スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さつま寿 旬』で呑酔

01-22,2007


 

さつま寿 旬 (株)尾込商店

 【蔵元】1939年創業。薩摩半島南部「水の里」川辺町にある蔵元さん。

 【銘柄】鹿児島県頴娃町の畑でとれた黄金千貫を使い、

      白麹にて仕込まれた『さつま寿』の新酒。

 (魔玉様より小分けしていただいた品(人-)感謝(-人)感謝♪)

 

さて、昨夜に引き続き、新酒のご紹介ですが、

生でいただきますと、スーッと入ってくるのですが、ノドを通しますと、

幾重にも香りの波が寄せては反し、膨らんでは鼻腔に抜けて行きます。

また、非常に甘味を強く感じますね.....と、昨夜と同じ感想じゃん_| ̄|○ i||!

 

どうも「新酒」慣れしていない為、その本質が掴めずにいます。

まっ、これも経験として、後々の糧にしたいと思いますです、はい!

 

ただ、探り探り呑みながら、改めて気付いたことは、

尾込さんと高良さんの焼酎は、表面だっての味わいは違いますが、

根っこの部分では繋がっている!っということを再確認いたしました。

(多分、こんなことを言うと、また怒られるんでしょうね...(泣))

 

いや、まぁ、しかし、なんでしょうかねぇ~~ (閑話休題)

当地には、辣腕のラベル工房が多くあるのですが、

その中の一軒である「MT工房」...今回も良い仕事されてますね~♪

こういうお気持ちが、更に焼酎を旨く感じさせますよd(^∇^*)ne!!!

嬉しい限りです.....勿論、ラベルが無くても(人-)感謝(-人)感謝です♪

 

 

本日の焼酎 : 桜島年号焼酎、薩摩の誉、さつま寿旬、長熟極楽

COMMENT

この旬は新酒にしては飲みやすくて、美味いと思います。
他の新酒はガス臭が少し苦手です。
2007/01/22(月) 10:02:24 |URL|ron #79D/WHSg [EDIT]
高良さんと尾込さんは、車で5分程しか離れてません。 水、芋はほぼちかい物を使ってらっしゃいますよね。 根っこが繋がっているって表現、いい表現ですね。
2007/01/22(月) 12:13:02 |URL|森井象 #79D/WHSg [EDIT]
さつま寿の新酒が、さつま寿旬ですよね!基本的に同じでしょうか?
2007/01/22(月) 20:29:38 |URL|一どん #79D/WHSg [EDIT]
昨日仕事で鹿児島行ってて今日帰ってきたよ~♪
焼酎だらけね~蔵行ったら楽しいのだろうなぁと思って見てきた(^ヮ^*)
2007/01/22(月) 22:11:53 |URL|わらは #79D/WHSg [EDIT]
おっ!飲んでくださいましたね^^
てっきり旬じゃなくなるまで放置プレイかと思っておりました^^;
2007/01/22(月) 22:38:53 |URL|玉 #79D/WHSg [EDIT]
ron さま
恥ずかしながら、その“ガス臭”というものが、私には分からんとです。(汗)
森井象 さま
OH! 援護射撃、ありがとうございますm(_ _)m 車で5分でしたら、うちから満足町までより近いです…(笑)
一どん さま
(´_`;)ウーン.....難しい質問ですね・・・ 造りの部分では同じなんでしょうが、味わいはかなり違うように感じました・・・(多分)
玉 ちゃん
小分け、ありがとうございましたm(_ _)m 休肝日前の〆ネタにさせていただきましたよ♪
2007/01/22(月) 22:53:05 |URL|博多蔵 #79D/WHSg [EDIT]
わらは さま : (*´・ロ・)アァ~~鹿児島行けて羨ましいなぁ・・私も頑張って、今年は鹿児島に潜入するのでごわす( ̄- ̄ゞ
2007/01/22(月) 22:55:19 |URL|博多蔵 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。