スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『わか松』で呑酔

09-28,2007

わか松

わか松 若松酒造(株)

 【蔵元】1719年、若松弥右衛門が創業。屋号は「湊の酒屋」。

      現存する最古の酒類製造営業免許を保有する蔵元。

      (存続も危ぶまれていた中、近年、濱田酒造の支援を受ける・・・

 【銘柄】原料芋に、鹿児島県産の黄金千貫を使い、白麹仕込み。

 

はぁ~.....なんで『薩摩富士』と一緒に、本品を買ってしまったのでしょうか・・・

 

香) 力強い酸味がかった香りの中に、僅かながらも香ばしいような・・・

生) 酸味が立ち、シャープな口当たりで、膨らみと余韻は長い。

氷) 生の味わいをクッキリさせ、やや甘味を感じ易くなるも、後味渋し・・・

水) さっぱりした飲み心地と甘酸っぱさで、清涼感のある味わい。

湯) ほんのり香ばしくソフトな飲み心地ながらも、含んだ瞬間から感じる

   ピッとした辛味が膨らみと共に強く感じられる様になる気がします。

 

蔵元のHP覗きましたらば、仕入先:濱田酒造と書いてあるんです・・・

だったら、『薩摩富士』と飲み比べだっ!...と思ったんですが止めました・・・・

大きくは違いませんが、ハッキリとした違いを飲んだ瞬間感じたからです。

私的好みを申し上げれば、本品の方が消費ペースが速いです。(苦笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。