スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『薩摩の誉』で呑酔

10-17,2009

薩摩の誉

薩摩の誉 (有)大山甚七商店
[蔵元]1875年創業。平均気温19℃という、とても温暖な気候の
     鹿児島県指宿市の錦江湾と桜島を望む海岸沿いに在り、
     明治時代から 代々受け継がれたかめ壷を使用し、
     五代目当主が五感を大切に、丁寧に焼酎造りを続けられている蔵元。
[銘柄]原材料の芋は南薩地方の黄金千貫にこだわり、かめ壺、白麹にて仕込み、
     四代目が「薩摩を代表する誉れ高き焼酎に!」との願いを込めて命名された
     大山甚七商店の代表銘柄。

どちら様も御機嫌如何でしょうか?
ハードな仕事が続きそうな時は、本品を飲む事が多い“蔵。”です。

昔、仕事がキツイ時期に飲み、随分と疲れを癒された想い出のある銘柄でして、
その時以来、疲労時の栄養補給的に本品を愛飲する私ってナニか変ですか?(笑)

万人に効き目がある訳ではありませんが、私的に効果のある本品の御味とは・・・・・


香: もったりとした芋香と甘酸っぱい香りが穏やかに立ち上ります。
生: コク・芋香・甘味が穏やかに広がり、酸味の効いたさっぱりとした味わい。
氷: 香ばしさ甘味が顔を覗かせつつ、辛味と酸味の効いた嫌味のない味わい。
水: コクと甘味を感じるものの、どういう訳か辛味が効き過ぎて好ましくない。
湯: 香ばしさの中にコクと甘味があり、辛味と酸味でキレ、心地好い余韻が続く。

やっぱり効きます........お湯割りでのこの味わい。
酸味が特徴でしょうか........どの酔うな飲み方をしても、この酸味が実に効果的で、
さっぱりといただけ、もう一口への呼び水となっている酔うに感じます。

また、出過ぎずに下支えする甘味、酸味と相まってキレを誘う辛味、香ばしさなど、
私的好みに当てはまる点が多く、贔屓にしたくなる銘柄であります事を御報告申し上げ、
アレやコレやと忙しく、疲れた身体をこの一杯で癒しつつ本更新を〆たいと思います。

じゃ、またっ!

COMMENT

栄養補給どぉーむです。
きんぐおぶ焼酎って感じなんでしょうか。
今度おいどんも栄養補給してみよっと!
2009/10/17(土) 08:40:22 |URL|平日。 #GMt6E/5M [EDIT]
ホマホマ、酔人さぁーでモフッ!!
という事で、新酒の季節という事で
美鹿児を買う前に、本日晴れて白波新酒を
白黒各1,290 にてゲットした事を
お詫び申し上げ候
遅い誕プレでしたとさ・・・
2009/10/17(土) 17:14:02 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
 きんぐおぶドォ~ムです。
 “きんぶおぶ焼酎”と呼ぶにはアレかもしれませんが
 指宿地方の御酒では本品か『利八』、『鷲尾』あたりが
 口に合います事を御報告申し上げつつ
 栄養補給を心よりお願い申し上げます。
 ハイ!(笑)
2009/10/17(土) 22:35:20 |URL|蔵。 #7S5Nvbzg [EDIT]
 新酒ドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
 ぃゃぃゃ、早いもので今年も新酒の季節ですねぇ~!
 それにしても魅力的な御値段で、
 いつも買い物上手だなぁ・・・と舌を巻いております。
 酎事で.....遅誕プレおめおめッ!!(祝)
2009/10/17(土) 22:38:29 |URL|蔵。 #7S5Nvbzg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。