スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『伊佐錦』で呑酔

05-24,2009

伊佐錦

伊佐錦 大口酒造(株)

 【蔵元】1970年創業。伊佐地方に在った13の蔵元の内11の蔵元が、

      【品質向上・市場安定・県外出荷】をテーマに協業組合として

      銘柄を『伊佐錦』に統一して同年8月に発足。

      (2007年12月1日より株式会社へ組織変更。)

 【銘柄】大口の恵まれた自然環境、良質の水と厳選された原料で作られ、

      白麹を使用し、創業当時から造り続けられる銘柄。

 

そろそろ梅酒を漬ける季節でしょうか?

昨年、私も人生で初めて梅酒造りにチャレンジいたしまして、

仕込みに使いましたのが、『伊佐錦』の35°でした。

だもんですから、ちとコノ瓶が欲しくて2本ほど購入しましたとさっ・・・(笑)

 

香) 若干ツンッと香る気もしますが、スッキリ軽快な甘い香りがします。

生) 口当たりは穏やかで、コクと甘味・膨らみ、辛味でのキレを感じます。

氷) 辛味が立ってきますね.....渋味ではありませんが、やけに辛いです。

水) 円味とコク、やんわりとした甘味を感じ、辛味でキレます。

湯) 円味とコク、芋香が浮き出てきて、ゆったりしながら辛味でキレる。

 

黒伊佐』のもっさり感と比べれば、スッキリといただけます。

また湯割りでは温度が下がってくると、

優しいながらもしっかりとした甘味を感じ取れるようになり、

キレを呼ぶ辛味とのメリハリで、つい飲み過ぎてしまいそうな味わいです。

 

そんなこんなで、本更新以降、暫く芋焼酎は飲めないんじゃないか・・・的、

湯割り推進更新を〆たいと思います。ハイ!(溜息)

COMMENT

どぉーむです。
運動会乙です。
おいどんも昨日梅を仕込んできました。
最近の伊佐錦はクオリティが上がっちょいもす。
2009/05/25(月) 06:42:27 |URL|平日。 #79D/WHSg [EDIT]
> 平日。さま
 酎継もしもしドォ~ムありがとうございました。
 クオリティとクロマティは似てるな........などと思ったりする訳ですが
 ウメッ酒用の球磨焼酎をP。様にお願いしたことを包み隠さず御報告申し上げ
 昨年度分伊佐錦ウメッ酒を僅かながら送りますので皆で飲んでネ♪(笑)
2009/05/25(月) 20:51:19 |URL|博多蔵。 #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。