様からのお土産である(人-)感謝(-人)感謝

 

 

 

さて、本日も5軒ほど酒屋巡りをしてまいりました。

二日市の得意先から帰社する道中、立寄ってきた訳ですが、

4軒目に寄った、HP上で川越をSet販売する駅前のお店にて、

中俣(名)の『兄者芋(あんじゃいもん)』なる、初めて見る銘柄( ̄ー『+』)発見!!
しかしながら、実に怪しげな品なので、勿論スルー(⌒▽⌒;)ダハハハハ!

『兄者芋』に関して、ちょいと調べてみたが・・・

 芋:ベジータレッド+鳴門金時

 麹米:日本酒用の高級米「西海」

 麹菌:白でも黒でもない、幻の「ネオマイセル麹」

「魔王」の飲みやすさに 「赤霧島」の香りをプラスしたような

次世代型の芋焼酎をコンセプトに造られた銘柄…限定5,000本らしい・・・

限定に惹かれるものの、益々をもって、購入しなくて(^。^;)ホッとする調査結果であるw

何故か?それは、凝り過ぎて、私のような稚拙な味覚では、

「?」マークが頭上に、ポンポンポンと点滅するだけだからであるw

 

小六を完飲し、ウイリー様に感謝しつつ、本日の更新終了でございます┏○))

 

 

本日の焼酎:木場黒カメ仕込み・お湯割りx2、ころころ小六・燗x1・冷x1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。