スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100%地元産

02-28,2006

 弥五郎どん 岩川醸造(株)

 

 原料芋:黄金千貫

   麹  :黒麹
 麹  米:ヒノヒカリ

 

 

 

 

 

さて、今日明日は休肝日ですので、先日“茶坊主”様のお店より

購入させていただいた焼酎をアップさせていただきます┏○))

 

本銘柄、大隈之國とありますように、大隈半島は曽於市に在る、

『おやっとさあ』で有名な岩川醸造(株)にて造られた品である。

なんでも、大隈半島に古くから伝わる『弥五郎伝説』に因んだ銘柄名で、

原料芋は有機減化学肥料で栽培した「黄金千貫」、

そして麹米も同様に栽培された大隅町産「ヒノヒカリ」を使用、

100%地元にこだわった芋焼酎らしいです。

 

茶坊主様、貴重な品をお譲りいただいて、ありがとうございました<(_ _)>

呑ませていただきましたら、当BLOGにて再アップさせていただきますd(^ヮ^*)ne!!!

 

余談ですが、得意先の屋号とかぶってたので、購買意欲を駆り立てられた…

という裏話は、秘密の方向で( ̄b ̄) シーーッ!w

 

 

本日の焼酎:休肝日

スポンサーサイト

『北薩摩』で呑酔

02-27,2006

 北薩摩 植園酒造(合) -呑み比べ三日目-

 既にネタバレだった感は否めませんが、

 『園乃露』と『北薩摩』の呑み比べをしておりました。

 何故か?それは、この二品、中身は同じとの話を

 耳にしていたからである。(信憑性の高い情報元より)
 といった訳で、各小瓶1本づつ+北薩摩一升を所有している

 立場として、凄く気になっていた訳なのですわ(´Д`A```

 

 

 

さて、今日はこの事に関して、更新してみたいと思います。

先ず、この二品の中身が同じであると、初めて耳にした時点で、

上記の量所有していたもので、ご縁のあったお酒屋さんに確認してみますと・・・

A店(園乃露取扱店)

  北薩摩?存じ上げませんね・・蔵元からもその商品の紹介は来ておりません。

B店(園乃露・夢鏡・うえぞの取扱店)
  北薩摩が地元向け、園乃露は他県向けで、中身は同じみたいです。

  (わざわざ調べていただき、後日、ご連絡をいただきました。感謝!)

と、ご返答賜りました。

B店のご返答を踏まえますと、A店のご返答にも合点がいきます。

合計二升所有している立場として、益々追い込まれてしまいました_| ̄|○ il|!

そういった訳で、百聞は一献に如かず!

呑み比べ、その道のパイオニアになるのです( ̄^ ̄ゞ !!

本当は、若干でも良いので、違う物同士であって欲しいのであります(>Д<ゞ!!

 

○ o 。.~~・━u( ̄。 ̄=)プハァ~ ん?結果ですか?

 

ほぼ同じですばい・・仕込みの時期が違う為、完全一致ではない感じですが、

ほぼ同じ香り、ほぼ同じ味わいですな・・実に微妙な結果となりました ゙〓■●゙ ピクピク

 

しかし、決定的に違っている点もあります・・蔵元住所表記が・・・

園乃露(五合瓶)→薩摩郡宮之城町

北薩摩(五合瓶)→薩摩郡さつま町

  〃  (一升瓶)→薩摩郡宮之城町

と、なっていた点です・・微妙ですか?微妙ですよね・・・⊂(_ _⊂⌒⊃切腹ッ!!

 

p.s 近日中に公開ご予定、ウイリー様の同呑み比べ結果に期待!!!

 

 

本日の焼酎:園乃露・湯x2・氷x1、北薩摩・湯x2・氷x1、常長極楽35°・氷x1

『園乃露』で呑酔

02-26,2006

 園乃露 植園酒造(合) -呑み比べ二日目-

 比べているのは、園乃露と隠れているアレですw

 改めて呑み直し、気付いた点があります。

 『極薫』に通じる点があるところ・・・

 園乃露も、以前はその出来により、麦をブレンドする

 こともあったと、どこかの記事で読んだ事がありますが、

 今回味わってみて、その方向性を再発見できました。

 

 

 

さて、本日の話題は、昨日の酒屋巡りの話でも(またかいなw)・・・

昨日は外回り時、舞松原方面へ伺う機会に恵まれましたので、

ずっと以前に1度訪問したDSへ、久々に再訪問してみることにしました。

勿論DSですので、有名銘柄取扱ってます。プレ値でε- ( ̄、 ̄A) フゥー

そげなモノには目もくれず、焼酎コーナーを物色しておりますと、

そこはDSだけあって、珍品もチラホラ・・DS覗くの嫌いじゃありませんw

そんな中、目を惹いたのが、大山甚七商店の品々・・・

(薩摩の誉・問わず語らず名も無き焼酎・きらら三○九)

本来ならば、一番安価な薩摩の誉が一番高額なのに驚きました(´Д`A```

(とは言え、それでも定価より安い、一升1,800円でしたがd(^ヮ^*)ne!!!)

