スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『千鶴』で呑酔

02-08,2009

千鶴

千鶴 神酒造(株)

 【蔵元】1872創業。鹿児島県の北西部、出水市高尾野町にあり、

      1911年神酒造(名)を経て、1953年より神酒造(株)となり現在に至る。

 【銘柄】一次仕込みは、白麹での甕仕込み。

      原料芋は地元出水産の厳選された黄金千貫を主体に知覧や

      頴娃産も織り交ぜ、紫尾山の豊富な伏流水を使って醸された銘柄。

 

なんとも素敵なラベルでございます。配色がまた堪りませんなぁ~!

........と、いきなり脱線してしまいましたが、超お久し振りの再飲でございます。

好い印象しか残っておりませんが、今飲むとどうなんでしょう・・・・・

 

香) 淡いローストしたような香りが立ち、口の端が上がってしまいました。

生) さらりとした上品な口当たりと香ばしさ.....しかし、したたかな味わい。

氷) グッと香ばしさが引立ち、端麗な味わいが勢いを増す辛口。

水) 軽快そのもの.....ほのかな甘味と辛味と酸味のキレ。さっぱりしてます。

湯) 穏やかな飲み心地と香ばしさ・甘味。辛味でさっぱりキレ、杯が進む。

 

こんなに香ばしい味わいだったんですね........良い意味で裏切られました。

私の記憶では、麹の好い香りが印象に残っていたのですが、

これは完璧に私の記憶違い........全く当てにならない記憶力で困ります。(汗)

 

という事で、今回久し振りに再飲してみて感じたことは・・・

どの酔うな飲み方でも、充分な味わいでそつなくこなし、ナニより香ばしい。

湯割りにすれば、「参った。」と言わざるおえない癒しの一杯でございます。

COMMENT

どもです。
これまだ飲んだことありません。
飲んでないレギュラーが多すぎます。
蔵。さんお勧めみたいなので近々飲んでみます。
2009/02/08(日) 08:39:40 |URL|平日。 #79D/WHSg [EDIT]
日曜日の朝、酔人サァーでもふっ!!
と言う事で、芥屋にていただきました
千鶴のペットは既に姦淫していた事をご報告すると共に
ココの蔵のは他にドゲナものがあるのか
存じ上げましぇん・・・陳謝。
しかし、これ普通に美味しかった記憶が。
2009/02/08(日) 08:42:13 |URL|鵜。 #79D/WHSg [EDIT]
> 平日。さま
 ドォ~ムです。
 レギュラーで未淫は、桶買いの二銘柄のみとなりました。(笑)
 『千鶴』は常飲可能なほど、ポテンシャルが高い逸品かと、
 個人的にではございますが、そう熱く思うのでした.....近々お試しください♪
2009/02/08(日) 20:06:27 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]
> 鵜。さま
 日曜の夜...切ない酔人さぁーでもすッ!!
 という事で、芥屋にて爆撃いたしました。(笑)
 PBも含めると、結構な銘柄を出されていらっしゃる蔵元さんでして、
 北薩では雲海に次ぐ石高があるとかいう情報もございました。ハイ!
 では........S.A.G.A.にて待つッ!!(爆)
2009/02/08(日) 20:10:46 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。