スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『大金の露』で呑酔

08-05,2009

大金の露

大金の露 新平酒造(株)
[蔵元]1896年創業。大隈半島 曽於郡大崎町にあり、
     一年の大半を麦焼酎の製造にあてておられる蔵元さん。
[銘柄]大隅産の黄金千貫を原料に、白麹を用いて、
     じっくりとかめ壷で仕込まれた銘柄。

どちら様も御機嫌如何でしょうか?
購入を考えていた銘柄の取扱がなかったので、
二番手購入候補だった本品を手に取った“蔵。”です。

ちょっとある事を試したくて、購入候補次点だった本品ですが、
口にするのは実に2年8ヶ月ぶりらしいです。(爆)
前回は2合半程トイレへ強制排除的ピンチに陥ってしまいましたので、
今回は節度ある飲み方で愉しませていただく事をココに誓います。(笑)

香: 非常に落ち着いた立ち香ですが、しっかり芋の香りはあります。
生: 非常に滑らかな口当たりで、旨味が強く、甘味もあります。
氷: 優しい口当たりと甘酸っぱい味わい。後味に渋味が追い掛けて来る感じ。
水: 非常にやわらかな飲み心地と甘酸っぱさ。酸でキレ、さっぱりいただける。
湯: 深いコクを感じ、円味と旨味・甘味が上品で、辛味でキレ、酸味で締まる。

強制排除的愚公に陥った私が言うのもアレなんですが、美味いんです、コレ。
滋味を噛み締める[生].....好い頃合に和水した時に見せるスマートな[ロック]、
酸が良い味を演出する[水割り].....穏やかながらも秀逸な均衡を放つ[湯割り]。
「旨い」と表すよりは、「美味(巧)い」と表したい上品な味わいを持つ銘柄。

ある事を試したかったのですが、本品を久し振りに味わいまして、
自分の思惑が外れていたかな........と、戒められた気がいたしました。(恥)


まっ、恥の上塗り的に、近々気になっている事は試してみますがネッ!!(爆)

じゃ、またっ!
スポンサーサイト

『大金の露』で呑酔

12-01,2006


大金の露 新平酒造(株)

 【蔵元】1896年創業。大隈半島 曽於郡大崎町にあり、

      一年の大半を麦焼酎の製造にあてておられる蔵元さん。

      (蔵元HP拝見いたしましたが、かなりリッチそうでした…)

 

さて、久し振りのレギュラー酒であります(汗)

蔵元さんは、最近、馬鹿高い復刻銘柄を出されたところです・・・

味わいは、大隈の酎を感じさせる 丸く・優しく・ほど良いボリュームです。

決して派手な味わいではありませんが、確かな旨味のダレヤメ酒......

って感じで、活力が湧くというより、フワッと和む気がいたします♪

 

そんで、久々にレギュラー酒のご紹介でしたので、

これを機に、未飲の鹿児島芋銘柄を再確認してみました。

先ず、全く手を出してない芋焼酎蔵元さんのレギュラー酒は、

 ・福徳長酒類(さつま美人) ・白露酒造(白露) ・東酒造(寿百歳)

 ・さつま司酒造(龍門滝) ・錦灘酒造(??) ・オガタマ酒造(鉄幹)

 ・萬世酒造(萬世) 以上、7蔵元・7銘柄。

そして、レギュラー以外は呑んでいる芋焼酎蔵元さんは、

 ・濱田酒造(薩摩富士) ・西酒造(さつま宝山) ・高崎酒造(しま甘露)

 ・老松酒造(老松) 以上、4蔵元・4銘柄。

計 11蔵元・11銘柄となっております...割りと頑張ってるでしょう? 私…(泣)

 

 

本日の焼酎 : 兎にも角にも『大金の露』のみ(汗)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。