スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『元気 Genki』で呑酔

12-24,2010

元気Genki箱

元気 Genki 製造元/西酒造(株)
[蔵元]1845年創業。東シナ海に面する吹上浜で知られる
     日置市吹上町に在り、本格焼酎にかける熱い情熱と
     「芋」へのこだわりが、本格焼酎ブームの牽引役となった蔵元。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
前更新「素本本」なソレで大失態をブチかました“蔵。”です。

そんな私が懲りもせず更新するのもアレですが、
「ソレはソレ、コレはコレ」滴精神で御紹介いたしますは、
なんとも御当地色プンプンで御色気ムンムンな逸品でございます。

なんとも威勢のよい「おぎおんさあ」女神興がラベリングされた
本品とは一体・・・?


Read more...
スポンサーサイト

『薩摩 宝山』で呑酔

01-07,2009

薩摩宝山

薩摩 宝山 西酒造(株)

 【蔵元】1845年創業。東シナ海に面する吹上浜で知られる

      日置市吹上町に在り、本格焼酎にかける熱い情熱と

      「芋」へのこだわりが、本格焼酎ブームの牽引役となった蔵元。

 【銘柄】原料には、農薬を用いず有機肥料で契約農家が育てた南薩産

      黄金千貫、仕込水は薩摩鋒山の懐から湧き出る伏流水「宝名水」を

      用いて、昔ながらに旨さを磨いて仕込まれた気合度数/120%の銘柄。

 

御閲覧の皆様、遅れ馳せながら、新年あけましておめでとうございます。

昨年酎、あまりレギュラー酒をネタに出来なかったので、

今年はなんとか昨年を大きく上回る更新数にしたいと考えております。

 

という事で、昨年ナニかとアレな被害に遭われました西酒造様でありますが、

その時の影響を物語るように、このようなモノが瓶首に掛けられておりました。

 

宝山肩帯  安心してお飲みいただけます。

 この焼酎の仕込には、安全基準を満たした

 原材料を使用しています。

                  西酒造株式会社

お気遣いありがとうございます。安心して飲ませていただきます。ハイ!

 

香) 甘酸っぱい香りが元気良く立ち上ってきます。

生) 甘酸っぱさと香りの膨らみが力強く、ビリッとした辛味での締まり。

氷) スッキリと爽やかで、甘味の利いた味わい。余韻も長い。

水) 甘味豊かな味わいと、華やいだ香味。

湯) 腰を据えたコクと豊かな甘味。フワフワと膨らみが持続する余韻。

 

本品を含め、お店や酎友にいただいて、西酒造様の商品を飲んだことは

ございましたが、自分で買って飲む........というのは、初めての酔うな気が・・・

 

兎にも角にも、甘味の利いた味わいでございまして、しっかり甘いです。(笑)

飲み方といたしましては、どの酔うな飲み方でもそつなくいただけますが、

締まりに辛味の利いたストレートやロックでいただくよりは、

その点が軽減されます水割り、またコクを感じ易いお湯割りがよろしいかと。

 

 

それでは皆様、今年もよろしく御付合い下さいますよう、

お願い申し上げまして、本年一発目の更新の〆とさせていただきます。

『薩摩の斬り札』で呑酔

02-01,2007

      

 

薩摩の斬り札 西酒造(株)

 【蔵元】1845年創業。東シナ海に面する吹上浜で知られる

      日置市吹上町に在り、八代目が東京農大在籍中、

      「焼酎はどれを呑んでも同じだなあ」といわれたのがキッカケとなり、

      その反骨心から、独創的・革命的な銘柄を世に送り出し続け、

      焼酎業界を一新させる蔵元。

 【銘柄】日本・侍士の会、米づくりのキッカケとなった幻の酒米「亀の尾」を

      5年の歳月をかけ栽培・使用し、手造り・かめ仕込みされた逸品。

 (森井象様 ⇒ ron 様経由で、孫分けしていただいた品(人-)感謝(-人)感謝♪)

 

さて、休肝日明けは、なんともコアなお宝をいただいてみたいと思います。

裏ラベル・お湯割りに×印が付いているので、多分、減圧モノなんでしょうね。

 

立ち香は、非常に軽やかでシャープ。

生で含んでも、なんら抵抗無くサラッと舌に染み渡ります。

上品な甘味と膨らみ...アフターに、やや渋味を感じられます。

氷では、控え目であった渋味が、エグ味に変わりますね...好ましくありません。

湯…禁じ手ではありますが、私の判断基準なので、勿論試します・・・

( ̄- ̄ )ウーン.....氷より一層エグくなりますね…長さんの台詞がピッタンコ。

 

総じて、芋らしさは無く、生か水割りが良さそうな銘柄だとは思えますが、

麹米の影響もあり、再び呑む機会には恵まれそうにありませんね( ̄、 ̄A)

ただ、本品を口に出来たことは、無上の喜びであり、(人-)感謝(-人)感謝です♪

 

 

本日の焼酎 : 八幡、白銀坂(白麹)、薩摩の斬り札

『宝山 芋麹全量』で呑酔

08-04,2006


宝山 芋麹全量 西酒造(株)

1845年、東シナ海に面する吹上浜で知られる日置市吹上町にて創業。

八代目が東京農大在籍中、「焼酎はどれを呑んでも同じだなあ」といわれたのがキッカケとなり、

その反骨心から、独創的・革命的な銘柄を世に送り出し続け、焼酎業界を一新させる蔵元。

一般的に芋焼酎を造る時に使われる米麹を使用せず、この銘柄は、麹も芋を用います。

麹菌種は“黒麹”を使用。芋(黄金千貫)のみで造った芋100%焼酎。アルコール度は28度。

 (立直様から小分けいただいた品(^人^)感謝♪ 画像は拾い物ですm(_ _;)m)

 

流石に芋100%焼酎だけあって、ほっこり芋々しくも、キレがあります(^∇^)

湯割りも良いですが、個人的には、ロックか生の方が、より良い気がします♪

ばってん、メンソール煙草吸いながら呑んだら、味がイマイチ分からんっちゃ!(苦笑)

愛煙家の私としては、この暑い時期、たま~にメンソールを買って吸うのですが、

昔、煙草吸い始めの頃に、「メンソール吸うとイン○テンツになる!」と聞いてから、

当時吸ってたヴァージニアスリムを止めた想い出があります。高○生だったなぁ(;´ー`)y━・~~~

まっ、メンソールといえば、女性がよく吸う煙草なので、そんなのを男が吸うなよ!

というような偏見から生まれた、根も葉もない話なんでしょうけどね( ´ー`)y━・~~~

この夏、初めて買ったメンソールが『LARK MILDS MENTHOL』なんですが、

タール7mg・ニコチン0.6mgで、昔、愛煙していた『LARK LIGHTS』と、多分、同じ割合。

水色のラインが入った、マイナーな銘柄だったんで、数年で消えてしまいました( ̄― ̄°)

現在愛煙している『LARK SUPER LIGHTS』では、若干物足りないので、再販して欲しいなぁ・・・

っと、あくまで煙草止める気ナッシング(苦笑) こんな馬鹿は、肺癌で死ぬんでしょうね(^-^;)

死んだら死んだで、墓前に愛煙していた煙草を供えてやってください(⌒▽⌒;)ダハハハハ!

 

 

本日の焼酎 : 恵比寿(麦酒)、宝山芋麹全量(集中攻撃酎)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。