スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩焼酎 『島黒』で呑酔

07-29,2011

島黒

島黒 四元酒造(株)
[蔵元]1909年創業。種子島の中央に位置する空の玄関口「種子島空港」のある
     中種子町に在り、原料にこだわった製造を行ってい、すべて島内産
     (自社芋畑も所有)のサツマイモのみを使用し、製造に追われる中でも、
     酒質の向上を図ろうと、様々な研究を行っておられる蔵元。
[銘柄]名杜氏“黒瀬勉”氏に師事した蔵元のご子息(次男)“四元貴教”氏が
     杜氏を務め、種子島産のサツマイモを100%使用し、黒麹を用いて醸され、
     1997年より製造開始された銘柄。


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
ナツイんで、島酎を買い求めた“蔵。”です。

蒸しっと暑いこの季節..........流石に、夕方からお湯割りを飲むほどの
硬派じゃないんですが、夜更かしする夜は、お湯割りがシックリきます。

とは言え、個性豊かな味わいの銘柄を湯割りで・・って気分でもないんで、
ナツクてもクドくない味わいを求めての購入になった訳ですが、
四元酒造様の銘柄を飲むのって、4年ぶりになるんですネ・・・(汗)

なんか、凄く申し訳ないんで、とっとと飲みますyo!!
ハイ!(笑)

Read more...
スポンサーサイト

『島乃泉』で呑酔

07-21,2007

島乃泉

島乃泉 四元酒造(株)

 【蔵元】1909年創業。種子島の空の玄関口「種子島空港」のある

      中種子町にある蔵元さん。

 【銘柄】焼酎を造り続けて55年の大ベテラン“黒瀬勉”氏に師事した、

      蔵元のご子息”四元貴教”氏が杜氏を務め、全量地元種子島産の

      黄金千貫と白さつまを使用し、白麹を使って醸し出された銘柄。

 (薩摩にて、ポンタ様に代購していただいた品。感謝♪)

 

という事で、夏向き湯割り銘柄 第二弾は、本品『島乃泉』でございます♪

 

香) 軽やかながら、しっかりとした芋香と甘酸っぱい香りがします。

生) サラッとした口当たりながら、コク深く上品な甘味を感じます。

氷) 海を感じるさせるような香りと、深い甘味が特徴的ですね。

水) 夏…南の島の浜辺でも楽しめそうな、軽快で爽やかな飲み心地。

湯) やや香ばしさも表れ、確かな旨味・甘味があり、ゆったりできる味わい。

 

飲んだ瞬間、夏の浜辺...パラソルの下で飲んでるイメージに襲われる。(苦笑)

私的にではあるが、そんな青い海と熱を感じさせる飲み心地であります。

味わいは、しっかりしていながらも、どこかが突出している訳ではなく、

実にスマートに飲め、不快指数高まる時期にも、ストレス無くいただけます。

風土に合った“地焼酎”.....だと感じとれる逸品ではないかと思いますよ♪

『島乃泉』で呑酔

03-24,2006

島乃泉 四元酒造(株)

種子島産の良質なさつまいも(シロサツマ・黄金千貫)を

使用し、細心のもろみ管理から製造していらっしゃるらしい。

肝心の味わいは、しっかりした芋香を有しながらも、

かなりスッキリしたものであるが、軽いという意味ではない。

確かな骨太感のある逸品である。T&Dより、好みである。

※ 福岡では見掛けない為、鹿児島土産にリクしてGET酎 ※

 

 

さて、先ずは、昨日の更新内容のことについて・・・

昨日訪れた「博多だるま」、決して不味いわけではないのです。

実際、店を後にしたお客さん達も、口々に「旨かった!」と仰っていましたから・・

私が申し上げたかった事は、今と昔の店舗では、味が違う・・という事なのです。

当BLOGをご閲覧していただいている皆様、

どうぞ、その点のご理解、よろしくお願いいたします(^ー^ゞ

 

では、改めまして、本日の話題と参りましょう。

 

本日、福岡地方におきましても、桜の開花宣言が出ました。

焼酎をご縁に知り合った方々と、お花見オフも開催されますし、

非常に楽しみな催しで、ずっとワクワクしております(*´∇`*)

さて、そのオフ会の際、とある企画を画策いたしておりまして、

ご参加いただいた皆様に、勝手ながらオミヤをご用意させていただきます。

とある芋焼酎なのですが、1合程度に小分けいたしまして、

お持ち帰りになられて、お呑みになられましたら、

私宛に感想をお寄せいただくという、宿題と言う名のオミヤでございます。

ご参加される皆様の率直なご感想を伺いとうございますので、

どうぞ、ご協力くださいませ┏○)) よろしくお願いいたします!

 

 

本日の焼酎 : 島乃泉

『T&D』で呑酔

03-13,2006

 タイガー&ドラゴン 四元酒造(株

 

 虎のごとく、うまい酒をかぎわけ
 龍神の如く、がぶ飲みする。
 この者を馬鹿者と、呼ぶ。    ~裏ラベルより~

 瓶は、仕込水割り かんろだが、中身は、マッコイ様より、

 オミヤとして小分けいただいた、タイガー&ドラゴンです。

 

 

 

さて、私、初めてギルド系の焼酎に触れました。

正直、チームファクトリーやら、ギルドやら、勉強不足でようわかりません(´Д`A```

そう言う事は抜きに、初めて体験した、四元酒造さんのお酒は、

どのような呑み方をしても、スッキリ爽やかであると感じました。

また、舌で感じるというより、喉で感じるというか、

爽やかに舌の上を通り過ぎ、咽頭部で芋香の膨らみを感じます。

その戻り香と相まって、舌で味わいを感じると言うか、なんと言うか・・・

正直、この様な経験は初めてで、表現に困っております(´Д`A```

なんにしても、ついつい呑み過ぎてしまいそうな一品ですd(^ヮ^*)ne!!!

 

 

本日の焼酎 : 萬膳庵・生x1・湯x1、T&D・生・氷・湯で呑み試し

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。