スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大和桜』で呑酔

06-21,2008

大和桜

大和桜 大和桜酒造(株)

 【蔵元】1868年創業。市来町に蔵を構え、米蒸し作業もこし器を使い、

     麹はモロ蓋で、1次・2次とも甕壷仕込みの完全手造りを守り続け、

     熟成による円やかな風味をコンセプトに酒造りを行っている。

 【銘柄】原料芋に黄金千貫を使い、「室蓋」を使って国内産粉砕米を少量

      ずつ丁寧に白麹で仕込み、一次・二次仕込とも全量甕壷仕込され、

      質のいい地下水から生まれた同蔵元レギュラー銘柄。

 (訪薩の際、庵膳MAN様からいただいたお土産。感謝♪)

 

大和桜酒造さんへ蔵見学に伺った直後、いただいた品なので、

非常にNiceTimingであり、また、心遣いを感じるお土産となりました。(感謝)

 

香) 芳醇で、林檎を想わせる様な甘酸っぱい香り。

生) 舌の上でサラリと馴染み、後から、甘味・辛味・香味が元気に舞います。

氷) 刺激が治まり、舌に染み入る強い甘味が、実に印象的です。

水) スウィッと入る軽快さ、爽やかな香味、しっかり感じる甘味.....爽快甘♪

湯) 映える甘味、飲み心地やわらかながらも旨味をどっしり支えるコク。

 

先ずは、11ヶ月振りの再飲となりましたことを、関係各位様へお詫び申し上げ、

確かな甘味は変わらずとして、今回は、口あたり・飲み心地の穏やかな【柔】、

後からしっかり主張する【剛】...の面も感じることができ、良い再飲となりました。

本品を、先日お会いした徹幹氏が造られていると想うと、感慨もひとしおです。

 

という事で、これからの季節にも、お湯割りにピッタリだと思われる

『大和桜』を飲んでみたいな........と思われるお方も多いと思いますが、

そんな方々は、偉大なる酒屋“ハタ酒店”様にお問い合わせされてみては

如何かと思います........なんと、今ならお得な期間限定送料無料キャンペーン酎!!

この機会に、一度ハタ酒店様のHP(↓)を覗かれてみては如何でしょうか♪

☆ こだわりの焼酎 ハタ酒店 http://homepage2.nifty.com/hata-saketen/

スポンサーサイト

『大和桜』で呑酔

07-19,2007

大和桜4合瓶

大和桜 大和桜酒造(株)

 【蔵元】1868年創業。市来町に蔵を構え、米蒸し作業もこし器を使い、

     麹はモロ蓋で、1次・2次とも甕壷仕込みの完全手造りを守り続け、

     熟成による円やかな風味をコンセプトに酒造りを行っている。

 【銘柄】原料芋に黄金千貫を使い、「室蓋」を使って国内産粉砕米を少量

      ずつ丁寧に白麹で仕込み、一次・二次仕込とも全量甕壷仕込され、

      質のいい地下水から生まれた同蔵元レギュラー銘柄。

 

南九州では梅雨も明け、これから夏に向けて、徐々に気温も上がってくる

訳ですが、そんな暑い季節にも、お湯割りで美味しくいただける銘柄を、

これから3品紹介させていただきます。その第一弾が、『大和桜25゜』♪

 

香) 元気な甘酸っぱい香りで、爽やかな好い香りがします。

生) 非常に淡麗でコク深く、後味に強い甘味を感じます。

氷) 爽やかな香りが増し、甘味・渋味を感じとり易くなります。

水) 爽やかさが前面に押し出され、後から優しい甘味を感じとれます。

湯) 実にスッキリした飲み心地で、香味・甘味が豊かな優しい味わい。

 

ただ単に軽快なだけでなく、しっかりとした特徴のある味わいで、

「あぁ.....大和桜を飲んでるな。」という安心感に浸れます。

味わいに、ほとんど角を感じませんし、肩の力が抜ける優しさと甘味・・・

そんなところが、暑い時期でもお湯割りでストレス無く嗜める魅力かと♪

 

(鵜様、ネタが被ってたら、すんまっしぇん…(汗))

『ヤマトザクラヒカリ 35゜』で呑酔

01-27,2007

      

 

ヤマトザクラヒカリ 35゜ 大和桜酒造(株)

 【蔵元】1868年創業。市来町に蔵を構え、米蒸し作業もこし器を使い、

     麹はモロ蓋で、1次・2次とも甕壷仕込みの完全手造りを守り続け、

     熟成による円やかな風味をコンセプトに酒造りを行っている。

 【銘柄】手造りの麹を使用。芋は黄金千貫を使い、仕込み米にコシヒカリ・

     ヒノヒカリを使用し、一次・二次とも甕壷にて仕込んだ35度品。

 (あの偉大なる【ハタ酒店】様から、紹介いただいた品(^人^)感謝♪)

 

さて、昨夜の透明瓶25度も良かったですが、

エメラルドグリーン瓶35度もなかなか素敵です♪

でも、アルミキャップを剥がすと、やっぱり凸プラキャップ...微妙だ…(^_^;)

 

ほんで、35度ですが.....25度ほど濁りが無いような気がするんですが・・・

私の勘違いはさて置き、35度は元気ですね~~っ! グワーッと来ます!

