スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩焼酎 『五代目和助』で呑酔

09-19,2011

五代目和助

五代目 和助 白金酒造(株)
[蔵元]1869年創業。創業者の川田和助は、桜島北側の錦江湾を臨む姶良の地で
     白銀の名水と出会い、川田醸造店(現在の白金酒造の前身)を創業。
     昔ながらの伝統の技を頑なに守り、丹精込めた焼酎造りを続ける蔵元。
[銘柄]創業者 川田和助は明治弐年、貧窮のなかから白銀の湧水を得、
     「和助焼酎」の愛称で呼ばれた焼酎を造り、明治・大正時代に
     一世を風靡しました。 「和助焼酎」を甦らせたく、蔵と「酒の一九会」が
     協力し、創業当時からの伝統と味を守りながらも現代の愛飲者にも
     納得頂ける味に仕上げた逸品です。 薩摩の純本格芋焼酎「五代目和助」は
     厳選された原材料と吉野水系の名水を使用し造られております。
     明治年間の深い味わいを御賞味頂けるものと思います。  酒の一九会 推奨
                                     ~ 裏ラベルより転載 ~


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
裏ラベルの文字が見えづらくなってきた“蔵。”です。(老)

過去の記事を顧みて、ウッと気付いたんですが、
白金酒造さんの銘柄をネタにする時って、“北の曲者”様絡みが多いっすネ。
実際“北の曲者”様は、白金酒造さんの銘柄、結構飲んでらっしゃいますよネ?

   ・
   ・
   ・

と、ダレに質問しているのか、自分でもよく分からなくなってきましたので、
銘柄の説明書きも長くなった事ですし、とっとと飲みに入りましょうかネ!
ハイ!(笑)

Read more...
スポンサーサイト

『弥五郎どん』で呑酔

05-10,2008

弥五郎どん

弥五郎どん 白金酒造(株)

 【蔵元】1869年創業。創業者の川田和助は、桜島北側の錦江湾を臨む

      姶良の地で白銀の名水と出会い、川田醸造店(現在の白金酒造の

      前身)を創業。良質な黄金千貫を原料にして造った和助どんの

      焼酎は、「和助焼酎」の愛称で親しまれ、一世を風靡しました。
 【銘柄】「弥五郎どん」とは隼人族の首領で文武の神様として奉られています。

      鹿児島三大祭のひとつで、圧巻は5m85cmの巨大の浜下りです。

      その地元大隅町岩川の農家の方々が熱心に、そして情熱を込めて、

      米芋を育成しました焼酎です。楽しく安心してお楽しみ下さい。

 原料 芋 : 黄金千貫(カルゲン栽培)

      生産者 : 大隅町岩川 竹下一成

      米 : ヒノヒカリ(減化学肥料・減農薬栽培米)

      生産者 : 大隅町岩川 加塩弘之他こだわり米生産グループ

                                  ~ 裏ラベルより ~

 

補足といたしまして、黒麹にて仕込まれているようでございます。

 

香) ほっくりしながらも、心はシャープで甘い香り。

生) まろ味とコクがあり、比較的ライトな口あたりながらも、膨らみに富む。

氷) 甘味に富み、口あたりはライトながらも、確かなコクを感じる。

水) スイッと入る飲み易さながらも、確かなコクと芋香が感じられる。

湯) ホクッとした香りがあるも、味わいは辛味に富み、実にビターである。

 

醸造元が、岩川醸造さんから白金酒造さんへと変わっておりまして、

味わい自体も、岩川醸造さんから白金酒造さんらしさへチェンジ・・・

私の白金さんイメージは、「芳醇な芋香とシャープな味わい」。

本品は、そのイメージにコク深さを足した酔うに感じました。

 

はひ? 「今回も独り善がり的表現で、ナニを言っているのか分からない。」??

