スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『八千代伝』で呑酔

12-22,2009

八千代伝

復刻 八千代伝 八千代伝酒造(株)
[蔵元]1928年、「八千代醸造元」として創業。途中、休業を余儀なくされるも、
     2004年、30年の時を経て、蔵発祥の地・垂水市猿ヶ城渓谷に蔵を再興。
[銘柄]猿ヶ城伏流水を使い、原料芋に地元産の黄金千貫、白麹使用ならびに
     全て甕仕込み無濾過。創業時の銘柄『八千代』を伝承するするという意味で
     名付けられた銘柄。


どちら様も御機嫌いかがでしょうか?
社名が変わっているのを全く知らなかった“蔵。”です。

酎事で、今年(2009年)10月より、「合名会社」より「株式会社」へと組織変更、
社名を、「八木酒造合名会社」から「八千代伝酒造株式会社」へと変更なさったそうです。

そんな本品は、ナニかと仲良くしていただいている“庵膳MAN”様からのいただきモノ。
なかなか手が出せない銘柄だったので、いただいて非常に助かりました。(感謝)

そんな本品の御味とは・・・・・



香: 無濾過なりに若干の濁りは見て取れますが、嫌な臭いは無く、甘い香りに満ちています。
生: コクと甘味が非常に厚く、キレを誘う辛味は、ややチリチリとして刺激を感じます。
氷: 口当たりのまろやかさと甘味を感じ、飲み心地としてはキレが好くシャープな感じ。
水: コク深くやわらかな甘味で、穏やかな飲み心地。アフターに若干アルコール臭を感じる。
湯: 深いコク、浮き立つ香ばしさ、ジワッとした甘味、辛酸を帯びたキレ。


かなりお久し振りの再飲でしたが、以前の記憶と随分違っておりました。
以前は、随分と無濾過感とアルコール感が強かったように感じられたのですが、
今回は、随分と落ち着き払った感じで、造りたいモノをしっかりと調整し、
造り上げられている味わい........その酔うに感じられました。

飲み方といたしましては、どの酔うな飲み方でも嫌味なく愉しめますが、
香ばしさが花開く湯割りを一押しといたしまして、
今日も今日とて、お湯割り一辺倒な更新を〆させていただきたいと思います。
ハイ!

じゃ、またっ!

COMMENT

久々再飲ど~もです。
蔵復興ストーリーに感動して暫く愛飲してました。
私が焼酎に嵌るきっかけを作ってくれた、記念碑的銘柄でありんす。
んがぁ、実は私も最近飲んでません。(汗)

酎ことで、八千代伝、小さくってごめんねごめんねぇ~。(笑)
2009/12/22(火) 16:37:26 |URL|庵膳MAN #OI7D8nFM [EDIT]
ヤギッチ酔人さぁーでモフッ!!
という事で、オイラ的にも
最近飲んでませんが久々に
千代吉でも買って見酔うかと
思いましたが、値段が・・・高
2009/12/22(火) 18:26:33 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
 記念碑的ドォ~ムありがとうございました。
 先ず持って御約束敵で恐縮ではございますが・・・
 小さいって言うなぁーーッ!!(涙)
 続きましてもうちっと廉価な銘柄も出していただけると
 非常に助かるなと思う私を赦してくださいネ!
 ハイ!(貧)
2009/12/22(火) 21:40:46 |URL|蔵。 #7S5Nvbzg [EDIT]
 御値段がドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
 『千代吉』の水割りににぎり寿司でしょうか?
 ヤギッチの再淫が昨年いただいた芥屋の宿題以来だった私を
 八千代伝酒造御関係各位様は赦してくださるでしょうか?
 ハイ!(汗)
2009/12/22(火) 21:44:59 |URL|蔵。 #7S5Nvbzg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。