スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『利八』で呑酔

07-06,2007

利八

利八 吉永酒造(有)

 【蔵元】1889年創業。鹿児島県薩摩半島の南端 指宿市に在り、

      同県内最後の古式蒸気釜(コルニッシュボイラー)にこだわりを持ち、

      夫婦二人で高品質少量生産を貫かれる小さな蔵元さん。

 【銘柄】平成15年、『さつま 白雪』が商標登録の問題から絶版となり、

      本銘柄が代表銘柄となった。原料芋には、南薩の完熟した

      黄金千貫をふんだんに使用し、麹は白麹。一次仕込みは古式甕壺、

      二次仕込みはホーロータンクにておこなわれております。

 

はぁ.....吉永酒造さんも初紹介でした・・・今まで紹介せずに、すんまっしぇん!

 

香) 芋の香りは控え目ですが、ローストしたような香ばしさが嬉しいです。

生) 非常に穏やかですね.....遅れて、辛味と甘味が表裏一体で表れます。

氷) トロミと香ばしさを感じとり易くなり、口当たりやわらかく、甘味も強い。

水) 香ばしさだけが目だって、ややバランスが悪い気がいたします・・・・・

湯) 優しく、そして香ばしく、辛味でビッと締まる嬉しい味わい♪

 

本品、紹介は初めてになりますが、今回は再飲です。

同蔵元製では、他に『砂のかけはし』も飲んで旨かったですが、

より骨太感の強い『利八』の方が、個人的には好きであります。

 

個人的にではありますが、やはり、この香ばしさがあるとツボに入りますね♪

湯割りで、ビッと辛口なのも高評価に繋がり、ひたすら安心して飲めるのです。

また、その締まった辛味の裏に、確かな甘味を感じとれるのも嬉しいんだな!

COMMENT

久々一番ゲット。
ここの蔵元のは予定外に旨かった記憶が・・・
こんレギュラーで十分なのでふね・・・
2007/07/07(土) 06:36:53 |URL|ウイリー #79D/WHSg [EDIT]
二番ですたい。
甑島の吉永さんと昔、間違えてましたが、未淫です。
是非、試したい一品・蔵元さんであります。
2007/07/07(土) 07:48:47 |URL|森井象 #79D/WHSg [EDIT]
以前は、さつま白雪というのが
代表銘柄でした。
その銘柄名とおり
薩摩の国には、おしとやかな【お方】しか
存在しておりません。たぶん・・かな
2007/07/07(土) 09:43:30 |URL|Aptiva野郎 #79D/WHSg [EDIT]
ウイリー さま
いつもコメント、ありがとうございます♪(感謝)
あぃ、こちらの蔵元さん、安心して飲めます。 味の違いも、そんなに大きな幅はない記憶がありますので、本品で充分堪能できると感じております♪
森井象 さま
いつもコメント、ありがとうございます♪(感謝)
吉永酒造場さんと、凄く間違え易い.....というか、間違われて仕方ないですよね。(苦笑)
指宿は、口に合う蔵元さんが多く嬉しいです。 庵膳ですので、いつかお試しを♪
Aptiva野郎 さま
いつもオマケ、ありがとうございます♪(笑)
指宿温泉が有名な土地柄、【雪】の言葉はイメージしづらいですよね。(汗)
どなたの影響からか、【おしとやか】の言葉もいまいちピンッときません。(苦笑)
2007/07/07(土) 13:40:58 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
「西酒造(場)」も甑島と吹上にありますよね。
人名を付した銘柄色々ありますが「兼八」は蔵元の創業者「四ツ谷兼八」「利八」も創業者二代目の「吉永利八」より命名焼酎に古風な先祖の名は合っていますが、もし若い蔵元の名をつけた焼酎はどんなイメージになりますかね? 
晩酌:三岳&なかむら
2007/07/08(日) 00:41:21 |URL|唐津屋 #79D/WHSg [EDIT]
唐津屋 さま
若い蔵元の名をつけた焼酎はどんなイメージ...ですが、実にキワドイところを突いてこられますね。(汗)  『杜氏潤平』...コレは違和感無いんですが、『森覚志』だと3Mに入っていたのか、実に微妙なラインですね。(爆)
2007/07/08(日) 02:24:24 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。