こちらの蔵元のお酒は好きなので、良い情報が得られました(⌒∇⌒)

また他にお値打ち品としては、こちらでは珍しい伊佐泉や旧ラベルの天狗櫻があり、

なかなか興味深く、楽しい酒屋再訪となり、満足満足でございましたw

 

 

本日の焼酎:園乃露・湯x2、隠れてるアレ・湯x2

比べて呑酔

02-25,2006

 三夜連続でお届けする企画物。

 呑み比べてみようコレとソレ・・・

 否、確認してみようかな…_| ̄|○ il|!
 違ってて欲しいんだけど、

 既に香りで、結果が見えてるような・・・

  ゙〓■●゙~~~=□○0~~~

さて、気をとり直して、本日は、嬉しい事がありました!

なんと!私のBLOGを、大阪のお酒屋さんが読んでくださっているとの事!

こちらのお酒屋さん、私が「一月後の発送でお願いします。」と

厄介な発注を掛けたにも関わらず、その注文をご快諾いただき、

また、とても親切にメールで応対していただきました。

その品々が明晩届く予定でございます(*´∇`*)楽しみだぁ♪

○○酒店様、誠に(人-)感謝(-人)感謝でございます!

※ ご迷惑が掛かるといけないので、屋号は伏せさせていただきます。 ※

 

 

本日の焼酎:呑み比べコレ&ソレ・生x各1・湯x各1・氷x各2

『小六』で呑酔

02-23,2006

 ころころ小六 佐藤酒造(有)

 黄金千貫を黒麹で仕込み、

 12°に和水後100日熟成させた逸品。

 黒麹で仕込んだ銘柄だけあり、舌の上でズバッと切れる。

 蔵元が使用している仕込水で12°に調整し、

 熟成までしてある為か、軟らかで呑みやすい。

 オフ時、ウイリー様からのお土産である(人-)感謝(-人)感謝

 

 

 

さて、本日も5軒ほど酒屋巡りをしてまいりました。

二日市の得意先から帰社する道中、立寄ってきた訳ですが、

4軒目に寄った、HP上で川越をSet販売する駅前のお店にて、

中俣(名)の『兄者芋(あんじゃいもん)』なる、初めて見る銘柄( ̄ー『+』)発見!!
しかしながら、実に怪しげな品なので、勿論スルー(⌒▽⌒;)ダハハハハ!

『兄者芋』に関して、ちょいと調べてみたが・・・

 芋:ベジータレッド+鳴門金時

 麹米:日本酒用の高級米「西海」

 麹菌:白でも黒でもない、幻の「ネオマイセル麹」

「魔王」の飲みやすさに 「赤霧島」の香りをプラスしたような

次世代型の芋焼酎をコンセプトに造られた銘柄…限定5,000本らしい・・・

限定に惹かれるものの、益々をもって、購入しなくて(^。^;)ホッとする調査結果であるw

何故か?それは、凝り過ぎて、私のような稚拙な味覚では、

「?」マークが頭上に、ポンポンポンと点滅するだけだからであるw

 

小六を完飲し、ウイリー様に感謝しつつ、本日の更新終了でございます┏○))

 

 

本日の焼酎:木場黒カメ仕込み・お湯割りx2、ころころ小六・燗x1・冷x1

『木場黒カメ仕込み』で呑酔

02-20,2006

 木場黒カメ仕込み 木場酒造(有)

 

 芳ばしく、しっかりした芋香があり、驚きのトロミ・・・

 この濃い呑み口は、芋では無双のインパクトである!

 同蔵元には、『一人蔵』&『丹宗』とあるが、

 圧倒的に『黒カメ』が好きである。旨いのです!
 兎に角、好みの銘柄なので、凄い勢いで減ってますw

 

さて、本日は、親子連れ立って、昼食を食べに行きました。
出向いた先は“牧のうどん 空港店”。
13:30過ぎに行ったのだが、凄い盛況で、駐車場も空き無し(゚ロ゚屮)屮 ヌォオオ!!

