スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『味蔵』で呑酔

09-02,2010

味蔵

味蔵 萬世酒造(株)
[蔵元]1899年創業。(有)森田酒造店として設立された後、
     1985年森田酒造店を引き継ぎ萬世酒造株式会社となる。
     薩摩半島にある日本三大砂丘・吹上砂丘の南端、
     南さつま市加世田の吹上浜海浜公園の中に在る蔵元さん。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
リアル先輩からボンボコボンと一升3本被弾した“蔵。”です。

その第一弾として、御紹介させていただきますは、『味蔵』。
本品は、明治時代に行われていた、一次と二次の仕込みを同時に行う
「どんぶり仕込み」らしく、麹も白麹と黄麹を使い、低温発酵させた銘柄だとか・・・

頂いた品は、【05.0207】との詰日が印刷されており、
既に五年半古酒となっておりますが、本品って、まだ造っていらっしゃるんでしょうか?
よく分からないので、感謝しつつも、とっとと味わわせていただきますネ!
ハイ!(汗)




香: 酸の香りが強く、どこか荒っぽい香りが立ち上ってきます。
生: 甘味が強く、華やぐ香味とコク、辛味と酸味もしっかりしています。
氷: 酒質が締まり、軽快な口当たりで、厚いコクと強い甘味、素直な飲み心地。
水: 厚いコクとしたたかな甘味、酸味が強く、キュッと締まった味わい。
湯: やわらかな口当たり、確かなコクと甘味、終始効いている酸味がキュ~ッ!!


流石、リアル先輩宅は押入れ内にて、五年半もの長きに亘り、
今か、今かと出番を待ち続けていただけありまして、なんとも口当たりまろや・・・
かになっているのか、どうか、初飲な銘柄なので、さっぱり分かりません。(笑)

味わいの特徴といたしましては、どの酔うな飲み方でも、コクと甘味がしっかりしており、
ソコに「かめ仕込み」を想わせる土臭い(?)香味をまといまして、
最後は、本品の最たるファクターと思しき酸味が、キュキュッと効いている酔うに感じました。

飲み方といたしましては、バランスに優れた飲み心地のロックをオススメいたしまして、
お湯割り原理主義者からの叱責に脅えつつ、今酔いの五年半瓶熟更新を〆たいと思います。
ハイ!(逃)


じゃ、またっ!


COMMENT

どんぶり仕込みドォームです。
低温発酵が気になります。

2010/09/02(木) 09:28:48 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
酸味、酔人さぁーでモスッ!!
という事で、曲者的にも酸を感じた事を
何となく思いだしました。
確か今まで、一升を二本ばかり飲んだと思いますが
値段的にもリピーターにはならないかと・・・
2010/09/02(木) 18:00:55 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
低温発酵ドォ~ムです。
 よく目にする言葉ですが、なんの事かよく分かりません。
 多分、モロミの温度を一般的な温度帯よりも低い温度で
 発酵させるという事なんでしょうか?
 ハイ!(逃)
2010/09/02(木) 22:42:09 |URL|蔵。 #- [EDIT]
  曲者滴ドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
  本品、なかなかいい御値段がする酔うで・・・
  『燃島』とナニが違うのかよく分かりませんが
  多分、どちらも手前購入は無いかと・・・
  ハイ!(汗)
2010/09/02(木) 22:45:08 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。