スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『黒瀬杜氏』で呑酔

06-24,2007

黒瀬杜氏

黒瀬杜氏 (株)杜氏の里笠沙

 【蔵元】1993年秋に、第三セクター(株) 杜氏の里・笠沙としてオープン。
      黒瀬杜氏の伝統技術の保存、継承を図り後継者育成、 地域おこしを

      目指す、黒瀬杜氏発祥の地・南さつま市笠沙町に在る蔵元。

 【銘柄】この焼酎は、黒瀬杜氏の永い伝承技術を駆使した、製麹室での

      麹(白)づくりと昔ながらのかめ仕込による、まろやかな味わいを

      特徴としています。また、用いた厳選の原料と霊峰野間岳山系の

      岩清水が、素材の微妙な風味をいっそう引き立たせています。

                             ~ 裏ラベルより抜粋 ~

 

迫力のある黒地に金文字のラベルからは想像し難いですが、白麹です。(汗)

 

香) 元気で爽やかな甘酸っぱい香り。

生) しっかり整理された味わいながら、確かな芋の香りが生きてます。

氷) さっぱりとしてフルティーな味わいと、しっかりとした甘味。

水) ロックより口当たりが優しくなり、クィクィいける飲み易さですね。

湯) ぽってりした口当たりと爽やかな香味、ビッと引き締まった辛口。

 

本品、現地でしか購入できない為、

ポンタ様経由で、平均的日本人。様に代購していただきました。(感謝)

 

うん.....じっくり向き合うと、こんなにも芋っぽい味わいだったんですね・・・

同蔵黒麹製『薩摩すんくじら』は、スッキリさっぱりとした記憶があるんですが、

白麹製である本品は、マッタリとした芋らしいポッテリ感で、実に和めます。

冷やしても温めても、それぞれに特徴的ですから、楽しい銘柄ですね。

スポンサーサイト

『一どん』で乾杯 佐賀OFF

11-07,2006


 

一どん (株)杜氏の里笠沙

 【蔵元】1993年秋に、第三セクター(株) 杜氏の里・笠沙としてオープン。
      黒瀬杜氏の伝統技術の保存、継承を図り後継者育成、
 地域おこしを

      目指す、黒瀬杜氏発祥の地・南さつま市笠沙町に在る蔵元。

 【銘柄】黒瀬集落に焼酎造りの技を伝え三人の杜氏のひとり、片平一の愛称

      により命名。黒瀬杜氏が伝えた技を使い、白麹仕込みと黄麹仕込みを

      ブレンドによる、まるみを帯びた上品な味わいに仕上げた昔ながらの

      手造り・かめ仕込み焼酎。抽選による限定販売。

 (リーチ様の持寄り品。画像は魔玉様からの助け舟。共に(^人^)感謝♪)

 

さて、当分の間、日曜日に催された佐賀OFFでの“呑酔回想”で、

更新出来そうな気配.....実に有難し!皆様に(人-)感謝(-人)感謝♪

 

ってことで、トップバッターは、乾杯時に皆さんと一緒に呑んだ『一どん』。

お湯がまだ熱々だってことで、ロックで呑ませていただきました。

 (って、湯で呑むのって、私だけ? なんか凄い迷惑な存在ねm(_ _;)m)

一発目ながら、生に近いロックで頂いた為か、よく憶えてましぇん・・・・・

ただ、酸味が強かったかな? それが唯一残っている印象です(^_^;)

白&黄麹のブレンド物であっただけに、湯割りで試してみたかったですね♪

まっ、またどこかで再飲出来るでしょう!(念ずれば花開く♪ポジティブ(笑))

 

 

本日の焼酎 : 月曜は休肝日.....ラーメンも食べてないよ(爆)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。