スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『風』で呑酔

06-12,2011

風

風 宇都酒造(株)
[蔵元]1895年創業。鹿児島県薩摩半島の南西部に位置する、
     歴史と白砂青松の街 南さつま市加世田に在る蔵元さん。
     家族経営の小さな蔵で、四代目が杜氏として焼酎を造る
     県内でも数少ないオーナー杜氏の蔵元さん。
[銘柄]良質でかつ新鮮な堀立てのさつまいも芋だけを使用し、
     四代目宇都尋智氏が黒麹を用い、丹精込めて造り上げた
     創業以来の銘柄『金峰』の仕込みの中で最も良いものをチョイス、
     あえて2年~3年寝かせて出荷される熟成酒で、
     「薩摩の風を感じてほしい!」という思いより名付けられた銘柄。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
平均的日本人。様の記事を読み、飲んでみたくなった“蔵。”です。

そんな平日。様オススメの逸品ですが、宇都酒造さんと言えば、
派手ではないんですが、しっかりとした特徴(蔵癖)を感じる造りを
されていらっしゃる印象があるだけに、味わうのが楽しみでございます。

酎事でぇ~~、辛抱堪らんので、とっとと飲みますyo!! (笑)

Read more...
スポンサーサイト

『天文館』で呑酔

04-23,2008

天文館

天文館 宇都酒造(株)

 【蔵元】1895年創業。鹿児島県薩摩半島の南西部に位置する、

      歴史と白砂青松の街 南さつま市加世田に在り、創業以来、

      大手資本が入らずに独立系でやっている唯一の蔵元。

 【銘柄】原料芋に黄金千貫、麹米には内地米を使用し、

      白麹にて仕込まれ、品温上昇を押さえ低温発酵を施すことにより、

      軽快で飲みやすい焼酎に仕上げられた銘柄。

 

ずっと再飲したく思っておりまして、ようやく登場と相成りました♪

 

香) 太く甘い香りが、ズズズン...と、立ち上ってきます。

生) 口あたりはさっぱりしておりますが、味わいは野太く、凄く膨らみます。

氷) 麹の好い香り...ビシッと辛口ながら、後味にジワッとした甘味があります。

水) やわらかい麹の香りと、さっぱり酸を帯びた飲み心地。

湯) さっぱりしていながらも、コク・甘味・辛味がしっかりした飲み応え♪

 

という事で、今まで宇都酒造様のカテゴリーがなかったことを、

関係各位様に、深くお詫び申し上げます。(汗)

 

さて、本品ですが、購入した酒屋様にて、

軽く3年以上はディスプレイされていた品でございまして、

正しい評価になっておりますか、甚だ疑問ではございますが・・・・・

流石、内地米にこだわられていらっしゃるだけありまして、

嫌味無い麹の香りが、なんとも心地好い訳でありまして、

お湯割りにいたしますと、その香りが出過ぎずに程好く、

そして、控え目ながらも、しっかりとした味わいでございまして、

なんともストレスなく酔える秀逸な銘柄ではないかと感じました。

 

いやぁ~~、グッと個性を主張する銘柄も好きでありますが、

こういった静かながらも個性を秘めている銘柄も、実に魅力的ですね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。