スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『匠の技』で呑酔

12-16,2008

匠の技

匠の技 (株)尾込商店

 【蔵元】1939年創業。薩摩半島南部、周囲を山に囲まれた「水の里」

      川辺町に在り、黒瀬杜氏によって昔ながらの製法を守り、

      杜氏が引退した現在、三代目にあたる現社長 尾込宜希氏が

      蔵を引き継ぎ、自ら焼酎造りに勤しむ蔵元。

 【銘柄】頴娃町の農家で契約栽培している黄金千貫を原料芋に用い、
      麹米にヒノヒカリを使っている白麹造り。 
某酒屋さんのPB。

 (訪薩の際、ジョー様よりいただいた品。感謝♪)

 

『旬』に続きまして、尾込さんの銘柄でございますが、

麹米にヒノヒカリを使っているらしい.....ということ以外は、

いまいちスペックの分からない本品。御味は如何に・・・?

 

香) 尾込さんらしいホコッとした芋らしさの中に詰まった甘酸っぱい香り。

生) 非常に整ったまろやかな舌触り。膨らみがこだまする余韻。

氷) アルコール感と渋味がグッと増して刺々しい味わいに・・・(涙)

水) ん~~..........ロックより刺々しさは和らぎますが・・・・・(涙)

湯) まろやかなコクとホワッとした芋香。飲み心地・余韻とも比較的優しい。

 

麹米が国産米だからなのでしょうか・・・?

『さつま寿』の濃醇な味わいと比べ、やや控え目で穏やかな味わいに感じます。

その分タレないと言うか、ゆるゆる飲み続けられるのではないかと・・・・・

まぁ、それはそれで、ついつい深酒........という危険も潜んでおりますが・・・(汗)

ただ、温めて飲んだ方が圧倒的に美味しくいただける銘柄でした。ハイ!

COMMENT

匠の技は白麹でしたか
黒麹の平成大慶と中身一緒と思い込んでおりました
2008/12/17(水) 19:17:19 |URL|P。 #79D/WHSg [EDIT]
> P。さま
 どぉ~もですぅ。
 ネットでちょろっと調べましたところ、白麹とのことではございましたが、
 いかんせん情報が少なく、本当に白麹なのかは不明でございます。(汗)
 という事で、【白麹(仮)】.....そんなファジーさで御理解くださいませ。(爆)
 では........明日参るッ!! 
2008/12/17(水) 20:00:11 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
遅くなり、酔人さぁーでもふっ・・・
と言う事で、コチラへのカキコをすっかり忘れていた事を
お詫びすると共に、この匠の酒屋へ寄りたかったなぁーって
後悔しとる今日この頃なのでありますが
本日また宿題を発射した事をご報告申し上げ
必ず年内にレポする事を指令とさせて頂き候・・・笑
2008/12/19(金) 18:50:08 |URL|鵜 #79D/WHSg [EDIT]
> 鵜さま
 お待ちしておりヨイットサァーでもすッ!!(笑)
 という事で、本品が売っている酒屋さんを存知上げない
 (ラベルには書いてありますが・・・)罪深き私を
 泣いてお詫び申し上げますので、お許しくださいませ。
 では、被弾いたしましたら、随時忍務に当たらせていただきます。
 ありがとうございました。(感謝)
2008/12/19(金) 21:51:11 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。