スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『旬』で呑酔

12-09,2008

さつま寿旬

さつま寿 旬 (株)尾込商店

 【蔵元】1939年創業。薩摩半島南部、周囲を山に囲まれた「水の里」

      川辺町に在り、黒瀬杜氏によって昔ながらの製法を守り、

      杜氏が引退した現在、三代目にあたる現社長 尾込宜希氏が

      蔵を引き継ぎ、自ら焼酎造りに勤しむ蔵元。

 【銘柄】頴娃町の農家で契約栽培している黄金千貫を原料芋に用い、

      麹には白麹.....“清水の湧水”を使って仕込まれた『さつま寿』の新酒。

 (訪薩後、シトロン様・minmin様より送られてきた品。感謝♪)

 

またもや【新酒】に戻ってしまいました。(笑)

 

川辺に立ち寄った際、多く見掛けたのですが、予算の都合上

スルーしてしまいましたところ、後日、御二人から頂戴いたしました。(感謝)

 

香) 新酒らしいガス臭というより、甘い香りの方が印象的ですね。

生) 穏やかな中にも、やや荒ぶる香味と味わいがありますが、整っています。

氷) 豊かな甘味に油断していると、バッと渋味が広がります。

水) 優しくまろやかコクがあり、控え目な甘さを感じます。

湯) まろやかさとコクの中に確かな芋香と甘味があり、ガツンとした味わい。

 

昨年度分は痛いほどガッツンガッツンな味わいで参りましたが、

本年度分は昨年同様濁りも強いですが、ガツンと巧くまとまった感じがします。

 

味わい的には、温燗あたりの温度帯が一番『旬』らいし味わいを

楽しめるかと思いますので、是非温めて味わっていただきたいと思います。

COMMENT

明日から、独身生活でヨイットサァーでもふっ!!!
と言う事で、週末にでも旬をば開封しようと思っていたのですが
諸般の事情により、来週以降となりました・・・寂
海の香りがしそうな宿なので、さつま大海黒麹などを
バッグに忍ばせた事をご報告申し上げ候。
暇があったら、周船寺の酒屋へでも・・・芥屋にて待つ!!!
2008/12/09(火) 18:19:13 |URL|鵜 #79D/WHSg [EDIT]
> 鵜さま
 独身出張ヨイットサァーでもすッ!!
 という事で、『旬』をお先にいただいてしまいまして申し訳ございません。
 また、『さつま大海黒麹』の方は未淫でありますことを深くお詫び申し上げます。
 そんなこんなで、周船寺の酒屋も12日より某酒屋様の酔うな
 年末感謝フェアなんぞやっておりますことを御報告申し上げ、
 ただ.....諭吉と漱石のタッグとは、ちと渡り合えんなぁ・・・・・
 などということを芥屋にて飲み語りたいと思います。(笑)
2008/12/09(火) 20:09:04 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
どぉーもです。
カラオケ攻撃失礼しました。
今後もう少し精進してまいりたいしだいでごわす。
2008/12/15(月) 13:12:31 |URL|平日。 #79D/WHSg [EDIT]
> 平日。さま
 どぉ~もですぅ。
 いえいえ、ナイスなタイミングでございました。(笑)
 という事で、次回の着信をお待ちいたしております。(爆)
 
2008/12/15(月) 17:26:33 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。