スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『しま 甘露』で呑酔

05-03,2007

しま甘露

しま 甘露 高崎酒造(株)

 【蔵元】1903年創業。種子島の自然の恵みを生かし、

      手間隙を惜しまず丁寧な焼酎造りを貫く蔵元。

 【銘柄】主原料は島内の農家と契約栽培したさつまいも(白豊・黄金千貫)、

      仕込水は天然の湧き水を使用し、白麹にて仕込む。

 

何故か今まで“カテゴリー”が無かった「高崎酒造」...すんまっしぇん!

 

香) 全体的にやわらかくまとまり、軽いロースト香に期待が高まる。

生) やや刺激のある酒質ながら、確かな香ばしさに湯割への期待が高まる。

氷) 嬉しい香ばしさが表れるも、甘味の裏に潜んでいた渋味が後味を支配。

水) 優しい飲み口で、淡い香ばしさと後味の渋味が抑えられ、飲み易い。

湯) 頬が緩む香ばしさ、キレを呼ぶ渋味、ふんわりした甘い余韻.....旨し。

 

どチクショーッ! おっと、品性に欠ける発言で、失礼しました。

ついついそう言ってしまいそうなくらい、本品も、私的ツボで旨い♪

全体的に、どの飲み方をしても感じる、後味の渋味が気になりましたが、

私の好みを左右する“香ばしさ”を兼ね備えている為、好印象です。

何で、今まで本品を飲まなかったのか.....前回に引き続き、悔いております。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。