スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『やまと錦』で呑酔

09-13,2008

やまと錦

やまと錦 鹿児島酒造(株) 阿久根工場

 【蔵元】創業以来、安楽酒造として焼酎を造り続けてきましたが、

      1987年にその名を鹿児島酒造と改称。鹿児島県北西部に位置し、

      江戸時代貿易港として栄えた阿久根市に在る工場。

 【銘柄】-原材料-米、米こうじ、甲類乙類混和銘柄。アルコール分25%。

 (こちらの銘柄も、楓様からいただいた品です♪(感謝感謝))

 

鹿児島酒造カテゴリー.....『GOLD さつま諸白』に続いての登場は、

待たしても米焼酎.....しかも、終売の甲類乙類混和銘柄であります。

その味わいたるや如何に........ありがたくいただきたいと思います。

 

香) 非常に落ち着いて穏やかな中に、米焼酎独特の香り。

生) 癖は無く、口当たりはさらりとしているも、味わいはコク深い。

氷) 少しセメダイン臭は増しますが、軽快で甘味も増す気がいたします。

水) 何の癖も無く、しっかりしたコクを充分に感じられる飲み心地。

湯) どっしりとしたコクと、ビッと締まる味わいは、ストレスを感じません。

 

ふ~~~む...............本品、終売うんぬんを抜きにして、

乙類焼酎を主に飲んできた私にとって、ちょっとした稲妻が走りました。

「こういう焼酎もあるんだな........コレはコレで、アリだぞ・・・」っと。

 

私的に米焼酎では、常圧蒸留された球磨焼酎が好みなんですが、

現代的嗜好からか、減圧蒸留された銘柄が好まれ、

市場的幅を利かせている現状ではありますが、

これまた私的に、やたら香味を際立たせた減圧モノは口に合わず、

米(球磨)焼酎を楽しむ上でも、かなりの銘柄制限があった訳ですが、

鹿児島の酒造元銘柄とはいえ、この[甲類乙類混和]の味わいは、

口当たりが良くコク深くありながら、実に軽快な飲み心地でありまして、

米焼酎愛飲家を増やす上で、充分に[アリ]なんじゃないかと感じました。

 

まぁ、あくまで、私見ではございますがね・・・・・(逃)

COMMENT

どぉーもです。
少しコメントが重たくなるので、今回はコレにて・・・。
はやく大人になりたい訳ですが。
次回は、がんばります。
2008/09/14(日) 07:54:04 |URL|平日。 #79D/WHSg [EDIT]
今秋は
鹿児島酒造への訪蔵
よろしくお願いします・・・
その後は
焼肉でも!!
2008/09/14(日) 13:52:21 |URL|首領 #79D/WHSg [EDIT]
> 平日。さま
 どぉ~もですぅ。
 という事で、そんなときこそ、お湯割りだぁ~~ッ!!(笑)
 では、次回もよろしくお願いいたします♪
> 首領さま
 どぉ~もですぅ。
 という事で、ナニかと恐怖の指令も下っておりますので、
 今秋、お蔵訪問が出来るのか不透明ではございますが、
 焼肉だけは遠慮したいな........と考えております。(汗)
 
2008/09/14(日) 19:17:25 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。