スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『撫磨杜』で呑酔

04-24,2010

撫磨杜

撫磨杜 大石酒造(株)
[蔵元]1899年創業。焼酎の自家用醸造が禁止され、創業者 大石長次郎は
     他の2名とともに、鹿児島県北西部 阿久根市にて焼酎製造を開始し、
     数年後は一人で製造業を続け、現在に至る。
[銘柄]「なまず」を知っていますか。その風貌に似合わずデリケートで
     繊細な生物です。人目にふれぬ所でゆっくりとじっくりと成長し、
     水質が悪くなると髭も退化し生きてはゆけません。この「撫磨杜」は
     たっぷりと大地の恵みをうけ、澄んだ水(高松川伏流水)で仕込まれ
     育った芋焼酎です。あなたの心を揺さぶる極上の味を「撫磨杜」は
     知っています。                    ~ 裏ラベルより ~


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
今年も『撫磨杜』をいただける事に感謝している“蔵。”です。

という事で、今年も偉大なる“ハタ酒店”様より案内いただきまして、
無事GET!することが出来た本品は、原材料に、芋(紅さつま、黄金千貫)、
米(ひのひかり)を使い、麹は、黒麹・白麹2種類の原酒のブレンドでございます。

どちらの芋がどちらの麹で仕込んだのか、蔵元へ御邪魔した際、
お聞きしたような...してないような.....よく覚えておりませんが、
他銘柄との兼ね合いから、紅さつまが黒麹ではないかと思います。

間違っていましたら、偉大なる酒屋様がツッコンでくださるでしょうから、
ソコはソコで御任せいたしまして、私はとっとと飲みますネ!(笑)



香: 上品な中にもどっしりとした香りが潜んでいそうに感じます。
生: 厚いコクと甘味、香味が鼻腔をくすぐり、辛味でキレ、若干暴れる感じ。
氷: 甘味がじわりと広がり、香味が華咲いて、穏やかにキレ、酸でキュッと締まる。
水: 香味がファッと華やいで、優しい甘味と辛味でのキレ、酸でジワッと締まる。
湯: 華やいだ香味の中に僅かな香ばしさが表れ、甘味と辛味のバランスが好い。


毎年違った表情を見せてくれるのが楽しみな『撫磨杜』ですが、
今年は濾過が好い塩梅なのか、実にバランスの良い味わいではないかと感じました。

飲み方といたしましては、どの酔うな飲み方でも嫌味なく愉しめますので、
お好みの愉しみ方で酔いのではないかと、無難にコメントいたしまして、
大石酒造様の銘柄を購入するなら、やっぱり偉大なる“ハタ酒店”様的
コマーシャル更新を〆させていただきたいと思います。
ハイ!(笑)


じゃ、またっ!

COMMENT

偉大、酔人さぁーでモフッ!!
という事で、青も一緒に挿入されたのでしょうか。
当方も、出荷が遅れた為忘れた頃にやって来て
お値段を見て、ビックリしました。
さて、いつ飲むやら。
2010/04/24(土) 18:27:59 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
 挿入ドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
 レギュラー2~3本的御値段の青でございますが
 偉大なる酒屋様の御計らいで今年も無事購入出来ました事を
 謹んで御報告いたします。
 ハイ!(喜)
2010/04/24(土) 20:40:26 |URL|蔵。 #- [EDIT]
ブレンド酎ドォームです。
青ってそんな値段なんすか?
ネーミングとラベルがすばらしいと感じるおいどんは変でしょうか?
味もネーミングどおりなんですね。
2010/04/25(日) 21:32:58 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
 相対関係ドォ~ムです。
 なかなか手厳しいネタフリでございますが
 ネーミング・ラベルとも素晴らしく
 青を含めまして御値段も素晴らしいのでございます。
 ハイ!(笑)
2010/04/25(日) 23:17:10 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。