スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『杜の妖精』で呑酔

12-26,2009

杜の妖精

杜の妖精 太久保酒造(株)
[蔵元]1910年創業の久保醸造を引継ぎ、サツマイモの卸販売業者の中山信商店が
     設備投資を行い、太久保酒造(株)として1990年6月、新たに出発した
     鹿児島県曽於郡志布志町に在る蔵元。
[銘柄]原料芋には「紅おとめ」「白さつま」が使われ、麹米には「国産ひのひかり」、
     麹は黒麹を使用し、水は志布志城山の下岩穴より湧き出る銘水太守公「御前の水」で
     割り水さたやきいも焼酎。


どちら様も御機嫌いかがでしょうか?
飲んではいるものの、アレコレ忙しく慌ただしい“蔵。”です。

今年も残すところ後僅か・・・そんな年の瀬間近に御紹介いたしますは、
“庵膳MAN”様からいただいた品・第二弾........『杜の妖精』でございます。

随分と久し振りの再飲となりますが、昔っから「やきいも焼酎」だったのでしょうか?
まったく持って、そんな記憶の無かった本品の御味とは・・・・・


香: 濃密な甘い香りが優しく立ち上ってきます。
生: 焼き芋を連想させる香味があり、さらっとした甘味とやんちゃな口当たり。
氷: シャープな口当たりでグッと甘味を感じ易くなり、すっきりと嫌味無い味わい。
水: 優しい飲み口と程好いコクと甘味、酸を帯びたキレですっきり味わえる。
湯: 優しい口当たりと微かな焼き芋香、コクと甘味があり、辛酸ですっきりキレる。


“やきいも焼酎”って、数銘柄口にしたことはあったのですが、
私が口にした中では、一番焼き芋っぽい焦げ臭のある香りで驚きました。

蔵元さんの方では、飲み方として、ロックをおすすめしている酔うですが、
私といたしましては、毎度の事ながらお湯割りにて、
やや温度が下がってきた微妙な温度帯で感じられ易くなる芋のほっくり感と、
焼き芋っぽい焦げ臭の相まった“やきいも焼酎”感を探るのが愉しいのでは・・・
と、意味不明なコメントを残しまして、本更新を〆たいと思います。
ハイ!(汗)


前からこんな御味だったっけ........じゃ、またっ!

COMMENT

ロックドォームです。
こっちでも短くても太くて硬い庵膳MAN様登場。
2009/12/27(日) 09:16:10 |URL|平日。 #GMt6E/5M [EDIT]
 短太硬ドォ~ムです。
 そちらでは『萬膳庵』の御更新でしたので
 ナニかしらの共有感を抱いてしまった私って
 どこか間違っているのでしょうか?
 ハイ!(笑)
2009/12/28(月) 00:25:33 |URL|蔵。 #7S5Nvbzg [EDIT]
陽性、酔人さぁーでモフッ!!
という事で、こん蔵は
随分、購入してませんので
完璧に不意打ちな為
コメントは控えさせてネッ。
2009/12/28(月) 08:35:22 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
 差し控えドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
 コチラの蔵は、やはり『黒粋華奴』かな・・・
 と思いましたことを素直に御報告申し上げます。
 ハイ!(笑)
2009/12/28(月) 22:24:54 |URL|蔵。 #7S5Nvbzg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。