スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『於茂登』で呑酔

07-16,2008

於茂登

於茂登(おもと) (有)高嶺酒造所

 【蔵元】1949年創業。沖縄県八重山諸島石垣島、川平湾とその向こうに

      於茂登岳を望む眺望の地に在り、創業以来、全行程手造りという

      数少ない酒造所。

 【銘柄】於茂登連山からの天然水で仕込まれ、循環式蒸留機という機械の

      蒸留法が主流の中、大正時代に主流であった直火式釜で醸され、

      石垣島にある県下最高峰、於茂登岳にちなんで名付けられた銘柄。

      アルコール分30度。

 

という事で、夏季限定企画第二弾は、石垣島の『於茂登』でございます。

 

生) 口あたりが良いが、パッ元気な香りと辛味の効いた味わい。

氷) 暴れていた香味がグッと落ち着き、酸を伴った甘味豊かで飲み易い。

水) さっぱり酸と渋味の効いた味わいで、穏やかな香りと甘味が程好い。

 

前回飲んだ『与那国』は、華やいだ香味と豊かな甘味が特徴的だな・・・

といった印象でして、生でいただくのが好みだった訳ですが、

今回の『於茂登』は、結構やんちゃな印象でして........生でいただくよりは、

水割りにして氷を浮かべ、和水する過程での味わいの変化を楽しむ・・・

そんな飲み方が良いように感じました。

 

ただ、高嶺酒造の泡盛は「古酒にした時においしい酒」........と言われるように、

新酒での元気の良さがクースになったら........と、非常に楽しみな銘柄でした。

 

 

p.s 邪道かもしれませんが、やんちゃだったので湯割りも試してみました・・・

   実にマイルドな飲み口となり、米の旨味・甘味がしっかりと感じ取れ、

   しかもそれらが尾を引く飲み心地で、非常に美味しくいただけました。

COMMENT

夏休みに
沖縄で探索活動しても
ヨカですか?(汗)
2008/07/17(木) 13:08:08 |URL|首領 #79D/WHSg [EDIT]
台風接近ですが、よいっとさーでモフ・・・
と言う事で、オイラの義弟の弟が沖縄へ永住しておりまして
その嫁さんが石垣なのでありまする。
ナニのアレで焼酎道に行き詰まったら、行く機会があるかもしれませんので
その時は是非ともご同伴願い魔手。
2008/07/17(木) 18:08:34 |URL|鵜 #79D/WHSg [EDIT]
> 首領さま
 2合どんの保護者なのでダメです。(汗)
 まぁ、腰ぎんちゃく野郎が偉そうに言えた義理じゃありませんがね・・・(苦笑)
> 鵜さま
 台風がそれているもよう.....よいっとさあでモスッ!!
 という事で、ナニやらよく分かりませんが、腰ぎんちゃく的に何処へでも
 くっ付いて行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。(笑)
 
2008/07/18(金) 00:25:40 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
コメントが遅くなった事をお詫び申し上げます。
泡盛のお湯割りは、今度試してみたいです。
2008/07/20(日) 07:07:28 |URL|平日。 #79D/WHSg [EDIT]
> 平日。さま
 いつもコメント、ありがとうございます♪
 という事で、あまり泡盛の味が分からない私を
 ナニかとお許しくださいませ。(苦笑) 
2008/07/20(日) 12:26:09 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。