スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東兆』で呑酔

11-30,2006

  

 

東兆 大石酒造(株)

 【蔵元】1899年創業。焼酎の自家用醸造が禁止され、

      創業者 大石長次郎は他の2名とともに、阿久根市にて焼酎製造を

      開始し、数年後は一人で製造業を続け、現在に至る。

 【銘柄】原料の芋は、出水郡東町の宮地一良氏生産の「栗あずま」を使用。

      甕仕込み、常圧蒸留、仕込み水は「平出石の水」。甕で一年間

      じっくりと熟成させてから出荷される長島東町鷹巣にある酒屋のPB。

 

栗東 (有)白石酒造

 以前、ネタとして更新いたしましたので、下記URLをご覧ください┏○))

 < http://myhome.cururu.jp/hakatagura_maxheart/blog/article/31000171500 >

 

さて、両銘柄共、P様からの小分け品です(人-)感謝(-人)感謝♪

同じ芋を使ってますから、興味深い呑み比べですね~~!

造られた蔵元も、『鶴見』の大石さん、『天狗櫻』の白石さん...文句無し♪

では、『東兆』をいただきます.....( ̄¬ ̄*)

 

(・_・?) あまり、「栗あずま」の芳醇な香りはしませんね・・・

甘い香りではありますが、むしろ淡麗...スパイシーな香りです。

味わいも、スパイシーというか、かなりドライで辛味を帯びており、

そんな中にも、甘味が混在している.....といった感じでしょうか(´_`;)

湯で割っても、香りが華やぎません.....氷は、よりスパイシー&ドライ。

 

対する『栗東』ですが、

こちらの香りは、安心するくらい「栗あずま」芋を感じさせる芳醇さです♪

味わいにもボリュームがあり、ふっくらと口内に香味・旨味が広がります。

氷では、甘味が際立つようになり.....湯では、香りが華やぎます(*´∇`*)

 

(´⌒`;)ウーン.....呑み比べると、案外ショックですね。

個人的には、大石さんが一番のお気に入り蔵元さんなんですが、

本二銘柄呑み比べでは、白石さんの方が好みに合いました(汗)

只、「栗あずま」芋を使った銘柄の中では、小玉さんの『宮路』が、

一番、香り・甘味が立っていて、旨かったように思います...度数が高いから??

 

 

本日の焼酎 : 田倉、兼八、東兆、栗東

COMMENT

いずれ、とある酒屋が全く別物とおっしゃった、「栗あずま」芋を
使用した焼酎を飲んでいただくことになるでしょう・・・
オイラは香りだけ嗅いで即購入しました。
楽しみにしておいて下さい。
2006/11/30(木) 06:15:05 |URL|ウイリー #79D/WHSg [EDIT]
同じ芋でも 味わいがかなり異なりますでしょ?
水・麹・仕込み方で 個性が出て ある意味面白いと思います
私の湯割りの飲み比べでも 宮路>栗東>東兆でした
2006/11/30(木) 09:17:59 |URL|ポンタ #79D/WHSg [EDIT]
鹿児島でのみ比べしたとき、全く同じ感想をもちました。 やはり好みが一緒ですね。
同じ場にいた数人の方々も、同じ意見だったように記憶しております。
2006/11/30(木) 09:24:49 |URL|森井象 #79D/WHSg [EDIT]
ウイリー さま
何の宣伝ですか! 何の宣伝ですか!! 何の宣伝ですかーーーっ!!!
激しく気になるじゃあ~りませんか(笑) 次回のコンタクトを楽しみにいたします(^ー^ゞ
ポンタ さま
この二銘柄は、かなり違いますね.....特に『東兆』は、本当に「栗あずま」を使っているのかすら、疑問に思えるほど違います(汗) やはり、『宮路』が一番ですかね♪
森井象 さま
おぉ! お仲間が、沢山いらっしゃる訳ですね! それは、非常に心強い(´▽`)ホッ
しかし『東兆』は、なんでまた、こんなにも「栗あずま」チックな味わいがないんでしょうね.....不思議です(^∇^;)
2006/11/30(木) 19:49:39 |URL|博多蔵 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。