スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年を回顧しつつ呑酔

12-28,2010

知覧武家屋敷黒こうじ

知覧 武家屋敷 黒こうじ 知覧醸造(株)
[蔵元]鹿児島県の薩摩半島の南部、南九州市知覧町に在り、
     その町の南部には肥沃な台地が一面に広がり、
     お茶、さつまいも及び大根などの畑作の盛んな土地柄である。
[銘柄]地元の肥沃な土地で育まれた新鮮なさつまいも(黄金千貫)を
     さらに厳選し、黒麹で仕込まれ、少量を丁寧に造られた銘柄。


平成22年も年の瀬........どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
今年も無事、飲んだ暮れて過ごすことが出来た“蔵。”です。

そんな一年を回顧し、その年、最も印象に残った銘柄を年の瀬に愉しむのが、
ここ数年、私のオキマリでございまして、今年最も印象に残ったのが本品・・・
と言っても、実際に飲んだのは、『ちらんほたる』の方でございまして、
中身は同じであろうが故.....ラベルコレクション的に本品を購入してみました。
ハイ!(笑)


Read more...
スポンサーサイト

芋焼酎 『元気 Genki』で呑酔

12-24,2010

元気Genki箱

元気 Genki 製造元/西酒造(株)
[蔵元]1845年創業。東シナ海に面する吹上浜で知られる
     日置市吹上町に在り、本格焼酎にかける熱い情熱と
     「芋」へのこだわりが、本格焼酎ブームの牽引役となった蔵元。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
前更新「素本本」なソレで大失態をブチかました“蔵。”です。

そんな私が懲りもせず更新するのもアレですが、
「ソレはソレ、コレはコレ」滴精神で御紹介いたしますは、
なんとも御当地色プンプンで御色気ムンムンな逸品でございます。

なんとも威勢のよい「おぎおんさあ」女神興がラベリングされた
本品とは一体・・・?


Read more...

“What's this” vol.2

12-17,2010

白キャップ  黒キャップ

【北】から撃ち込まれた『素本本』 White-cap & Black-cap。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
元気に鼻風邪をひいている“蔵。”です。

そんな最中か、ラベルを剥ぎ取られ、キャップまでもがれた、
寒々しく痛々しい一升瓶2本が、不意に我が家へ着弾しました。
犯人は、リアル先輩が考案した コノ企画 を模倣し、
しかも開封して小さな帽子までスリ替え、ソコからのヒントを絶つと言う、
なんとも手厳しい挑戦状を叩き付けてきました。
更に犯人は、秘かにこのテロ行為を流行らせようとしているらしかです。(恐)

そんな行為を横行させては、私の作り上げてきた虚構が暴かれてしまうので、
姑息な手を使いつつ、本テロ行為に対抗したいと思います。
ハイ!(笑)

Read more...

芋焼酎 『桜島年号焼酎』で呑酔

12-07,2010

桜島年号焼酎2010年

桜島 年号焼酎 ~2010年~ 本坊酒造(株) 津貫工場
[蔵元]1872年創業。本坊松左衛門の「殖産興業による社会福祉」の
     精神から、年号も明治に変わって間もない混乱の頃、鹿児島県
     薩摩半島南端にある津貫の土地に誕生た大手酒造メーカー。
[銘柄]「桜島年号焼酎二〇一〇年」は、二〇一〇年に収穫した原料芋のみを使い、
     蒸留・瓶詰めした「その年の収穫、季節感が楽しめる」焼酎です。
     新酒としての、旬のうまさを味わっていただくことはもちろん、瓶貯蔵することにより、
     熟成していく香味や、年毎の収穫による味わいの違いが楽しめます。
     また、ラベルデザインにある桜島の絵は、二〇一〇年二月に開催された
     「桜島美術展」の桜島アートラベル賞受賞作品です。  ~裏ラベルより~


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
今年も人の力を借りて、年号焼酎をGet!した“蔵。”です。

今年もちょこちょこ酒屋を回って、TGTGリサーチ(危)してみたんですが、
五号瓶(一身上の都合により、「小瓶」とは言わない・・)はあっても、
一升瓶を取り扱っている酒屋さんを捜し出すことが出来ず、
丁度帰省予定のあった実弟(現在薩摩勤務酎)に代理購入を頼みました。

まぁ、その後、当地の意外な場所で一升瓶が売られているのを
偶然発見したんですが、実弟が安く仕入れてくるだろうと思い、
当地での購入を差し控えた私をどうか一つ赦してやってつかぁさい。
ハイ!(汗)

前フリが長くなり過ぎましたので、そろそろ飲みますネ!(笑)


Read more...

芋焼酎 『海童』で呑酔

12-03,2010

海童

海童 濱田酒造(株) 傳藏院蔵
[蔵元]1868年創業。老舗酒蔵として、焼酎文化の裾のを更に広げる為、
     最新の製造設備を備えた新工場(いちき串木野市)を稼動させ、
     さらなる量産化を図る一方、創業地(市来町)で、
     伝統的製法による手造りの焼酎造りも行っておられる蔵元。
[銘柄]鹿児島県産「黄金千貫芋」を使用し、国産米を「黒麹」で仕込んだ銘柄。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
又聞きならぬ、又貰い焼酎を飲んでいる“蔵。”です。

本来なら、実弟が薩摩から代購してきてくれた某新酒を
更新ネタにするはずだったんですが、同居する御方が、
お勤め先より本品を頂戴して参りましたので、先ずはコチラ・・・
好きなモノは後に取っといちゃう的更新です。
ハイ!(笑)

Read more...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。