スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『須木』で呑酔

06-03,2010

須木焼酎

須木 すき酒造(株)
[蔵元]1909年、初代“田中宗三郎”が九州山地の豊かな伏流水に着目して創業。
     昔から良質な杉の木を産する林業が盛んな小林市須木(旧須木村)に在り、
     創業当初から甕壷仕込みにこだわり、地元出身(小林市)で
     黒麹仕込み芋焼酎製造の先駆けとなった内嶋光雄杜氏のもと、
     伝統を生かしながらも多くの新しい取り組みをしておられる蔵元。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
前回更新に引き続き、宮崎酎をネタにする“蔵。”です。

ネタにすると言うか・・させていただく・・・と言った方が正しいかと思います。
酔うは、頂きモノな訳でして、遠慮もせずにいただいてしまいました。(笑)
御礼の意味を込めまして、感謝しつつ味わわせてきただきたいと思います。



香: グッと甘味のつまった香りがツンッと立ち上ってきます。
生: やわらかな口当たりで、コクと富んだ甘味が印象的。後から力強い味わい。
氷: 濃度が上がったような口当たりで、甘味に富んでおり、心の太い味わい。
水: 酸味を感じられるようになり、甘酸っぱく、スマートで爽やかな味わい。
湯: しっかり甘味が立ち、僅かに香ばしさも表れ、自然なキレと酸での締まり。


銘柄に関して調べてはみましたが、さしたる情報は得られませんでした。
黒麹仕込み・25度と言うのはラベルで分かりますが、
おそらく........原料芋は、内や外に紅や紫なのど色が付いた物ではなく、
麹米は、口当たりの好さから国産米ではないかと感じました。

飲み方といたしましては、王道的湯割りは勿論の事、
ストレートに本品の上質さを感じられる生、まったくブレずに深いロック、
暑い季節なら爽やかな水割りと、飲み方を選ばない懐の深さを感じました。
一番好きな飲み方で、御愉しみください........保障はいたしませんが・・・・・
ハイ!(笑)


じゃ、またっ!

COMMENT

好きドォームです。
ここの蔵が最近多い酔うですが、やはり特徴のある焼酎が多いのでしょうか。
今度飲んでみよう。
2010/06/03(木) 06:43:58 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
すきさんは本坊屋久島工場から杜氏を招いて以来、去年あたりから人気が急上昇したと聞いています。
特に黒麹が美味しいかと^^
(宗一郎との違いは甕仕込みかどうかなんでしょうか…?)
見たことないですが20度もあるそうですよ。
この夏にすきさんの新しい蔵が完成するので、最初の仕込みがどんな味になるのか楽しみでーす♪
私も宮崎焼酎強化月間酎~(^^)v
2010/06/03(木) 06:50:09 |URL|shiori #5ycnnhpQ [EDIT]
オスギ、酔人さぁーでモスッ!!
という事で、超が付かないとこが
なんか寂しい感じがしますが
コン蔵元の焼酎に遭遇する機会があれば
なんか、手を伸ばしたくなる酔うな
今日この頃でゴザンス。
2010/06/03(木) 12:51:28 |URL|鵜。 #- [EDIT]
 特徴ドォ~ムです。
 ナニかとこん蔵の銘柄を飲む機会に恵まれておりますが
 「特徴があるのか?」と問われれば
 答えに窮してしまう私を上の御二方は赦してくださるでしょうか?
 ハイ!(怯)
2010/06/03(木) 23:33:21 |URL|蔵。 #- [EDIT]
 人気急上昇ドォ~ムです。
 まったく持ってスペックの分からない銘柄でしたが
 私が口にしたすき酒造の銘柄の中では
 一番口に合いました事を御報告申し上げまして
 私からの御礼の御挨拶に代えさせていただきます。
 ハイ!(笑)
2010/06/03(木) 23:37:25 |URL|蔵。 #- [EDIT]
 早出しドォ~ムです。
 そう言えば以前
 超が付くヤツを酒屋さんから勧められ
 かなり身の危険を感じた事を想い出しました・・・
 あんましナニも伸びなさそうな私を
 どうか一つ“トニー谷”に免じて赦してつかぁさい。
 ハイ!(逃)
2010/06/03(木) 23:42:31 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。