スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『薩摩乃薫』で呑酔

10-18,2007

薩摩乃薫

薩摩乃薫 田村(名)

 【蔵元】田村合名会社。1897年創業。蔵元のある山川町は、

      薩摩半島の最南端にあり、火山灰・砂れき層が厚く、

      乾燥しやすい土地柄で、唐芋栽培に非常に最適な所。

 【銘柄】原料芋に町内の契約農家が栽培する良質の黄金千貫を使用し、

      白麹造りにて、一次仕込みは甕壷で仕込まれ、

      創業以来、地元山川町の人々に愛飲されてきたレギュラー酒。

 

という事で、5合瓶な訳ですが、ラベルが一升瓶と同じになったんですね。

 

香) 穏やかな甘い香り。

生) やわらかい中にもどっしりとした旨味があり、ゆったりと膨らみます。

氷) 昆布を思わせる旨味が立ち、すっきりとした飲み心地。

水) グッと甘味を感じるようになり、軽快なのに充分な旨味も感じます。

湯) 辛味の裏から甘味が表れ、シャープながらも旨味があり、

    充足感ある膨らみに肩の力が抜けてゆきます。

 

それぞれの飲み方によって、違った顔を見せてくれる面白い銘柄ですね。

一番面白いと思ったのが、グッと甘味を感じ易くなる水割り。

水割りとまではゆかなくとも、ロック時、最初から少量の水を足すのも

面白そう........っと、呑む方によって愉しみ方の幅がある銘柄に思えました。

スポンサーサイト

田村三酎で呑酔

10-20,2006


左) 薩摩乃薫六年古酒 中) 薩摩乃薫無濾過37゜ 右) 純黒六年古酒

 【蔵元】田村合名会社。1897年創業。蔵元のある山川町は、

      薩摩半島の最南端にあり、火山灰・砂れき層が厚く、

      乾燥しやすい土地柄で、唐芋栽培に非常に最適な所。

 【銘柄】薩摩乃薫・純黒 六年古酒 : どっかの酒屋が寝かして売った品(?)

      薩摩乃薫無濾過37゜ : 薩摩乃薫の無濾過原酒タイプ。

 (じぇんぶ r 様より小分け頂いた品々(人-)感謝(-人)感謝♪)

 

■ 薩摩乃薫 六年古酒

   甘いアルコール臭。 生...これ、度数何度?(^∇^;) 膨らみが激しく甘~い。

   ロック...呑み易く、甘味が強まります。 湯割り...骨太な味わいと程好い香り。

■ 純黒 六年古酒

   更に甘いアルコール臭。 生...だから、これ、度数何度なの?(^∇^;)

   薫古酒より、直線的な刺激…ってか、舌がいてぇよ!元気あり過ぎ(苦笑)

   ロック...甘さと辛味が表裏一体。 湯割り...ツルンとした味わいと渋味(謎)

■ 薩摩乃薫 無濾過37゜

   芳醇な無濾過特有の香り。 生...これが37゜の味わいか…無濾過なエグ味。

   ロック...渋味と豊かな膨らみ。 湯割り...やはり、渋味とやわらかな膨らみ。

 

(´_`;)ウーン.....キの抜けた炭酸の様で、どうも、私に古酒は合わないようです。

と同時に、個人的に、田村さんとこは、鷲尾の湯割りがドンピシャで合うことを

再確認できました♪ コイツは軽口ながら、芳ばしさが膨らんで旨ひ( ̄¬ ̄*)

 

 

本日の焼酎 : 薩摩乃薫&純黒六年古酒、薩摩乃薫無濾過37゜、鷲尾、吹上

『無濾過 純黒37゜』で呑酔

09-02,2006


無濾過 純黒37゜ 田村合名会社

 【蔵元】1897年創業。田村合名会社のある山川町は、

      薩摩半島の最南端にあり、火山灰・砂れき層が厚く、

      乾燥しやすい土地柄で、唐芋栽培に非常に最適な所。

 【銘柄】山川町産黄金千貫を黒麹、一次はかめ仕込み、

      二次はホーロータンクを用い醸した銘柄『純黒』の

      無濾過37゜原酒タイプ。

 

R様から、小分けしていただいた品((^人^)感謝♪)ですが、

以前、湯割りで呑んで、呑み終える頃には、

PCに突っ伏して玉砕してしまいました(^∇^;)

その時は、不覚にも、度数を確認しておらず、

5:5に割って呑んでしまいましたから ゙〓■●゙~~~=□○0~~~

 

只今、ロックで呑んでいますが、アルコール臭が立ちますね・・・

むしろ、生で呑んだ方が、呑み易い気が致します。

ばってん、やっぱ湯割りで呑むのが、一っちゃん旨かっ!(* ̄¬ ̄*)

湯割りだと、田村さんの優しいながらも、しっかりとした旨味を

感じとることが出来ますd(^∇^*)ne!!! 通年、湯割りが最強♪

 

