スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『さつま五代』で呑酔

10-05,2009

さつま五代

さつま五代 山元酒造(株)
[蔵元]1912年創業。鹿児島県本土の北西部、北薩地域の中核都市
     薩摩川内市に在り、焼酎の発祥の地「川内市」に恥じぬ伝統の味を現代に伝え、
     素直に「旨い」と喜んでいただけるような焼酎造りを目指している蔵元。
[銘柄]鹿児島県特産のさつま芋と、薩州霊山「冠嶽山」の伏流水
     (ミネラルを多く含む甘口の地下水)を仕込み水に、永年の伝統にもとづき、
     さつま芋の旨さを最高に生かした山元酒造の代表的銘柄。

どちら様も御機嫌如何でしょうか?
華麗・・・失礼・・・加齢なる日が近付いてきた“蔵。”です。

酎事で、北薩が誇る偉大なる山元酒造様の歴史を伝える偉大なる銘柄、
「ゴデェ~」の御紹介が今頃になりました事を本銘柄を愛してやまない
あちら様こちら様どちら様へも深く御詫び申し上げ、とっとと御味見しますネ!(笑)


香: 穏やかな中にスッと立ち上る甘酸っぱい香り。
生: まろやかなコクと穏やかな芋香、非常に整った穏やかな味わい。
氷: やや酸が立ち甘酸っぱくスマートな味わいながら、締まりは若干ビター。
水: まろやかなコクとやわらかな甘味で、嫌味のないさっぱりとした味わい。
湯: まろやかなコクと上品な甘味、追って香る芋香。ストレスのない旨さ。

特筆すべきは、やはり「まろやかなコク」でしょうか。
この優しい味わいに自然と肩の力が抜け、一日の疲れも癒される気がいたします。

愉しみ方といたしましては、ロックや水割りなど、冷たい系でも充分かと思えますが、
やはりお湯割りの温度変化にみられる味わいの変化を愉しまれては如何でしょうか。


っと、やや手短(情報局長様のナニの話ではない・・・)ではございますが、
本日の某市銘柄敵更新を早々(軍団首領様のアレの話ではない・・・)かつ
壮大(軍団長様のナニの話でもない・・・)に〆させていただきます・・・・・(爆)

じゃ、またっ!

COMMENT

ですネ!(笑)

早いって
ゆうなぁ~(泣)

2009/10/07(水) 15:00:01 |URL|軍団首領 #mQop/nM. [EDIT]
 御約束ドォ~ムです。
 毎度申し訳ございません。
 ハイ!(笑)
2009/10/07(水) 19:57:04 |URL|蔵。 #7S5Nvbzg [EDIT]
五代ってまろやかなんだぁ。
実は特黒が初めてでした。
2009/10/08(木) 22:21:12 |URL|平日。 #GMt6E/5M [EDIT]
 初体験ドォ~ムです。
 まろやかな飲み口で
 結構いもいもしさもあり
 あなどれない旨さです。
 ハイ!
2009/10/08(木) 23:03:33 |URL|蔵。 #7S5Nvbzg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。