スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『宮ヶ浜』で呑酔

04-21,2011

宮ヶ浜

宮ヶ浜 (有)大山甚七商店
[蔵元]1875年創業。平均気温19℃という、とても温暖な気候の
     鹿児島県指宿市の錦江湾と桜島を望む海岸沿いに在り、
     明治時代から 代々受け継がれたかめ壷を使用し、
     五代目当主が五感を大切に、丁寧に焼酎造りを続けられている蔵元。
[銘柄]南薩摩の錦江湾と桜島を望む海岸沿いにある「宮ヶ浜」は、
     明治の頃から焼酎造りを続けている大山甚七商店のふるさとです。
     そこで造られる薩摩芋焼酎「宮ヶ浜」は、代々受け継がれてきた技と和甕、
     そして焼酎の原点である黒麹と新鮮で良質な南薩摩産さつま芋で
     丁寧に仕込みました。             ~ 裏ラベルより一部抜粋 ~


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
「宮ヶ浜に」反応して、即購入してしまった“蔵。”です。

コチラの蔵元さんの味わいとは相性が良いんですよネェ。
凄く気になる蔵元さんなので、昨年6月下旬の方薩時にも、
指宿方面へお邪魔しようかと考えておりましたが、
生憎時間的に都合が付かず、突撃する事が出来ませんでした。(涙)

いつの日か必ず........と、固く誓いながら、本品を味わってみます。
ハイ!(笑)

Read more...
スポンサーサイト

芋焼酎 『ろかせず』で呑酔

04-11,2011

はちまんろかせず

はちまん ろかせず 高良酒造(有)
[蔵元]1907年、南薩摩.....湧水豊富な川辺町にて創業。
[銘柄]蔵のちょうど裏手にある飯倉山から何百年も前から
     こんこんと湧き出る清水を引いて来て割り水や仕込み水に使い、
     原料に使う芋(コガネセンガン・シロサツマ)は地元で丹精こめてつくられた
     新鮮な芋に限り、その日仕込む分の芋はその日の分しか準備をせず、
     一次・二次とも“かめしこみ”で造られ、麹は白麹。
     年に一回出荷される無濾過35度の季節物。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
本日もまた、頂き物で更新させていただく“蔵。”です。

この時期になると、菜の花情報が気になるファンも多いかと思いますが、
私もそんな一人でございまして、もうネ、無濾過・高濃度なんてネ、
下戸の私からすれば、かなり危険物でございまして、怖いのなんの・・・

でも、折角頂いちゃったんで、臆せず感謝しながら飲ませていただきますネ!
ハイ!(笑)

Read more...

芋焼酎 『力三』で呑酔

04-08,2011

力三

薩摩心酔 力三 製造元/小牧醸造(株) 〔PB〕 
[蔵元]1909年創業。鹿児島県の北西部に位置するさつま町。
     町の市街地から川内川を上流に登ったところにある景勝の地
     “轟乃瀬”その川沿いに蔵を構え、カメ仕込みにこだわる蔵元。
[銘柄]原材料:黄金千貫・ジョイホワイト、麹:鹿児島県産米、黒麹・白麹、
     仕込水:紫尾山系伏流水、蒸留:常圧蒸留、濾過法:手漉き濾過。
     「故郷の文化を知ろう」、「故郷の文化に触れよう」、
     「故郷の文化をみんなの手で醸そう」との思いから誕生した銘柄。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
本日も頂き物で更新させていただく“蔵。”です。

更新に当たり、銘柄について調べていて「ふっ」と思ったのですが・・・
『双麹造り小牧(ソウコウジヅクリコマキ)』と使っている原材料芋が同じなんで、
本品とはブレンド比率が違う姉妹品なんでしょうか? 共にPBだし・・・

ソレはソレといたしまして..........まぁ、飲んでみますネ!(笑)


Read more...

芋焼酎 『赤霧島』で呑酔

04-06,2011

赤霧島

赤霧島 霧島酒造(株)
[蔵元]1916年、宮崎県の南西部、都城盆地の中央に位置する
     都城市川東にて、「川東江夏商店」で本格焼酎の製造を始める。
[銘柄]平成14年(2002年)に品種登録された紫芋「ムラサキマサリ」が原料。
     ムラサキマサリに豊富に含まれるポリフェノールと焼酎麹が生成する
     クエン酸に反応して、もろみが真っ赤になることから「赤霧島」と命名。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
多分4~5年ぶりに赤霧を再飲する“蔵。”です。

以前口にしたのも桜の季節で、友人との花見の席に持ち込んで以来ですかねぇ・・・
それ以降、買う事もなく、弊Blogのネタにしておりませんでしたら、
「ネタにしてねぇじゃねぇ~か、ネタにしろぉーーッ!!」と、南の好感度アンテナ様が、
心優しくネタを送ってくださいましたので、ありがたくネタにさせていただきます。
ハイ!(感謝)

ほいで、発売以来、根強い人気を誇っている本品の御味は・・・・・

Read more...

芋焼酎 『末吉』で呑酔

04-02,2011

末吉

末吉 木場酒造(有)
[蔵元]1912年創業。大隈半島の付け根、宮崎県都城市に程近い
     曽於市末吉町に在り、四代目蔵主“木場修一”さんが、
     仕込みから蒸留まで、ほぼお一人で造られている蔵元さん。
[銘柄]地元、末吉町産の黄金千貫を100%白麹で仕込んだ銘柄。


どちらさまも御機嫌如何ですか?
製造元を確認して、すぐ購入してしまった“蔵。”です。

「白麹仕込みで、一番好きな銘柄は?」と尋ねられれば、『鶴見』と即答。
「黒麹仕込みで、一番好きな銘柄は?」と尋ねられれば、『木場黒カメ仕込み』と
答えるであろう私ですから、その木場酒造様が造られた本品には興味津々。

しかも、100%白麹仕込みらしいので、更に興味を掻き立てられますネェ~ッ!!
酎事で、とっとと飲みますよ!

Read more...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。