スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再 『大地の香味』で呑酔

12-11,2006


 

大地の香味 (株)宮田本店

 【蔵元】創業は1804年。初代宮田萬吉が参勤交代の途中、大阪で

      煙草入れを拾い、その持ち主に届けたところ、大変感謝され

      芋から造る酢の醸造法を伝授され故郷に帰り、家業を興す。

 【銘柄】化学肥料を一切使用せず、農薬を使わず塩で害虫の駆除をし、

      有機肥料だけで栽培した芋を、かめ壷仕込・かめ壷貯蔵で

      じっくり仕上げた宮崎の酒屋さんのPBだそうです。

 ( r 様に小分けしていただいた品(^人^)感謝♪)

 

何度も同じことを書いてしまいますが、宮田さんのお酒は、

穏やかで呑み易いんですが、凄くコク深くて不思議だなぁ~と思います。

また、本銘柄は、非常に長い余韻と甘味、ノドを通した後に、

グッと押し寄せる力強さを感じますね。やっぱ、不思議で仕方ないです。

 

『大地の香味』と銘打つだけあって、これが有機農法で作られた原料、

化学汚染されていない土壌の持つ力なのでしょうか?? 興味深いですね♪

 

 

本日の焼酎 : 森伊蔵、大地の香味

スポンサーサイト

『宮田屋』で呑酔

10-27,2006


宮田屋 (株)宮田本店

 【蔵元】創業は1804年。初代宮田萬吉が参勤交代の途中、大阪で

      煙草入れを拾い、その持ち主に届けたところ、大変感謝され

      芋から造る酢の醸造法を伝授され故郷に帰り、家業を興す。

 (第一回品評会時、うぽぽ様持参品を強奪(人-)感謝(-人)感謝♪)

 

さて、非常にネタに困っているので、ちょいと前に強奪した『宮田屋』登場!

正直、本銘柄のスペック...不明.....価格すら知りまっしぇん( ̄、 ̄A)

ばってん、この銘柄、先日再販された『長熟極楽』の次に大好きな米焼酎♪

また、宮田本店さんの銘柄では、『日南娘』に競り勝って、一番好きな銘柄♪

味わいは、宮田本店さんらしく、非常に穏やかですが、しっかり“米”していて、

コクと膨らみがあり、呑みダレしないバランスの良さが嬉しいです(^∇^)

 

(´_`;)ウーン...呑み続けられる点では、『長熟極楽』 より秀でてるかも…(悩)

 

 

本日の焼酎 : 造り酒屋櫻井、佐藤、宮田屋、吹上

『日南娘 黄麹』で呑酔

10-21,2006


日南娘 黄麹 (株)宮田本店

 【蔵元】創業は1804年。初代宮田萬吉が参勤交代の途中、大阪で

      煙草入れを拾い、その持ち主に届けたところ、大変感謝され

      芋から造る酢の醸造法を伝授され故郷に帰り、家業を興した

      のがそもそもの始まり。その後、酢だけではもったいないと

      大正時代に「焼酎」、大正末から昭和にかけて「味噌」と

      「醤油」、「みりん」と造り始められたらしい。

 【銘柄】黄麹、かめ仕込み...? 正直、他の事はよう分からんです(汗)

 (これまた r 様から小分けいただいた品(人-)感謝(-人)感謝♪)

 

ってことで、宮田さんの7代目が初めて造った黄麹モノらしいですが、

同蔵元レギュラー『日南娘25゜(白麹)』と比べつつ呑んでおります・・・

 

香...軽く爽やか。白の甘い香りと比べ、物足りない気がいたします。

生...白が上から下へと、舌全体にボリュームを感じるのとは違い、

   黄はサラリと舌に馴染んでから、上へ上へと香味が華やぐ感じです。

氷...鼻につく香味と甘味。白の方が圧倒的に呑み易く甘いです。

湯...やはり香味が気になる…華やぎも和らぐ感じ。白は不思議な旨さ♪

総...生が一番存在感があり愉しめました。ばってん、全部白の方が旨かっ!

 

(´_`;)ウーン.....かなり辛口評価となりましたが、個人的正直感想です(汗)

 

 

本日の焼酎 : 種子島 南酎、武門 蔵番長、日南娘25゜白麹 & 黄麹、金峰櫻井

『日南娘』で呑酔

05-18,2006

日南娘 (株)宮田本店

創業は1804年。初代宮田萬吉が参勤交代の途中、大阪で

煙草入れを拾い、その持ち主に届けたところ、大変感謝され

芋から造る酢の醸造法を伝授され故郷に帰り、家業を興した

のがそもそもの始まり。その後、酢だけではもったいないと

大正時代に「焼酎」、大正末から昭和にかけて「味噌」と

「醤油」、「みりん」と造り始められたらしい。


味わいは、芋々しさや自己主張を感じさせず、抜群に呑み易い..........

が、驚くほどのコクと膨らみを持ち合わせる、なんとも不思議な銘柄。

 

さて、以前、買占めてやろう・・と話していた『常圧蒸留・長期貯蔵 極楽』・・・

おそらく来週初めには、ごっそりストックを抱えることとなるでしょう(  ̄ー ̄)

ご協力いただけました皆様、若干、送料+手数料分が加算されますが、

どうぞ、その点、ご理解いただき、ご勘弁くださいませm(_ _;)m

色々計算いたしまして、詳細分かり次第、DMさせていただきます(^ー^ゞ

 

 

本日の焼酎 : 小さな蔵(7:3湯)、薩摩茶屋、日南娘、種子島 南酎

『銀の星』で呑酔

03-10,2006

 銀の星 (株)宮田本店

 

 芋(黄金千貫)の皮を全部剥き、

 一次・二次ともカメで仕込み、カメにて貯蔵。

 皮むきモノだけあって、スッキリしてはいるが、

 その中に、確かなコクと穏やかな芋香がある。

 個人的には、物足りなかったりする...(^▽^;)

 

 

 

さて、こちらの品も、昨日尋ねた酒屋さんで量り売りしていただいた品である。

『銀の星』を量り売りしていただける事自体珍しいのだが、

こちらのお店では、更に、自作のラベルまで貼ってもらえる(´∇`〃)

個人的には、こういった販売法って、大賛成である!

兎にも角にも、市場に銘柄が溢れている今、外呑みしたり、

4or5合瓶を買うより、断然経済的で助かりますからd(^ヮ^*)ne!!!

こちらのようなお店が増えると良いんだけど(*´・-・)(・-・`*)ネー

 

 

本日の焼酎 : 植園ブレンド・氷x2・湯x2、銀の星180ml

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。