スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『つめかんかん』で呑酔

11-16,2008

つめかんかん2 つめかんかん つめかんかん3

つめかんかん 佐藤焼酎製造場(株)

 【蔵元】1905年創業。宮崎県延岡市北部、大崩(おおくえ)山系に

      源を発するを流れる清流「祝子川(ほうりがわ)」沿いに蔵を構え、

      伝統的な手法に加え、最新のテクノロジーと醸造設備を備え、

      革新的な醸造技術の確立を目指しながら、全国的にも有名な

      「銀の水」「天の刻印」などの麦焼酎をメインに仕込まれている蔵元。

 【銘柄】原材料/麦、麦麹  蒸留方法/減圧蒸留  アルコール分/25度

      ----------------------------

      杯のやりとりに「つめかんかん」というのがある。

      受けた杯が空になったことを証明するため、親指の爪の上で

      トントンと猪口をたたいて返杯する作法を「つめかんかん」という。

                                  ~ 裏ラベルより ~

 (お世話になっております“デンでん”様よりいただいた品。感謝♪)

 

ちょいと調べましたら、同蔵製「銀の水」を蒸留(約40℃)するよりも

やや高い温度で蒸留されているのだとか..........なんとも未知との遭遇である。

 

香) 減圧のそれと分かる香りながら、なんか.....若干バニラなアロマ。

生) 水.....否、アルコールではあるが水。(汗) 後からほのかに麦の香り。

氷) 香りが立ち、とろみも感じるようになるが、後味に渋味と酸味も出る。

水) 香りの立った水.....否、やっぱりアルコールではあるが水。(汗)

湯) アルコールだな、うん。 香りが立ち、コクと感じる辛口な味わい。

 

不思議なコクのある銘柄です。

ただ、雑な味覚しか持たない私には、どの酔うな飲み方をしても、

麦焼酎とは感じ取れないほどのまろやかな味わいでございます。(汗)

 

まぁ、水...水.....とは書いておりますが、しっかりアルコールですので、

若干効いてきました。いただくなら、ナニかと危険な生を推しまして、

本更新の〆とさせていただきます。(笑)

COMMENT

日曜日の朝、おはおはでヨイットサァーでもふっ!!
と言う事で、久しく麦を飲んで無い訳でありますが
麦も何故か情圧に限る訳であります・・・
また、奇遇にも義弟より、よく似た陶器系のボトルの芋酎を
フェニックスのお土産として頂きました事を
今朝のブログで報告させていただきまふ。
2008/11/16(日) 06:02:14 |URL|鵜 #79D/WHSg [EDIT]
> 鵜さま
 日曜日も早朝からヨイットサァーでもすッ!!
 はい。やはり乙焼酎は常圧に限りますなぁ~~♪
 という事で、おそらく陶器ボトル自体は同じものかと思いますことを
 御報告申し上げると共に、薩摩スイッチ怨でお願いいたします。(笑)
 
2008/11/16(日) 23:09:48 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
どぉーもです。
両かたとも、薩摩スイッチ怨でお願いします。
2008/11/17(月) 13:07:19 |URL|平日。 #79D/WHSg [EDIT]
ど~もです。
できたら
今こられた方が
ナニかと庵膳な薩摩かと
思います。ハイ!
2008/11/17(月) 14:04:58 |URL|軍団首領 #79D/WHSg [EDIT]
> 平日。さま
 どぉ~もですぅ。
 偉大なる某酒店様より
 「尾込商店へ潜入し 商品を取り扱える酔う 直談判しろぉ~」
 との業務命令が入りましたことを御報告申し上げます。(笑)
> 軍団首領さま
 どぉ~もですぅ。
 拉致・監禁・暴行に憧れを抱かれる
 首領様におかれましては
 庵膳な薩摩を悦んでおられます
 でしょうか?(笑)
 
2008/11/17(月) 23:25:30 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。