それはそれは、毎度ご迷惑をばお掛けいたしております。

なにぶんボキャブラリー不足故、巧く表現出来ず、毎回苦労しております。(汗)

そこで、直接的に本品を官能してみたいと思われるお方は、

今回も、偉大なる『ハタ酒店』様(↓)に問い合わせみられては、

如何かと思われます< http://homepage2.nifty.com/hata-saketen/ >♪

『白金乃露』で呑酔

03-31,2008

白金乃露

白金乃露 白金酒造(株)

 【蔵元】1869年創業。創業者の川田和助は、桜島北側の錦江湾を臨む

      姶良の地で白銀の名水と出会い、川田醸造店(現在の白金酒造の

      前身)を創業。良質な黄金千貫を原料にして造った和助どんの

      焼酎は、「和助焼酎」の愛称で親しまれ、一世を風靡しました。
 【銘柄】原料芋に黄金千貫を使い、白麹仕込み。

      原料となる芋を徹底して磨いた「磨き芋仕込」であり、

      吉野山系の名水「白銀の水」を使用し、黒瀬杜氏が醸した銘柄。

 

ようやく白金さんスタンダード銘柄のご紹介です.....(遅)

 

香) ツンッとシャープな香りの中にも、確かな芋香があります。

生) 整えられ優しい口当たりと膨らみに富み、舌の奥で甘味を感じる。

氷) 甘味を感じ取りやすくなり、さっぱりとした飲み口で後味も悪くない。

水) 軽快そのもので、優しい甘さを伴いスイスイ入って行きます。

湯) 控え目ながらも芋のふくよかさが表れ、ビッとした辛口ながら、

    口当たり・膨らみ・余韻の良さで、ついつい杯が進んでしまう。

 

という事で、前回ご紹介いたしました『白金乃露 紅』と飲み比べよう・・・

と思い、購入いたしましたが........飲み比べは取り止めといたしまして、

1杯飲んで旨いと思えるのは、『白金乃露 紅』。

2杯...3杯.....と飲み続けてもダレずに旨いのは、『白金乃露』。

ではないかと、飲んだ記憶だけで、勝手に評価をさせていただきます。(汗)

 

しかし、前回・今回と気になったのが、「磨き芋仕込」なる肩帯。

前からこんなの付いてましたっけ? 記憶にないんですよねぇ~・・・・・

素朴な疑問..........なんで今更こんなの付けたんでしょうか?

なんか、「磨き芋仕込」.....なんて謳われると、『姶良』を連想してしまいます。

『白金乃露 紅』で呑酔

03-27,2008

白金乃露紅

白金乃露 紅 白金酒造(株)

 【蔵元】1869年創業。創業者の川田和助は、桜島北側の錦江湾を臨む

      姶良の地で白銀の名水と出会い、川田醸造店(現在の白金酒造の

      前身)を創業。良質な黄金千貫を原料にして造った和助どんの

      焼酎は、「和助焼酎」の愛称で親しまれ、一世を風靡しました。

 【銘柄】土壌線虫等の病気に強く、形状も良く、揃い収量もあり、

      蒸し芋にしたら甘味が強く、青果用さつま芋として有望であるとして、

      2001年に農林水産省に品種登録された“紅まさり”という品種を

      原料に、黒麹にて醸された銘柄を主だってブレンドされた銘柄。

 ※ 磨き芋仕込 ※

      芋焼酎の原料となるさつま芋は根菜作物です。

      収穫時に芋表面についた土をきれいに洗い落とし、

      さらに芋の皮をむき、ヘタや傷んだ箇所も徹底して取り除いて

      仕込みます。ぴかぴかに磨いた、芋の美味しいところ、

      これが白金酒造の「磨き芋」です。

 (鵜様からいただいた品。感謝感謝♪)

 

昨夜、熱を入れ更新作業に勤しみましたが、メンテで水の泡となりました。(泣)

 

香) やや線が細いながらも、心のある甘酸っぱい香り。

生) 口当たりが良く、すぐにファッとした華やぎが鼻へ抜けます。

氷) 甘味を感じ易くなり、華やぎはそのままに、スッキリいただけます。

水) 華やぎはそのままに、怖ろしいほど口当たりが軽くなる。

湯) 芋らしいほっこりした香りが表れ、フワーッと華やぎながらも潔いキレ。

 

さて、二日連続で同じ作業を繰り返していると、なんとも新鮮味に欠けますね。

という事で、どのような飲み方をしても、華やかでスッキリした飲み心地です。

ただ、お湯割りで飲み続けていると、紅・紫芋系独特の甘味が、

若干重たくなってくるような気がしないでもありませんでした。(汗)

