スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『八幡』ば飲んどります

06-21,2010

八幡

八幡 高良酒造(有)
[蔵元]1907年、南薩摩.....湧水豊富な川辺町にて創業。
[銘柄]蔵のちょうど裏手にある飯倉山から何百年も前からこんこんと湧き出る
     清水を引いて来て割り水や仕込み水に使い、原料に使う芋は
     地元で丹精こめてつくられた新鮮な芋に限り、その日仕込む分の芋は
     その日の分しか準備をせず、一次・二次とも“かめしこみ”で造られ、麹は白麹。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
手製ウメッ酒の消費に追われている“蔵。”です。

とは言え、やっぱりそれなりに甘いもんですから、日に何杯もは・・・
精々帰宅してから1~2杯ひっかけるだけなんで、なかなか減りません。

まぁ、ソレはソレとして、どちらさまも寝不足じゃありませんか?
現在、4年に一度のサッカーの祭典、W杯が南アフリカで開催酎ですからネ!
私も夜な夜なTV観戦しながら・・・・・

Read more...
スポンサーサイト

芋焼酎 『伊佐美』ば飲んどります

06-12,2010

伊佐美

伊佐美 (資)甲斐商店
[蔵元]1899年創業。熊本県人吉市との県境に位置し、
     焼酎発祥の地と言われる鹿児島県大口市に在る蔵元。
[銘柄]創業時から一貫して黒麹を使い、黄金千貫を原料に
     麹室で麹を造り、一次仕込みは甕を使って仕込まれる。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
W杯南アフリカ大会も開幕し、寝不足の日々が続きそうな“蔵。”です。

そんな、4年に一度の祭典的今日この頃ではございますが、
ありがたい御付合いの賜物で、さほどGe酎には困らない本品ですが、
元祖プレ酎という事で、我が口に入るよりは、贈答用として、
近しい方々のもとへ嫁いで行く銘柄でございます。


Read more...

芋焼酎 『夢の番人』で呑酔

06-05,2010

夢の番人

夢の番人 黒麹 製造元/櫻の郷醸造(株) 販売元/(株)酒蔵飛鷹酒類販売
[蔵元]井上酒造、1894年創業。1983年独自の減圧蒸留技術を開発し、
     日本で初めての減圧蒸留100%の芋焼酎の製造を開始した蔵元が、
     1994年11月、岩崎醸造(名)を買収し現有地・城下町飫肥の奥座敷とも呼ばれる
     北郷町に移設、社名を「櫻の郷醸造合名会社」と変更後、
     井上酒造の関連会社として運営開始。1997年3月にかめ貯蔵庫が完成し、
     本格的に長期かめ貯蔵を開始。甕による長期貯蔵に情熱を注ぐ蔵元。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
前々回・前回更新に引き続きまして、宮崎酎をネタにする“蔵。”です。

今回もネタにすると言うか・・させていただく・・・と言った方が正しいです。
酔うは、今回も頂きモノな訳でして、遠慮もせずにいただいてしまいました。
今回も御礼の意味を込めまして、感謝しつつ味わわせてきただきたいと思います。
ハイ!(笑)

Read more...

芋焼酎 『須木』で呑酔

06-03,2010

須木焼酎

須木 すき酒造(株)
[蔵元]1909年、初代“田中宗三郎”が九州山地の豊かな伏流水に着目して創業。
     昔から良質な杉の木を産する林業が盛んな小林市須木(旧須木村)に在り、
     創業当初から甕壷仕込みにこだわり、地元出身(小林市)で
     黒麹仕込み芋焼酎製造の先駆けとなった内嶋光雄杜氏のもと、
     伝統を生かしながらも多くの新しい取り組みをしておられる蔵元。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
前回更新に引き続き、宮崎酎をネタにする“蔵。”です。

ネタにすると言うか・・させていただく・・・と言った方が正しいかと思います。
酔うは、頂きモノな訳でして、遠慮もせずにいただいてしまいました。(笑)
御礼の意味を込めまして、感謝しつつ味わわせてきただきたいと思います。

Read more...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。