スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『照葉樹林』で呑酔

06-04,2007

照葉樹林

照葉樹林 (有)神川酒造

 【蔵元】1990年、肝属郡大根占町神川にて創業。小鹿酒造協業組合の

      役員6人が出資して設立された酒造醸。小鹿酒造の研究開発部門の

      ような位置づけで誕生し、2000年9月現在地、緑豊かな自然に

      恵まれた大隅半島の中央に位置する鹿屋市にに工場移転。

 【銘柄】大隈半島でとれた新鮮な黄金千貫を原料に使い、白麹にて仕込まれ、

      高隈山系の原生林から流れ出す伏流水を使用し、甕壷貯蔵熟成。

 

本品、詰日が“H13.8.29”の為、正しいレポになりえるか微妙です…(汗)

 

香) 非常に上品で、和菓子の様な甘い香りがします。

生) しっかりコクと甘味があり、スルリと入り込んできます。

氷) グワッと甘味を強く感じるようになり、渋みを伴ってなだらかにキレます。

水) さっぱりと飲み易くなりますが、比較的渋味を感じ易くもなります。

湯) 癖が無く、重みある甘味が感じとれ、ややビターなキレを感じます。

 

神川酒造さんは、『別撰神川』・『瀞とろ』に続く3品目だと記憶しておりますが、

豊かな甘味と、渋味を伴うキレが特徴ではないかと感じております。

また、酒質的には、大隈半島の銘柄に言われがちな「穏やかで飲み易い」から

外れておらず、何の抵抗も無く、ゆるゆると飲める魅力に満ち溢れています。

COMMENT

一番ゲッツ。中々の瓶熟品ですなー。これ未飲でふ。
2007/06/04(月) 06:24:29 |URL|ウイリー #79D/WHSg [EDIT]
ウイリー さま
すっかり寂びれて、レスの温かみが身に沁みます。(涙)
熊本の酒屋に、数年前からゴッソリ残ってるんです.....今度、お土産にでも♪(笑)
2007/06/04(月) 20:01:15 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
久々に表にやって来ました。(笑)
これ飲んだ事有りません。
でも詰日は魅力的ですねぇ~(爆)
2007/06/04(月) 21:52:35 |URL|mino #79D/WHSg [EDIT]
mino さま
レス、ありがとうございます♪(涙)
また熊本に行った際、捕獲して発射させていただきますね♪
次行っても、多分ゴッソリ残ってると思うんで・・・(爆)
2007/06/04(月) 22:05:55 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
年明けに飲んだ「瀞とろ」かなり生きりがっていました。
蔵さんご推奨の「長期極楽」を購入したので「常圧極楽」と飲み比べ予定です。
2007/06/05(火) 23:32:39 |URL|唐津屋 #79D/WHSg [EDIT]
唐津屋 さま
『瀞とろ』でも感じたのですが、どういう訳か、この蔵元の銘柄を飲むと、食べる方の黒糖をイメージしてしまいます。(汗)
『長期極楽』、味わいとコストパフォーマンスを考えると、米焼酎では【最強】ではないかと、勝手に考えております。(苦笑) 飲み比べ、愉しまれてください♪
2007/06/06(水) 01:27:14 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
小鹿酒造の研究開発部門だったのですね。
小鹿との飲み比べも面白そうですね。
2007/06/07(木) 09:40:22 |URL|平均的日本人。 #79D/WHSg [EDIT]
平均的日本人。 さま
どういう訳か、私にしては、以上に減るのが早いんです.....ちぃと癖が無さ過ぎ?(汗)
そういえば、なんとかキャンプの謎が解けました♪ 私もチャレンジしてみるかな・・・
2007/06/07(木) 19:51:38 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。