スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『養老』で呑酔

04-15,2010

養老

養老 中俣(合名)
[蔵元]1904年創業。鹿児島県薩摩半島南東部の指宿市に在り、
     一旦休業後、2005年、25年ぶりに蔵として復活した小さな蔵元。
[銘柄]麹菌は黒麹菌を使用し、芋は南薩摩産の黄金千貫を使用。
     蔵元へ確認したところ、『養老伝説』とは若干違うとの事。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
お久し振りに風邪なんぞ召しております“蔵。”です。

確か.....商標登録上の問題で、『養老伝説』へと名を変更した『養老』。
本品は、北の曲者様が指宿へ行かれた際に購入した品でございまして、
ありがたくも救援物資として送ってくださったモノでございます。(感謝)

このことから、櫻井酒造の『さつま松の露』同様、
地元限定でしか流通させられないのではないかと推察される。

何の根拠もないが、それらしい事を書いてみたかったのである・・・
焼酎通ぶりたかっただけなのである..........赦してつかぁさいッ!!(涙)



香: ハチミツのような甘い香りが軽やかに立ち上ります。
生: コクと穏やかな口当たり、深い甘味、グイグイ押し寄せる力強さを感じる。
氷: ハチミツのような香りと甘味を感じ易くなり、辛味が利いてシャープな味わい。
水: 元気な香味が鼻へ抜け、コクのある甘味をジワジワと感じる厚い味わい。
湯: 重厚な甘味と深いコク、微かな辛味でキレ、優しい酸で締まるスマートな味わい。


『養老伝説』をネタにしてから、そんなに経ってないはずなのに、
どの酔うなコメントをして更新したのか覚えていない・・・読み返してみよう・・・

  :

ふ~む........なんともお恥ずかしいトリップ記事となっておりますな!(汗)
ただ、手前味噌ながら、細かい表現は異なっていても、
大枠での捉え方は異なっていない酔うな気がしないでもない・・・
良く言えば、味覚がブレていない........悪く言えば、味覚に成長の跡がない。
酎事ですかな・・・・・ハイ!(涙)


じゃ、またっ!



追記:更新日翌日、蔵元へ電話確認いたしましたところ、
    『養老伝説黒麹仕込み』は鹿児島県限定流通、
    『養老』は指宿限定流通で、若干異なる銘柄との事。
    蔵元曰く、「両銘柄は二卵性双生児」の酔うな関係だとか・・・(笑)

COMMENT

トリップ、酔人さぁーでモフッ!!
という事で、奇遇にも松の露を
只今飲んでいることをご報告すると共に
お茶を濁す酔うでありますが
本品、鹿児島県産のヒノヒカリを
麹用米に白麹で醸じてるらしか・・・逃
2010/04/15(木) 06:19:00 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
地元限定ドォームです。
やっぱり曲者様は目の付け所が違いますなぁ。
おいどんは見たこともなかです。
2010/04/15(木) 09:40:23 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
 奇遇ドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
 お電話させていただいた通りでございまして
 二卵性双生児らしかです・・・(微妙)
 まぁ、それはそれとして、
 蔵元様と直接話せる機会をつくっていただき
 本品共々ありがとうございました。
 ハイ!(感謝)
2010/04/16(金) 00:38:29 |URL|蔵。 #- [EDIT]
 着眼点ドォ~ムです。
 流石曲者様.....誠にアレでございます。(笑)
 蔵元へ確認いたしましたら
 『さつま松の露』と同じ酔うな処遇でありました事を
 申し添えまして本コメントを〆させていただきます。
 ハイ!(笑)
2010/04/16(金) 00:42:03 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。