スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『薩摩さくら』で呑酔

05-23,2011

薩摩さくら

薩摩さくら 黄金酒造(株)
[蔵元]1949年創業。福山町にあった福桜酒造を買収し五領酒造を設立。
     その後、1952年10月に現在の国分市敷根に移転し、製造を開始。
     1997年2月より現在の黄金酒造株式会社に名称変更され現在に至る。
     遠赤外線焙煎仕込みとpH値転換蒸留法という独自の製法で製造。
[銘柄]九州新幹線さくら2011年3月開業 記念ボトル
     鹿児島県内産さつま芋(黄金千貫)のみを使用し、一次仕込みの麹も
     国内産米黒麹仕込で常圧蒸留により醸された銘柄。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
見切り品につい手が伸びてしまった“蔵。”です。

先の土曜日(5/21)、何気に入ったスーパーで、
そろそろ物色を切り上げて、会計でも済ませようかと思ったところ、
レジの近くに見切り品のワゴンが・・・

会計前にフラッと覗いてみましたら、本品が数本ならんでおりましたので、
「何たる仕打ち.....ココは一つ、レスキューですばい! ネタGet!ですばい!」
と、ぃやらしくほくそ笑みまして、勇敢にも本品を救助いたしました。(笑)

まぁ、なんと申しましょうか・・・
なかなか特徴的な味わいを醸し出す蔵元さんですので、
貧弱者の私などが太刀打ち出来る蔵元さんではないのですが、
幸いにも本品は、特殊な仕込みをなされた銘柄ではない酔うで、
力んでいた肩の力が少しユルみました。

酎事で、飲むばい!

Read more...
スポンサーサイト

芋焼酎 『伊佐美』で呑酔

05-15,2011

伊佐美

伊佐美 (資)甲斐商店
[蔵元]1899年創業。熊本県人吉市との県境に位置し、
     焼酎発祥の地と言われる鹿児島県大口市に在る蔵元。
[銘柄]創業時から一貫して黒麹を使い、黄金千貫を原料に
     麹室で麹を造り、一次仕込みは甕を使って仕込まれる。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
最近当Blogネタ滴銘柄購入意欲が激減退している“蔵。”です。

そんな訳で、今回も幾度となく更新ネタにしている
“元祖プレミアム焼酎 伊佐美”を、またもやネタにしてしまいます。
で........ドウいう訳か本品、5~6月の更新ネタになる事が多い酔うで・・・
この時期って、私にとって『伊佐美』な季節なんでしょうか?

ハイ、ハイ、毎度の如く、よく分からなくなってきましたので、
とりあえず、とっとと飲みますよ!(苦笑)


Read more...

芋焼酎 『鶴見』ば・・・

05-09,2011

鶴見

鶴見 大石酒造(株)
[蔵元]1899年創業。焼酎の自家用醸造が禁止され、創業者 大石長次郎は
     他の2名とともに、鹿児島県北西部 阿久根市にて焼酎製造を開始し、
     数年後は一人で製造業を続け、現在に至る。
[銘柄]原料芋に“黄金千貫”を品種改良し、澱粉質を富ませた“白豊”を使い、
     白麹にて醸された、創業時以来愛され続ける逸品。


どちらさまも御機嫌如何ですか?
「そうだ、『鶴見』を飲もう!」と思い立った“蔵。”です。

御正月以来の再飲でございまして、その時飲んだモノの詰日は、
平成22年11月上旬だったかと..........今回のモノは、平成23年3月下旬。
やっぱり弱い・・・ 「淡い」と言っても良いかも知れません。
「ナニが?」って、『鶴見』らしい「香ばしさ」が・・・・・(寂)

ソレに加え、ナニやら随分飲み易くなっている酔うな印象も受けます。
その分、甘味とコク、芋っぽさは感じ取り易くなっている酔うに思えますが、
ビシッと効いた辛味はやや抑え目で、アレだけ前面に出てた香ばしさは・・・

ただ、減りは早いんです..........コレは辛味の裏で、巧い具合に酸味が効いてて、
一杯の潔い完結性があるからなんでしょうネ・・・ つい杯を重ねちゃいます。
ハイ!(過飲)


じゃ、またっ!


最近の呑酔事情

05-01,2011

かごしまの方言

どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
「がらんつ」は、流石に分からない“蔵。”です。

「御壁」も分かりはしませんが、「豆腐の事」と言われれば、
まぁ~なんとなしに分かる気がしないでもありません。
でも、「鰯の干物・めざし」が、どうして「がらんつ」なんでしょうか?

   ・
   ・
   ・

まぁ~そういうモンだ・・・って事で、最近飲んだ銘柄のお話でも・・・・・

Read more...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。