スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『赤い指宿』で呑酔

09-14,2007

赤い指宿 赤い指宿裏

赤い指宿 (有)大山甚七商店

 【蔵元】1875年創業。平均気温19℃という、とても温暖な気候の鹿児島県

      指宿市の錦江湾と桜島を望む海岸沿いに在り、明治時代から

      代々受け継がれたかめ壷を使用し、現在、五代目当主が五感を

      大切に、丁寧に焼酎造りを行っておられる蔵元。

 【銘柄】原料に、頴娃・知覧産の黄金千貫、麹は黒・白ブレンド。

      創業当時から代々受け継がれてきたかめ壺を使い、

      五代目当主大山修一が丹精込めて醸した逸品。

 

大山甚七商店ファンとしては、ナニかと気になっていた本品・・・

煙草を買いに寄った馴染みの酒屋さんで、ついつい手が伸びてしまう.....(笑)

 

香) しっかりとした芋らしい、そして香ばしさを感じる香りに期待大♪

生) 含んだ瞬間から香ばしく、豊かな甘味と辛味を帯びたキレ、程好い余韻。

氷) 香ばしさと甘味を感じ易くなり、スッキリ飲めてキレも良いですね。

水) さっぱりした中に香ばしさが立ち、控え目な甘さでスィスィ入ります。

湯) 香ばしく辛口で、ビシッとしたキレがあり、実に潔い酎かと思えます。

 

下衆な詮索をすれば、おそらく『薩摩の誉』白麹版・黒麹版と、

そう違わない仕込みでしょうが、湯割りでのキレ具合を考えると、

原酒をブレンドする割合としては、黒麹版の方が多いのかな・・・

と感じさせられます.....季節としては、暖かい時期向きの銘柄ですかね。

そうはいっても、私は湯割りで愉しみますが、ナニか文句あります?(笑)

COMMENT

定位置ゲッチュ。
これは派手なラベルで酒屋でも何処にあるかすぐ判りまふね・・・
名前から紅芋系だとばかり思っておりました。
勉強不足なオイラに丸腸を食わして蔵杯・・・笑
2007/09/14(金) 05:40:53 |URL|ウイリー #79D/WHSg [EDIT]
定位置に戻りました。
おいどんも紅芋かと思っちょりました。
下戸なおいどんにもご教授ください。
2007/09/14(金) 07:52:19 |URL|平均的日本人。 #79D/WHSg [EDIT]
ウイリー さま
定位置ゲッチュ、おめでとうございます♪
私も手に取るまでは、紅いも系を想像しておりました。(汗)
丸腸、いつでもOKですので、電話して蔵杯。(笑)
平均的日本人。 さま
定位置ゲッチュ、ありがとうございます♪
赤い指宿.....ですから、どぉしても、赤いも系を連想しちゃいますよね。(汗)
鷹では、ウーロン茶で乾杯......という事で・・・(笑)
2007/09/14(金) 20:05:43 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。