スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩焼酎 『志布志湾』で呑酔

09-11,2011

さつま志布志湾

さつま 志布志湾 大隅酒造(株)
[蔵元]岩川醸造の第二の蔵として2006年に設立。
     鹿児島の伝統ある焼酎づくりを継承しながら、最新鋭の設備による
     徹底した品質管理のもと本格焼酎の原酒を製造される蔵元。
[銘柄]もとは曽於郡有明町に在った坂井酒造の定番の芋焼酎でしたが、
     坂井酒造が焼酎製造を止められ、大隅酒造に引き継がれた銘柄。


どちらさまもご機嫌如何ですか?
焼酎にハマッた頃、『さつま志布志湾』は既に終売品だった“蔵。”です。

だもんで、「幻の地焼酎」・・・ そんなイメージのある本品ですが、
瓶テージ協会会長の話によると、坂井酒造 ⇒ 丸西酒造 ⇒ 大隅酒造と、
製造を受け継がれてきた銘柄のようで、現行品は比較的手に入れ易い・・・
ぃゃ、取扱店が少ないから、やっぱり微妙に入手困難な銘柄なのか?(汗)

まぁ、お近くに取扱店が無い場合は、通販でお買い求めくださいネ!
と、お茶を濁しつつ..........私は先を急ぎますんで、とっとと飲みますyo!!
ハイ!(笑)

Read more...
スポンサーサイト

『大隅』で呑酔

05-12,2008

大隅

大隅 大隅酒造(株)

 【蔵元】岩川醸造の第二の蔵として2006年に設立。

      鹿児島の伝統ある焼酎づくりを継承しながら、最新鋭の設備による

      徹底した品質管理のもと本格焼酎の原酒を製造される蔵元。

 【銘柄】大隅酒造の焼酎づくりへのこだわりは地元・大隅産の新鮮な

      さつま芋による仕込です。 大隅の大自然の中、

      南国の太陽が育んださつまいも(黄金千貫)を原料に徹底した品質、

      製造管理のもと、先人たちより受け継いだ伝統の技術を用いて、

      焼酎づくりを続けています。            ~ 裏ラベルより ~

 (鵜様よりいただいた品。いつもいつも、すんまっしぇん!(多謝))

 

ラベルにもありますが、黒麹造りの銘柄です。

 

香) スッと力強く甘い香りが立ち上り、ややツンッとアルコール臭がしますね。

生) やわらかくスルリと舌上を通り、喉を通した後、元気さが現れますね。

氷) さっぱりとスマートな飲み心地となり、ふっくらした甘味が印象的です。

水) すっきりとした飲み心地で、後味にじわじわと甘味が膨らんできます。

湯) 比較的大人しめな味わいながら、バランスに優れ飲み心地が好い。

 

どの様な飲み方をしても、ややかたい風味があるのですが、

その点が気にならなければ、どの様な飲み方もこなせる気がします。

それと.....やはり、岩川さん的お味でしょうか・・・(笑)

 

以前は、坂井酒造さんが造られていた『さつま志布志湾』を引き継がれている

大隅酒造さんですが、サントリーとの繋がりもあるようですね。

なかなか面白い発見でした♪  いやぁ~~深いな........芋焼酎ッ!(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。