スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年を回顧しつつ呑酔

12-31,2009

千鶴

千鶴 神酒造(株)
[蔵元]1872年創業。鹿児島県の北西部、出水市高尾野町にあり、
     1911年神酒造(名)を経て、1953年より神酒造(株)となり現在に至る。
[銘柄]一次仕込みは、白麹での甕仕込み。
     原料芋は地元出水産の厳選された黄金千貫を主体に知覧や
     頴娃産も織り交ぜ、紫尾山の豊富な伏流水を使って醸された銘柄。


年も押し迫ってまいりましたが、どちら様も御機嫌如何でしょうか?
今年も一年、夜な夜な飲んだ暮れながら過ごす事が出来た“蔵。”です。

一年365日、いったい何日の休刊日を設けたか全く覚えていない私が、
本年度、当Blogを更新した回数は........数えてません!(汗)
飲んだレギュラー酎が、何銘柄あったのかも回顧しておりませんが、
そんな私が今年最も印象に残りました銘柄が、『千鶴』でございます。
決して派手な味わいではございませんが、穏やかな味わいの中にも
個性が光り、今年を締めくくるに相応しい銘柄かと感じております。


それでは、どちら様も今年一年ドォ~ムありがとうございました。
新しい年になりましても変わらぬ御愛顧の程、宜しくお願いいたします。
どちら様におかれましても、酔い一年になられます事を祈っております。
ハイ!



ちなみに、今年最も口にしたであろう銘柄は.....コチラ
じゃ、酔いお年を........またっ!
スポンサーサイト

芋焼酎 『杜の妖精』で呑酔

12-26,2009

杜の妖精

杜の妖精 太久保酒造(株)
[蔵元]1910年創業の久保醸造を引継ぎ、サツマイモの卸販売業者の中山信商店が
     設備投資を行い、太久保酒造(株)として1990年6月、新たに出発した
     鹿児島県曽於郡志布志町に在る蔵元。
[銘柄]原料芋には「紅おとめ」「白さつま」が使われ、麹米には「国産ひのひかり」、
     麹は黒麹を使用し、水は志布志城山の下岩穴より湧き出る銘水太守公「御前の水」で
     割り水さたやきいも焼酎。


どちら様も御機嫌いかがでしょうか?
飲んではいるものの、アレコレ忙しく慌ただしい“蔵。”です。

今年も残すところ後僅か・・・そんな年の瀬間近に御紹介いたしますは、
“庵膳MAN”様からいただいた品・第二弾........『杜の妖精』でございます。

随分と久し振りの再飲となりますが、昔っから「やきいも焼酎」だったのでしょうか?
まったく持って、そんな記憶の無かった本品の御味とは・・・・・

Read more...

芋焼酎 『八千代伝』で呑酔

12-22,2009

八千代伝

復刻 八千代伝 八千代伝酒造(株)
[蔵元]1928年、「八千代醸造元」として創業。途中、休業を余儀なくされるも、
     2004年、30年の時を経て、蔵発祥の地・垂水市猿ヶ城渓谷に蔵を再興。
[銘柄]猿ヶ城伏流水を使い、原料芋に地元産の黄金千貫、白麹使用ならびに
     全て甕仕込み無濾過。創業時の銘柄『八千代』を伝承するするという意味で
     名付けられた銘柄。


どちら様も御機嫌いかがでしょうか?
社名が変わっているのを全く知らなかった“蔵。”です。

酎事で、今年(2009年)10月より、「合名会社」より「株式会社」へと組織変更、
社名を、「八木酒造合名会社」から「八千代伝酒造株式会社」へと変更なさったそうです。

そんな本品は、ナニかと仲良くしていただいている“庵膳MAN”様からのいただきモノ。
なかなか手が出せない銘柄だったので、いただいて非常に助かりました。(感謝)

そんな本品の御味とは・・・・・

Read more...

芋焼酎 『明治の正中』で呑酔

12-17,2009

明治の正中

さつま白波 明治の正中 薩摩酒造(株)
[蔵元]1936年創業。東シナ海を望み、黒潮の波が打ち寄せる
     薩摩半島最南端の枕崎に在る、知名度抜群の蔵元さん。
[銘柄]明治35年の焼酎製造の古記録に基づき、清酒で使われる
     黄麹を使い、麹と主原料(甘薯、米)と水を同時に加えて仕込む
     「どんぶり仕込法」で再現した銘柄。


どちら様も御機嫌いかがでしょうか?
今回もいただきモノでBlogを更新する“蔵。”です。

どなたからいただきましたかと言いますと、
みやこんじょ』に続きまして、鵜。様からの第二弾です。(感謝)

本銘柄は、およそ三年振りの再飲でございまして、
かなりガツン系で旨かった印象が残っておりますが、如何でしょう・・・・・

Read more...

芋焼酎 『逆鉾』で呑酔

12-12,2009

逆鉾

逆鉾 日當山醸造(株)
[蔵元]1920年、鹿児島県のほぼ中央に位置する隼人町にて、
     有志12~13名が出資し創業。“添え麹”手法が特徴的な蔵元。


どちら様も御機嫌いかがでしょうか?
まだ師走中旬に入ったばかりだと言うのに、
疲労が蓄積しつつある“蔵。”です。

今回御紹介いたしますは、2年数ヶ月ぶりの再飲『逆鉾』。
前回口にした際も、“P。”様の御力添えでGe酎したのですが、
今回は“P。”様からの薩摩土産としていただきました。(感謝)

毎回いただきモノの御紹介でアレですが、その気になる御味とは・・・・・

Read more...

芋焼酎 『みやこんじょ』で呑酔

12-06,2009

みやこんじょ

みやこんじょ (株)都城酒造
[蔵元]1956年創業。宮崎県都城市に在り、創業以来「顧客満足」を第一に商品開発に
     取り組み、米、麦、いも、そば等多くの原料による本格焼酎を製造しているメーカー。
[銘柄]この、みやこんじょは蔵人が、丹精こめて育てあげた甘藷と米麹の醪(もろみ)を、
     単式蒸留機で蒸留し、本来の風味をそこなわないよう熟成させた本格芋焼酎です。
     今まで蔵元関係者でなければ味わえなかった焼酎本来の貴重な味をご自身で
     じっくりとご賞味ください。   原材料:さつまいも・米・米こうじ/アルコール分20%


どちら様も御機嫌いかがでしょうか?
師走に入り、ナニかとアレコレ忙しい“蔵。”です。

本日御紹介いたします『みやこんじょ』は、
ナニかと御世話になっております“鵜。”様よりいただいた品。(感謝)
度数も20度と、庵身庵膳度数となっておりますので、
早速、忙しさでダレた身体に酎入してみたいと思います。

Read more...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。