『木樽一番α』で呑酔

07-01,2006

木樽一番α U酒造オリジナルブレンド品(白金酒造(株))

白金酒造株式会社-明治2年。創業者の川田和助は、姶良の地で白銀の名水と出会い、

川田醸造店(現在の白金酒造の前身)を創業。

大正元年、同蔵元代表銘柄『白金乃露』を発売。大正年間から、昭和30年頃まで

鹿児島では焼酎の代名詞になるほどの人気を博した、鹿児島を代表する蔵元さん。

『木樽蒸留 木樽一番』は、「白銀坂」からこんこんと湧き出す水“白銀の水”と呼ばれる
名水『龍ヶ水』を、原料芋は『黄金千貫』を、蒸留は黒瀬杜氏、
杜氏頭名匠「黒瀬東洋海氏」の 昔ながらの木桶蒸留の手法で、丹誠込めて仕込まれました。
末垂れを7度程度までとることによる、芋々らしい旨味・薫り そして芳醇な味わい・・・
 34度という、芋焼酎の度数では希な値が奏でる、異次元の旨味・・
麹菌のルーツ”黒麹菌”を用いて、白金酒造伝統の石蔵で仕込まれ、
絶妙な味わいを奏でる”野生酵母の住み着いた”木樽による一番蒸留酒!
 更に、冬季限定和助本にごりの原酒を 5 : 5 でブレンドし、
U様所有『月の中 亀』の壷で若干熟成させたU様の焼酎熱が伝わる逸品!
(U様・宅酎便してくださったP様に(^人^)感謝♪)
 
さて、月も変わり、早くも7月でございます。
地元博多では、本日から山笠シーズン突入となります。
ってか、謹慎明けイェア━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━バビューン!!!
謹慎中、多くの方々からご声援を賜りまして、感謝感謝の日々でございました♪
今日からまた、皆様のお気持ちにお応えできるよう、毛穴引き締めて頑張ります( ̄^ ̄ゞ !!
 
ってことで、本日ご紹介の品ですが、かなりブレンドレベルの高い逸品です!
私の白金さんの印象は、エッジが効いてシャープな酒質・・・
確かに、本品にもそういった側面を感じますが、それよりなにより、濃い!!!
アルコール度数も高いはずで、その分、キツさを感じますが、
ロックでは、和水する度に濃厚な芋々しい感じと甘味が表れ、
湯割りでは、しっかりと芋の華やぎ・旨味を感じとれます♪
と同時に、これはU様好みの味わいだな.....と想像に難くないです。
何故なら、U様お気に入り『夢の十三里』と同じ潮流、
『八重桜 原酒』に近い味わいだと感じたからです…U様、如何でしょう?(^ー^)ノ
 
では最後に、当BLOGへお越しの皆様、
これからも、変わらぬご愛好、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
 
 
本日の焼酎 : 木樽一番

『姶良』

04-09,2006

姶良 白金酒造(株)

 

北九州界隈の酒販店グループが企画して造られたPB

原料芋である黄金千貫の皮を剥き、かめ仕込み、

木桶蒸留で施す、非常に手間の掛かった銘柄である。

本日お会いしたmi○様へのお土産として購入したのだが、

それ以上のお土産をいただいてしまい、恐縮至極であった。

 

 

さて、そのmi○様へのお土産として、写真の姶良か、

双麹造り小牧のどちらを、お渡しようか迷ったのですが、

福岡色を出す為、姶良を選択いたしました。

が、既飲の品だったらしく、なんともバツが悪かった上に、

一升瓶3本も、明日の花見オフ用に差し入れをいただき、

益々恐縮するばかりであったので、再来福される際は、

名誉挽回を図る為、酒屋巡りのお約束をし、

ガッチリ握手を交わして、短い親交の別れを告げました。

 

いや、しかし、初めてお会いする方、しかも、私より年上で

いらっしゃるのに、そう言った垣根を取っ払い、熱く語り合えました。

つくづく焼酎のご縁、その力とは、不思議だと考えると共に、

mi○様の知識の深さに、勉強させられっ放しでありました。

想い出すと、ホワッと温かい気持ちになれます。ありがとうございました<(_ _)>

 

 

本日の焼酎 : 八幡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。