スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いも焼酎 『百蔵』で呑酔

07-08,2010

百蔵

百蔵 (資)寒菊銘醸

どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
本日はちと趣向を変えて更新してみようと思う“蔵。”です。

普段なら、[蔵元][銘柄]などを紹介してから、
「こんな感じでしたよぉ」的な御味の紹介をしているのですが、
今回は先ず、御味の紹介から入りまして、
その後、蔵元と銘柄の紹介をさせていただこうと思います。

というのも、本品..........千葉県の蔵元さんが醸したいも焼酎でして、
御仕事の関係で、そちらの方へ御住まいの同級生・・と言うか、
刺客からの頂きモノなもんですから、気をつけて味わいたいと思います。
ハイ!(恐)




香: かなり押しが強くて甘い香りが、力強く立ち上ってきます。
生: 非常にコクが厚く滑らかな口当たりで、香りの立ちが強く、濾過は控え目に感じます。
氷: ジカッと刺すような強い甘味を感じ、若干オイリーな口当たりに思えます。
水: 浮き立つ香味と強い甘味、コクも厚いが、やはり若干オイリーな感じが・・・
湯: 深いコクと鮮やかな香味、オイリーだと感じたモノが複雑な味わいへと変化。

確か、八丈島の島酒『八丈鬼ころし』は、千葉県産“白てるこ”・“赤てるこ”なる
芋を使っていると、ナニかの本で目にしたことがある酔うな・・・・・
だからと言って、本品がその芋を使って造られたかどうかは分かりませんが、
芋焼酎の原料として広く使われている“黄金千貫”が原料でないだろうことは、
本品を飲めば、それとなく分かるような気がします。

なんと言っても、食用として重宝されそうな香味と甘味が強い。
そして、濾過は控え目........ソレっぽい力強さを感じます。
麹は、このスマートな飲み心地を考えると、国産米と推察いたします。

余計な事まで書いてしまえば、田崎酒造の味わいに近い気がします。
ハイ!(蛇足)

そんな、本品のスペックを蔵元情報と共に・・・・・


百蔵 (資)寒菊銘醸
[蔵元]1884年創業。豊かな自然と温暖な気候に恵まれた山武市、
     県都千葉市より30km、成田国際空港より13kmの地点に在り、
     敷地内にある柿の木(樹齢300年)の根元より湧き出る清水と市内産の酒米を使用し、
     純米吟醸酒を近代的な新鋭機器を導入し造っておられる蔵元。
[銘柄]「百蔵」の名は、蔵の位置する九十九里浜に“ひとつ”足して“百”とし、
     ひとつ上の焼酎を目指すといった意味合いがある。
     焼酎自体は「黄金千貫」を原料に、黒麹、白麹を50%ずつブレンドした銘柄。

     ・
     ・
     ・

という事でね、私の独り善がり的テウスチングは、まったくアテになりませんなッ!!
原料芋は“黄金千貫”らしかですばい.......なんともかんともお恥ずかしい限りで・・・

こうなったら、もうアレだね・・ 同級生のせいにしちゃおう、うん。
同い年なんだから、恥掻かせんなぁーーーッ!!!(涙)


じゃ、またっ!(逃)

COMMENT

刺客ドォームです。
うーム何ともいえない焼酎ですね。
2010/07/08(木) 07:59:22 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
小金洗顔、酔人さぁーでモフッ!!
という事で、今や全国で芋焼酎が
造られている酔うですが
オイラのところにも、土佐から
刺客的に芋焼酎が届いておりましたが
今、思い出しました・・・
2010/07/08(木) 08:01:02 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
 なんともドォ~ムです。
 なんとも言えない更新内容となりましたことを
 心より御詫び申し上げ
 またの御利用を心より御待ち申し上げます。
 ハイ!(笑)
2010/07/08(木) 22:26:44 |URL|蔵。 #- [EDIT]
 土佐ドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
 土佐と言えばクリト・・・失礼・・・クリ焼酎でしょうか?
 刺客様の思いを遂げるべく
 消費の程、頑張っていただきたいなぁ~・・・と
 それとなく応援しております。
 ハイ!(笑)
2010/07/08(木) 22:31:01 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。