スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『がんこに甕』で呑酔

12-09,2006


 

がんこ焼酎屋 がんこに甕 大石酒造(株)

 【蔵元】1899年創業。焼酎の自家用醸造が禁止され、

      創業者 大石長次郎は他の2名とともに、阿久根市にて焼酎製造を

      開始し、数年後は一人で製造業を続け、現在に至る。

 【銘柄】カメ仕込み、麹米に『ひのひかり』、芋に『九州108号(ジョイホワイト)』、

      仕込水に阿久根市大川の『平出石の水』.....それ以外、不明(汗)

 (ミサオ様から小分けしていただいた品(^人^)感謝♪)

 

先月催された“佐賀OFF”で、無礼にも呑みそびれてしまった為、

ご提供元のミサオ様が、先日の忘年会時、小分けしてくださいました。

ほんと、皆さん良い方ばかりで、非常に助けられております(^人^)感謝♪

 

そいで、“がんこシリーズ” 『がんこに甕』なわけですが、

やっぱり、アソコのPBでしょう...いったい、何銘柄造らせてるんだか…(汗)

『甕』と銘打っているから、甕貯蔵なんでしょうかね(・_・?)

普通の『がんこ25゜』と比べると、随分やわらかい気がいたします。

生でもクィクィいけそうなくらいスーッと入ってきて、

その後、穏やかな香りの膨らみと、甘い後味が広がります♪

湯割りだと、温められた分、香味が華やぎ、ファ~ッと癒されます(´∇`)

個人的には、生で危険と隣合せのスリリングさを愉しむ方が好みです(笑)

 

ところで、原料芋...ジョイホワイトの特徴って、どんなんなんでしょうか??

個人的には、最初にくるシャープな香りと、後味の甘さを感じるのですが・・・

(´_`;)ウーン...硬い香りと、尾を引く甘さ…といった方が正直かもしれません(汗)

この部分が、どうも好みに合わないので、ついつい女医を避けがちです(^_^;)

 

それと、“がんこシリーズ” 『兜』で想い出したことですが、

コレは度数と相まって、蒸留器である杉の香りが凄くついてました。

これや木樽蒸留器で醸された焼酎こそ、焼酎の可能性じゃないでしょうか?

樫樽で貯蔵し、色素をつけ、香味をつけ、ウイスキーに似せずとも、

焼酎の乙焼酎らしさを表現しつつ、その可能性を高められるんじゃないかと・・・

まっ、多分、的外れな酔っ払いの意見ですけどね(^∇^;)ダハハハハ!

 

 

本日の焼酎 : 本垂、ごっくん、がんこ焼酎屋 がんこに甕、東兆

COMMENT

 連日一番スレ確保。女医はフルーチーですよね、昨日はひとり歩きしました。
 女医でも断然お湯割りでしょうか???
2006/12/09(土) 05:56:55 |URL|ウイリー #79D/WHSg [EDIT]
昨日は久しぶりに櫻井を飲みました。ん~こんな味だったっけと思いました。
 樫樽で貯蔵した焼酎に限らず、樽で貯蔵すると色が付きすぎるので、白ものと
ブレンドするとお聞きしています。色が付きすぎると焼酎では販売出来なくなる
そうですが。樽で熟成された、そのものってどんな味がするのでしょうかね?
一度呑んでみたいものです!
2006/12/09(土) 07:35:14 |URL|一どん #79D/WHSg [EDIT]
ジョイとかムラサキマサリとかベジータレッドとか、色んな芋が出てきたことも焼酎ブームの一つの要因かもしれませんね。芋焼酎というジャンルに幅ができましたから。
芋で味が左右されるというのも大きいですよね。
2006/12/09(土) 08:02:06 |URL|森井象 #79D/WHSg [EDIT]
焼酎のネーミングって、ホント感心しますね。
どれも、おっ、と唸るものが多いです。
がんこ焼酎屋、もいい感じです。
もう飲む前から、なんだかおいそうです。
これに比べて、"順吉"は・・・
もうひとひねりほしかったです。
2006/12/09(土) 12:37:42 |URL|道頓堀 #79D/WHSg [EDIT]
ウイリー さま
確保!ご苦労様です(^ー^ゞ 比較的フルーチーですよね.....ついつい惰性で、女医と湯でまったりしてしまいますが、どげんプレイが良かとでしょうね(・_・?)
一どん さま
私も以前、金峰櫻井を再飲して、こんなにやわらかかったかな??と思いました(汗)
樽熟そのものだと、余計樽香が強いだけなんじゃないですかね? よりウイスキーテイストなんじゃないかと、想像してしまいます(^∇^;)ダハハハハ!
森井象 さま
芋での違いは面白いですよね! 特に、種子島の蔵元さんは面白い♪ とはいえ、やはり王道は黄金千貫.....どうしても、そこが基準になってしまいますね(^∇^;)
道頓堀 さま
順吉は、名前うんぬんより、庶民には手の出ないお値段しますよね(^∇^;)
ネーミングでは、『女郎蜘蛛』に一番心奪われてしまいます・・・・・ねっ!U様♪(笑)
2006/12/10(日) 00:06:30 |URL|博多蔵 #79D/WHSg [EDIT]
単純にですが、ジョイホワイトの味は私に合ってて大好きです。
樫樽貯蔵に関しては私は可能性を認めます。百年は百年で猿真似ではないと思っています。
テレビでみたあの色!あれ飲んだらメチャ美味いんだろうな~・・・
色を消すために苦労せにゃいかん酒税法(?)なんてアホらしいと思います。
2006/12/11(月) 00:59:34 |URL|ron #79D/WHSg [EDIT]
ron さま
焼酎屋が焼酎として、その枠の中でチャレンジしているんでしょうから、致し方ないことだと思います(^_^;)
2006/12/11(月) 18:55:45 |URL|博多蔵 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。