ってか、ぶっちゃけ痛いです.....何の攻撃? これ、何の攻撃なのさぁ??(泣)

勿論、香りも味わいも25度同様に、しっかり大和桜さんなんですが、

こんなに荒々しい大和桜さんは初体験.....もっと、綺麗に整理された味わいが

特徴の蔵元さんだと思っておりましたが、かなりアルコール感が立ちますね。

しかし、濃度が高い分、氷や湯で割ると、それ相応の厚味を愉しめます♪

私的総評としましては、もうちょっと寝かせてから出荷して欲しかった・・・

っと感じました.....本日は、ちょっと辛口な意見ですかね(^∇^;)ダハハハハ!

 

また、本品ご購入も、是非、偉大なる【ハタ酒店】様で、宜しくお願い致します。

 

 

本日の焼酎 : 八幡、桜島年号焼酎、ヤマトザクラヒカリ35゜

『ヤマトザクラヒカリ』で呑酔

01-26,2007

      

 

ヤマトザクラヒカリ 大和桜酒造(株)

 【蔵元】1868年創業。市来町に蔵を構え、米蒸し作業もこし器を使い、

     麹はモロ蓋で、1次・2次とも甕壷仕込みの完全手造りを守り続け、

     熟成による円やかな風味をコンセプトに酒造りを行っている。

 【銘柄】手造りの麹を使用。芋は黄金千貫を使い、仕込み米にコシヒカリ・

     ヒノヒカリを使用し、一次・二次とも甕壷にて仕込んだ無濾過品。

      蒸留後、一年くらい寝かしてあるらしかです・・・・・

 (あの偉大なる【ハタ酒店】様より、本日着弾した品(人-)感謝(-人)感謝♪)

 

さて、万年金欠性の為、やや遅らせて発射していただいた本品、

意外と呑まれて記事にされている方って少ないんですね・・・

ここは一つ、【ハタ酒店】様での購入を検討されてみては如何でしょう?

 

ラベルは“前掛け”のように作られてあり、話題ですよね♪

ボトルも透明瓶で、にごり具合を分かり易く確認できるようになってます。

で、New-Typeなのがキャップ...アルミキャップを剥ぎ取りますと、

その中には、Allプラスティックキャップが…初めて見ますた。微妙…(苦笑)

 

肝心の中身は、爽やかでいて、凄く甘~い香りに期待が高まります。

 で…レギュラーの『大和桜』より、味わいに厚味と膨らみがありますね。

     さほど刺激もなくマイルドな口当たり。かなり長い余韻を愉しめます。

 で…冷やされたことにより、味わいが軽快になると共に、

     甘味がグッと前面に出てきます。程好く氷が溶けると至福の甘味に♪

 で…パンッと甘さ、大和桜さんの蔵癖と思える爽やかな香味が開花し、

     いつまで続くの?と思える、ひたすら長い余韻に、もう脱力です♪

全体を通して感じたことは、レギュラーの『大和桜』に厚味と甘味が足された

銘柄なのかな…?っということと、やはり大和桜さんは爽やかさが印象的で、

温かい(暑い)時期に向く蔵元さんなのかな…?っということでした(^ー^)ノ

 

本品のご購入は、是非とも偉大なる【ハタ酒店】様で、宜しくお願い致します。

 

 

本日の焼酎 : 八幡、ヤマトザクラヒカリ

『大和桜 限定』で呑酔

09-23,2006


大和桜 紅芋仕込み 大和桜酒造(株)

 【蔵元】1868年創業。市来町に蔵を構え、米蒸し作業もこし器を使い、

      麹はモロ蓋で、1次・2次とも甕壷仕込みの完全手造りを守り続け、

      熟成による円やかな風味をコンセプトに酒造りを行っている。

 【銘柄】紅さつまを原料に使用した限定の大和桜。

      封印された白い包装がなされ、グリーンボトル入り。

 

第一回品評会時、r 様がご提供くださった銘柄で、

ちょっと回り道した後、r 様から瓶ごと譲っていただいた品(^人^)感謝♪

 

紅なんちゃら芋...とか、紫なんちゃら芋...とか、

あまり香味が得意ではないのですが、

この銘柄は、その部分を強く感じず、味わいも非常に爽やか♪

スルッと呑める生、香味が立つロック、まろやかさが増す湯割り・・・

個人的には、一番渋みが減退する湯割りが好みですね(^∇^)

 

で、話は変わりますばってん、本日は嬉しい事がありました(^∇^)

とある催し事に、ご参加なさっていらしたR様・MT様からお電話を頂きました♪

お酒も入り多幸感に満たされている中での発信。

その発信先って、ある程度心を許してる相手って事ですよね(^∇^)

嬉しいじゃありませんか! そんな受信って♪

以前にも、他のお仲間から、同じケースのお電話を数件受信した事があり、

通話後、私も多幸感で満たされた事を覚えております(^ー^ゞ

仲間って、ありがたいもんですよね(人-)感謝(-人)感謝です♪

 

 

本日の焼酎 : 日向金の露、無濾過旭萬年、大和桜紅芋仕込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。