スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『黒瀬杜氏』で呑酔

06-24,2007

黒瀬杜氏

黒瀬杜氏 (株)杜氏の里笠沙

 【蔵元】1993年秋に、第三セクター(株) 杜氏の里・笠沙としてオープン。
      黒瀬杜氏の伝統技術の保存、継承を図り後継者育成、 地域おこしを

      目指す、黒瀬杜氏発祥の地・南さつま市笠沙町に在る蔵元。

 【銘柄】この焼酎は、黒瀬杜氏の永い伝承技術を駆使した、製麹室での

      麹(白)づくりと昔ながらのかめ仕込による、まろやかな味わいを

      特徴としています。また、用いた厳選の原料と霊峰野間岳山系の

      岩清水が、素材の微妙な風味をいっそう引き立たせています。

                             ~ 裏ラベルより抜粋 ~

 

迫力のある黒地に金文字のラベルからは想像し難いですが、白麹です。(汗)

 

香) 元気で爽やかな甘酸っぱい香り。

生) しっかり整理された味わいながら、確かな芋の香りが生きてます。

氷) さっぱりとしてフルティーな味わいと、しっかりとした甘味。

水) ロックより口当たりが優しくなり、クィクィいける飲み易さですね。

湯) ぽってりした口当たりと爽やかな香味、ビッと引き締まった辛口。

 

本品、現地でしか購入できない為、

ポンタ様経由で、平均的日本人。様に代購していただきました。(感謝)

 

うん.....じっくり向き合うと、こんなにも芋っぽい味わいだったんですね・・・

同蔵黒麹製『薩摩すんくじら』は、スッキリさっぱりとした記憶があるんですが、

白麹製である本品は、マッタリとした芋らしいポッテリ感で、実に和めます。

冷やしても温めても、それぞれに特徴的ですから、楽しい銘柄ですね。

COMMENT

確かに白麹のラベルじゃないっすね。
一どん→すんくじら→黒瀬杜氏→笠沙恵比寿の順で人気があるそうです。
2007/06/24(日) 06:58:19 |URL|森井象 #79D/WHSg [EDIT]
森井象 さま
黒が基調になってますから、単純に連想して「黒麹」かと思ってしまいますよね。(苦笑)
私的記憶人気では、黒瀬杜氏 → 薩摩すんくじら → 一どん → 笠沙恵比寿 ってな感じでした........一どんは、再飲すると、評価が上がるかもしれません。(悩)
2007/06/24(日) 12:13:47 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
良かった、続きの感想を述べなくて・・・
これって、以外に辛口ですよね・・・ってもう忘れてまふ。
2007/06/24(日) 21:02:41 |URL|ウイリー #79D/WHSg [EDIT]
ウイリー さま
最近、あんまし味が分からんとです・・・(涙)
仰られるとおり、お湯割りでは意外と辛口に感じました。 でも、ロックは甘いんですよねぇ~~♪ 本当に意外な逸品でした。(笑)
2007/06/24(日) 22:07:13 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
このラベル、最近よく見るような・・・(笑)
2007/06/25(月) 17:56:23 |URL|ron #79D/WHSg [EDIT]
ron さま
これで、当分見ることもなくなりますよ・・・(爆)
2007/06/25(月) 19:53:36 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。