まっ、客の回転は早い店なので、程無く入店できました。

本日食したのは、鴨うどん。少し前に出た新メニューで、以前より気になってました。

食した感想は、以外にヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ♪

同店で人気の肉うどんより、しつこくはないが、しっかりと鴨肉の旨味が足され、

コク深くなっており、海産物だけのダシより旨味が増しているのは確かだ!

しかも今日のダシ、ベースの部分でもしっかり味が出ている(⌒∇⌒)嬉しい限りだ!
若干塩分が高めだったが、この部分は、顧客の対象を考えると、

致し方無いであろう(*´・-・))*_ _))ウンウン 毎回、このようなダシだとありがたいのだが…

なにはともあれ、総合的に大満足で、凄く嬉しく、良い一日となりました(*≧∇≦)v

 

また、本日は、日々お世話になっている『焼酎回廊』の管理人様から、

相互リンクを快く許可いただき、これまた嬉しい出来事でありました(^ー^)

管理人様、誠にありがとうございました<(_ _)>これからも、宜しくお願いいたします。

 

 

本日の焼酎:木場黒カメ仕込み・ロックx5・お湯割りx3(夕方から呑んだ暮れw)

『極薫』で呑酔

02-19,2006

 ごっくん 日當山醸造(株)

 

 芋焼酎に麦焼酎をブレンドしているものらしい。

 同蔵元から『栗野』という、麦ブレンド銘柄があるが、

 それと同じものなのか、違うものなのかは、知らない。

 なんにしても、この『ごっくん』を完飲するのは無理そうだ。

 実家にて、焼酎漬け(漬物)用で消費される事だろう・・・・・

 

さて、本日の話題は、キリンチャレンジカップ2006・フィンランド戦。

結果(2-0)&内容ともに快勝。

だが、全く参考にならない試合だったと思われる。

このフィンランドという対戦相手を、W杯で対戦予定である、

どのチームに見立てての親善試合だったのであろう?
今日の相手に比べれば、ブラジルは元より、クロアチア&オーストラリアも

よりテクニカルなチームなはずなのであるが・・・高さ対策か( ̄ー ̄;;?

そんな、理解に苦しむ対戦相手ではあったが、唯一の救いは、

久保の決定力を確認できたことくらいであろう。FWの軸、決定ですな!

昔のBLOGでも書いた事だが、久保の日本人離れした決定力+身体能力は、

結果を残せず、韓日W杯代表入りは叶わなかった

トルシェ・ジャパン以前から、私が推している選手である。

それが今や、Zicoからの信頼を得、FWの軸に据えられての起用、

なんとも嬉しい限りである。これからの成功も切に願わずにはいられない。

本大会では、対戦相手の何処よりも稚拙な監督を擁している為、

選手個々人の能力だけが、頼みの綱である・・・・・

 

 

本日の焼酎:木場黒カメ仕込み・お湯割りx2・ロックx2、ごっくん・ロックx1・お湯割りx1

『鶴見』で呑酔

02-18,2006

 鶴見 大石酒造(株)

 

 本日は、鶴見をロックでいただきながら、更新作業中です。

 (*´・ロ・)イヤァ~やっぱ旨いね、鶴見d(^ヮ^*)!!!

 ロックも良いけど、お湯割りだともっと旨いもん(・-・`*)ネー

 でも、若干濃厚さには欠けるかな・・白豊の性か・・・

 その代わり、ストレス無く呑めるので、断然好きな銘柄だ! 

 

 

 

そんなお気に入りの酒をいただきながらも、

本日の話題は、えらいトサカにきたお話です~(-゛-;)~

 

本日午前中、滋賀県にて、幼稚園児2児が、各々20ヶ所前後も

刃物で刺され、その後路上や水路に放置され、死亡するという、

なんとも痛ましい事件がありました。

しかも、犯人は自分の子供の眼前で、犯行に及んだようです・・・

私も小さな子を持つ親として、この手の犯罪は聞くに堪えません。

このニュースを耳にした時も、背中にゾワゾワゾワっと、

何かが走るような、おそらく本能的な怒りのような感覚をおぼえました。

幼児を持つ親としては、どうしても我が子と重なってしまって・・・

 

(ノ_-;)ハア…そんな、嫌な気分を払拭できぬままの一日でした。

 

 

本日の焼酎:鶴見・ロックx1、木場黒カメ仕込み・お湯割りx2

序章?

