スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪薩 11/23編

12-04,2008

11/23~24日の2日間、今年二度目の訪薩。

今回は9月に催された[焼酎大作戦]で御一緒させていただいた

御三方を大作戦時お誘いしており、私を含めて計4名での訪薩。

その気になる御三方とは・・・・・

 

 

訪薩2008.11.23.1 訪薩2008.11.23.2

左から.....酔拳マスター“ミサオ”様、三九会のドン“鵜”様、

うわばみ風林火山“魔恋”様。 (※ キャッチフレーズは勝手に付けてみました。(爆))

御三方と早朝に薩摩へリレーつばめでGo!!(危)

 

 

 

訪薩2008.11.23.3 訪薩2008.11.23.4 訪薩2008.11.23.5

前回訪薩時同様、今回も9時前に某市駅到着。

駅にて、こちらも前回同様、楓様と合流いたしまして、御世話になります。

楓様の御車は一路東へ向かい、加治木町にて薩摩乃黒幕 首領様、

庵膳MAN様と合流いたしまして、車を連ねて再度一路東へ向かいました。

11時過ぎ、細くえずい山道を下りまして【山小舎の蔵】へ到着。

 

 

 

訪薩2008.11.23.6 訪薩2008.11.23.7訪薩2008.11.23.8

霧島市に在ります【万膳酒造】様です。

写真などでは拝見しておりましたが、実際お伺いするのは初めて。

コレは貯蔵タンクでしょうか? 原料芋:大隅産黄金千貫ですね。

 

訪薩2008.11.23.9 訪薩2008.11.23.10 訪薩2008.11.23.11

蔵の心臓部である麹室も拝見できました。(嬉) 凄い湿度です。

こちらの代名詞とも言えるほど有名な木樽蒸留器と芋粉砕機。

 

訪薩2008.11.23.12 訪薩2008.11.23.13 訪薩2008.11.23.14

蒸留器からは末垂(15゜程度)が静かに甕の中へ滴り落ちておりました。

『萬膳』の一次仕込みと二次仕込みのモロミ。

 

訪薩2008.11.23.15訪薩2008.11.23.16訪薩2008.11.23.17

ショッカー監視下に置かれた長期貯蔵用トンネル。

内部には長い眠りについた御宝がザックザク。

 

訪薩2008.11.23.18 訪薩2008.11.23.19 訪薩2008.11.23.20

トンネル内で物欲しそうなショッカー構成員。

しっかり万膳さんの御宝を守ってくださいね。

.....って言ったそばから勝手に出荷してんじゃねーッ!!

アレか? ショッカー運営軍資金確保か?(苦笑)

 

そんなショッカーもついつい御宝に眼がくらんでしまう万膳酒造様でした。

アポを取ってくださった楓様、貴重な経験をありがとうございました。

丁寧な説明で応対してくださいました蔵の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

午前の部を終え、鹿児島空港近くの食事処で昼食をとり、

ナニかと秘密の行動がおありになられる黒幕様・庵膳MAN様とは

一旦お別れし、楓様の御車は午後の部へ向けて北西へ。

 

 

 

15時過ぎ、“アクネ うまいネ 自然だネ”.....また来てしまいました。

阿久根市に在ります【大石酒造】様。 5月末に続き二度目の訪問です。

 

訪薩2008.11.23.21
 5月末に蔵見学で初めてお会いし、
 9月上旬に「焼酎大作戦」で再会させていただき、
 今回、三度お目に掛からせていただきました。

 

頬がこけ、痩せていらっしゃる.....やはり造りの時期は大変なんだ.....と、実感。

そんな大変な時期にも関わらず、変わらずの親しみ易さ迎えてくださいました。

先ずはお話を伺わせていただきましたが、変わらぬ大石節に頬が緩みます。

今置かれた焼酎業界の話や今期の造りなどのお話を伺った後、蔵見学。

 

 

訪薩2008.11.23.22 訪薩2008.11.23.23 訪薩2008.11.23.24

こちらも大石酒造の代名詞とも言えるほど有名なカブト釜式蒸留器。

手前は芋粉砕機。 奥は2機併設された蒸留器と、その裏に在る冷却槽。

 

訪薩2008.11.23.25 訪薩2008.11.23.26 訪薩2008.11.23.27

蔵内にお邪魔してすぐ右手に在りますシェリー樽と貯蔵用と思しき甕。

米を蒸し製麹する回転ドラム式製麹機と麹米を培養増殖させる三角棚。

 

訪薩2008.11.23.28 訪薩2008.11.23.29 訪薩2008.11.23.30

以前は石蔵として麹室であった場所に埋め込まれた甕での一次仕込み。

タンクで行われている一次仕込みと二次仕込みのモロミ。 正に造りの風景。

 

蔵見学を終えた後、再び大石社長のお話を伺わせていただき、

今回も有意義な蔵訪問でありました。

繁忙期にも関わらず、快く迎えてくださった大石酒造様に感謝!

厚かましくも御心遣いまで頂戴し、大石社長に見送られながら、

後ろ髪を惹かれる思いで大石酒造様を後にするのでした。(寂)

また伺わせていただきます。 ありがとうございました。

 

 

 

半日御車で案内してくださった楓様、

そんなお腹一杯の11/23をありがとうございました。(感謝)

 

24日編へ続く・・・・・(笑)

COMMENT

明日から寒波が・・・でヨイットサァーでもふっ!!
と言う事で、やはり内容が濃い薩摩でしたので
1日分を要約すると長くなりますなー。
いやはやしかし、2日間お世話になりました。
ホント楽しい修学旅行となりました・・・感謝
次回もヨロシクお願いします。
2008/12/04(木) 18:04:40 |URL|鵜 #79D/WHSg [EDIT]
> 鵜さま
 週末は寒いらしい・・・でヨイットサァーでもすッ!!
 ナニかとアレで濃い2日間でございましたが
 1日分をまとめようにもついつい長くなってしまいました。(汗)
 こちらこそ御一緒いただけまして楽しい2日間でございました。
 またの御一緒を切に願いまして、私からの御挨拶と代えさせていただきます。(笑)
 
2008/12/04(木) 20:50:26 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。