スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『黒麹仕立て桜島』で呑酔

02-10,2010

黒麹仕立て桜島

黒麹仕立て 桜島 本坊酒造(株)
[蔵元]1872年創業。本坊松左衛門の「殖産興業による社会福祉」の精神から、
     年号も明治に変わって間もない混乱の頃、
     鹿児島県薩摩半島南端にある津貫の土地に誕生た大手酒造メーカー。
[銘柄]穫れたての新鮮な南薩摩産黄金千貫を黒麹で丹念に仕込んだ、
     スタンダードでありながら高品質なこだわりのある本格薩摩焼酎。


どちら様も御機嫌如何でしょうか?
御値打価格にて本品をGet!した“蔵。”です。

好きな銘柄が御値打価格ってのは、堪りませんなぁ~!
普段、ついついBlogネタになるモノを物色してしまうのですが、
本品は、その御値段を見た瞬間手に取ってしまいました。

そんな、「久々に飲みたかったんだよぉ、コイツ!」の御味とは・・・・・



香: すっきりとした甘酸っぱい香りが、力強く立ち上ってきます。
生: 厚く、ややトロミがかった口当たり。静かに旨味と甘味を感じ、辛味でキレる。
氷: トロッとしたコクと甘味があり、辛味と渋味、酸味ですっきりキレる。
水: トロッとしたコク、優しく丸い甘味、酸が効いてキレ、ややビターな後味。
湯: トロミをまとったコク、香ばしさと控え目な甘味、酸味と辛味でキレる。


そうそう、この「トロリとしたコク」です!
コレが結構印象的で、また飲みたかったんですよねぇ。
そこが、『桜島』や『さつまおはら』との明確な違いで、
それ以外のベース的味わいは、ほとんど同じ酔うな気がします。
その御味が好きなんで、たまに『黒麹仕立て』も飲みたくなるんですよネ!

飲み方といたしましては、どの酔うな飲み方でも、
印象的な「トロッとしたコク」は感じられるかと思いますが、
味わいの幅を広げ、「ダンッ、バンッ!!」とした無骨さを感じられる
お湯割りをオススメいたしまして、今宵の擬音的更新を〆たいと思います。
ハイ!(笑)


じゃ、またっ!

COMMENT

御値打、酔人さぁーでモスッ!!
という事で、本品は安く買えたのですが
プラスアルファ、年号焼酎2009をば
¥630にて発見しまして、四本も
挿、いえ購入した事を、包み隠さず
ご報告申し上げまふっ!!
2010/02/11(木) 06:50:12 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
 630-ドォ~ムです。
 これまたお安くお求めになられましたねぇ~!
 しかも4本・・・んもぉ~お好きなんだからッ!!
 ハイ!(爆)
2010/02/11(木) 20:46:15 |URL|蔵。 #7S5Nvbzg [EDIT]
お値打ち価格ドォームです。
当地ではそのような価格で購入できないことを謹んでご報告いたします。
酒屋で売ってるんですか?
2010/02/12(金) 10:53:18 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
> お値打ち価格ドォームです。
> 当地ではそのような価格で購入できないことを謹んでご報告いたします。
> 酒屋で売ってるんですか?

 懐に優しいドォ~ムです。
 私は偉大なるダイエーにて購入いたしました事を
 包み隠さず御報告申し上げます。
 ハイ!(笑)
2010/02/12(金) 22:40:09 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。