02-17,2006

さて、芋焼酎への興味が再熱したのですが、

私が「白波」を呑んでいた頃とは状況が違い、

酒屋を覗くと、迷うほどの品揃え…何を買えば良いの?(´Д`A```

 

そんな中、某有名酒屋にて、私が復帰第一戦に選択した

銘柄は「古酒入 小牧」。理由は単純、ブルーの瓶が綺麗だったからw

まっ、そんな単純な選択理由から、4合瓶で1,700円もしたのに、

あえなく期待外れに終わる(´Д`A``` だって、アルコール臭いんだもんw

 

復帰第一戦に玉砕し、師匠である弟にアドバイスを請うと、

「蔵の師魂」か「池の鶴」が良いのでは?とのご意見を賜り、

飛び込んだ酒屋で、「蔵の師魂」小瓶を( ̄ー『+』)発見!!

(この後も、この酒屋さんとは好意にしていただき、同銘柄に関しては、

市内でも販売量が2番目である事を後々知ることになる(* ゚Д゚)スゲェ~ッ!!)

大将にお話を伺いつつ、早々にGET酎し、自宅にて呑み試してみる。

|」`・O・|」おおおぉぉぉぉぉ旨いじゃないですか!

復帰第二戦目にして、衝撃的な旨さだ!木の香りがする~(*´∇`*)

流石、師匠!あんたの言う事は正しかったよぉ( ̄¬ ̄*)

 

そう!この「蔵の師魂」こそ、私を長き芋ロードへ引きずり込み、

お湯割りに開眼させ、この後、長くに渡ってNo.1の座に居座った、

罪深き銘柄なのです。今でも、決して嫌いではありませんしd(^ヮ^*)ne!!!

 

そして、この「蔵の師魂」を超える銘柄を探す為、

酒屋へ行く機会が増え、新たな旨い芋焼酎に巡り会い、

またそれを超える芋焼酎を探す・・というラビリンスに迷い込み、

道先案内所として、焼酎回廊と出会い、志を同じくする

お仲間達に巡り会え、今こうしてBLOGを再開するに至りました。

 

また、このBLOGを再開するに際しまして、

回廊で出会った方々、以前のBLOG時代から仲良くしてくださっていた方々へ、

心より感謝いたします(人゜∇^)゚+.☆゚+.Grazie.+゚☆.+゚

これからも、どうぞご贔屓に宜しくお願いいたします<(_ _)>

 

 

それでは、明日より、日々の酔いち暮れBLOG開始でございます(^-^ゞ

序章に長々とお付き合いくださいまして、ありがとうございました(^-^)

また明晩・・おやすみなさいませ(^ー^)ノ~~~

 

 

 

本日の焼酎:酔蔵・ロックx1、木場黒カメ仕込み・ロックx2・お湯割りx2

序章?

02-16,2006

さて、水割り一辺倒の時期がしばらく続いたのですが、

元来、アルコールに弱いせいで、自然と呑む機会も減りました。

 

これより、昨年3月頃まで、一年の内、片手で数えられる

くらいしか呑まない、アルコール氷河期を迎えます(´Д`A```

 

氷河期終焉のキッカケは、弟と義父の存在でした。

 

本格焼酎狂の弟…こやつの知識と情報量には舌を巻きます。

また、調理師としての舌、論理的な味わいの分析には、

全く太刀打ちできず、未だご教授賜る頼もしき存在です(^∇^)

 

無類の酒好きな義父…結婚当初、「娘の旦那と呑むのが夢だった。」

と仰れておりましたが、生憎ほぼ下戸な私が婿となってしまいました。

そんな義父の希望に沿えることができず、若干負い目を感じました(^-^;)

 

そんな二人の存在が相まり、緩やかに歯車が動き出すのです・・

 

何かしらの記念日には、義父に焼酎を贈っておりました。

また、一昨年10月、弟は突然の転勤で、泡盛王国へ旅立ちました。

義父の為、たまに通う酒屋での焼酎物色・・・

弟の部屋に残された、本格焼酎本群のちょい読み・・・

自然と芋焼酎への好奇心が再熱キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!

こうして、私は芋焼酎ロードへ旅立つ事になったのでした。

 

・・・この時点では、この道が、これほど長いことなど予期できぬまま・・・

 

 

この続きは、また次回の講釈・・・・・

 

 

 

本日の焼酎:ごっくん・お湯割りx1,ロックx3、酔蔵・お湯割りx2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。