スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BeKagoshima2007White』で呑酔

08-11,2008

BeKagoshima2007WHITE

Be Kagoshima 2007 WHITE 本坊酒造(株) 鹿児島工場

 【蔵元】1872年創業。本坊松左衛門の「殖産興業による社会福祉」の

      精神から、年号も明治に変わって間もない混乱の頃、鹿児島県

      薩摩半島南端にある津貫の土地に誕生た大手酒造メーカー。

 【銘柄】宝納酒会「焼酎プロジェクトX」協力者の皆様により、

      原料栽培・醸造作業の一部始終に参加者の手が加えられ、

      いつまでも美しき郷土であるように「鹿児島であれ」との

      願いと夢が込められた銘柄.....白麹ヴァージョン。

 (あぷ軍団首領様より、後はよろしく.....と、いただいた品。感謝♪)

 

2007年10月.....私もちょろっと参加させていただいたプロジェクトから

醸し上げられた銘柄という事で、飲ませていただけるのが、非常に嬉しいです。

 

香) ほとんど濾過されていないという事で、野趣溢れる骨太な香りがします。

生) スルッと入った後、香味が弾け、重厚なコクを感じ取れます。

氷) グッと甘味を感じ易くなりますが、えぐ味も感じ易くなってしまいます。

水) えぐいですね........渋味と酸味が強過ぎて、好ましくない味わいです。

湯) コク深い骨太な味わいで、パッとワイルドな香味、ベースとなる甘味。

 

「香味の特徴をすべてお伝えするためにほとんど濾過せずに仕上げられて…」

との注意書きがございまして、その通り、若干の濁りも見て取れる訳でして、

その部分が味わいの特徴であり、実に野趣溢れる飲み応えとなっております。

 

その部分を最大限感じ取れる飲み方といたしましては、

やや温度の下がった湯割り...ヌル燗などが、一番芋々しい香味を

愉しむことが出来て好いのではないかと感じられました。

 

........と、戯言とは別に、このお酒が多くの人の手により醸され、

僅かながら自らもそれに係われたという感慨を胸に嗜む本品は、

味わう度に、参加させていただいた情景を思い起こさせ、

飲ませていただけることに喜びと感謝の念で一杯となりました。

COMMENT

どぉーもです。
やはりこの焼酎だけは違ううまみが入ってますね。
2008/08/11(月) 09:14:09 |URL|平日。 #79D/WHSg [EDIT]
本日から夜勤でヨイットサァーでモシュ!!
と言う事で、オイラ敵にも盆休みがあるかどうか
全く予想できない事をご報告すると共に
是非本品のプロジェクトに参加してみたいとシミジミ思って
しまいました・・・ホント休みが読めないのは辛い。
てな訳で、今から夜勤に備えて昼酎・・・ナニを飲むか・・・
2008/08/11(月) 09:20:21 |URL|鵜 #79D/WHSg [EDIT]
まぁ
飲め~♪
次回も
つばめでGo!?
2008/08/11(月) 11:27:28 |URL|首領 #79D/WHSg [EDIT]
> 平日。さま
 どぉ~もですぅ。
 いやぁ~、仰られるとおりで、披露祝賀会を思い出しました♪
> 鵜さま
 夜勤よいっとさあでモスッ!!
 という事で、次回訪薩時の御同行を切に願いまして、
 お盆も労働に汗を流したいと思います。(笑)
> 首領さま
 どぉ~もですぅ。
 という事で、次回も「つばめでゴーゴ、ゴー!!」かと思います。(危)
2008/08/11(月) 21:32:27 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。