 

本日の焼酎 : 薩摩乃薫 杜氏代表受賞酒、無濾過 純黒37゜

品評会+α

06-06,2006

鷲尾 田村(名)

1897年創業(設立はS.09.07.10)。薩摩半島の最南端に位置する唐芋発祥の地、山川町。

その風土は火山灰、砂礫層が厚く、乾燥しやすく唐芋栽培に最適の地と言われています。

その地に蔵を構え、同町内の契約農家の黄金千貫を使用して、

全ての銘柄の1次仕込みは56本のカメ壷で仕込まれる、名物女性社長が支える蔵元。

原料の芋には、100%地元産の黄金千貫を使用し、白麹と日本酒用の黄麹を使い、
1次仕込み・2次仕込み共にかめ壷でにて仕込んであります。年間7,000本の限定だとか・・・
(P様からの成年限定裏ラベル付き小分け品です|〃m〃)ムフッ)
+P様がお勤めの会社創業10周年記念キャップ♪ ヮ―-゚.+:。ヾ(〃^∇^)ノ゚.+:。-―ィ
(以前よりNewCapが欲しかったので、最高のプレゼント(^人^)超感謝♪)
 
さて、本夕、代購品をお渡しする為、P様にお会い致しましたところ、
画像で紹介の品々を頂いてしまいました。特にキャップはお気に入り♪
お会いしたついでに、やはり焼酎談義に華を咲かせ、小1時間程談笑。
(P様、お仕事中でしたでしょうに、長々と失礼致しましたm(_ _;)m)
話題は自然と、昨日催された品評会の話題へ・・・・・
ってことで、本日もそのネタを引張って更新作業に当りたいと思います( ̄^ ̄ゞ !!
昨日ご提供いただいた銘柄は、
★ 森井象様より 宿題の品(平成大慶)
★ ron様より 大和桜25°、大和桜紅芋仕込み
★ minoSP様より 大和桜35°
★ カタナ様より いちき、とっておき
★ mumu様より 八重桜35°
★ ウイリー様より さくら(昨日ご紹介の品)、芋チューハイ(オミヤ)
★ うぽぽ様より 都桜、霧島連山、宮田屋(米)
★ 会場店主様より 蔵の師魂 初垂れ、摩無志
の計14銘柄(まだ何かありましたっけ?).....♪⌒ヽ(;゚O゚)ノ スゲーッ!!!
内、芋チューハイ・都桜・蔵の師魂 初垂れ・摩無志の4銘柄は、
口にする機会に恵まれませんでしたが、10種呑んで21時過ぎまでDown(苦笑)
私にしては、頑張って呑んだ方ですが、後半は味覚ナッシング(≧∇≦;;; 汗々
小分けで強奪した品々を再飲し、じっくり味わわせて頂きたいと思いますm(_ _;)m
(画面右上に、ご提供品の画像を添付しておりますので、どうぞご覧ください。)
ってことで、明日は強奪の品々ご紹介編゙;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
 
 
本日の焼酎 : LDKにワックス掛けな休肝日

『かめ純黒』で呑酔

05-08,2006

かめ壷仕込み 薩摩乃薫 純黒 田村(名)

創業1897年、田村合名会社のある山川町は、

薩摩半島の最南端にあり、火山灰・砂れき層が厚く、

乾燥しやすい土地柄で、唐芋栽培に非常に最適な所です。

そして最良の黄金千貫を使い、昔ながらの手造りにこだわり、

コクのあるまろやかな本格焼酎を造り続けています。

少量取り置きしておいたものを、久し振りに呑みました(^∇^)

 

 

ご紹介の『かめ純黒』、久し振りに呑んでみて、再発見が2点ほど..........

先ず、麹米に、国産米を使っていること.....なんか納得(笑)

次に、裏ラベルに販売店が明記されていること.....武岡酒店&コセド酒店です。

( ̄~ ̄;; ウーン…この銘柄って、両酒店のPBってことなんですか?なんか興醒め(苦笑)

個人的には、かめ壷仕込みでない、普通の『純黒』の方が、好みに合った気がします。

 

さて、本日は、明日誕生日である長女のプレゼントを買いにトイザラスへ・・・

その前に、米が無いらしいので、楽市にて、米+食料を買い、

その後、昼食をどる為、○のうどんに行って、キツネうどんを食べました。

( ̄- ̄ ウーン…若干物足らなさも感じるが、出汁の風味は生きてるので、及第点!

その後、ホームワイドで生活雑貨を買い、トイザラスにて16インチ自転車を購入。

明日はケーキも購入して、長女の誕生パーチーですな(^ー^* )フフ♪

(そう言えば、去年も長女の誕生日のこと書いた記憶があるな~www)

そんな感じで、私のGW(普通の土日連休だったけど.....)は終わるのでした(⌒o⌒;A

 

 

本日の焼酎 : なかむら、島乃泉、かめ純黒、ひとり歩き、小さな蔵

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。