スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『黒白波』で呑酔

10-15,2010

黒白波

さつま白波 黒麹仕込み 薩摩酒造(株)
[蔵元]1936年創業。薩摩半島の南、東シナ海の黒潮が打ち寄せる港町・枕崎。
     南薩の温暖な気候と豊かな土壌に恵まれ、元気なさつま芋が育つ地域。
     杜氏の里・黒瀬にも近く、黒瀬杜氏の技と伝統、清冽な水で焼酎を造る蔵元。
[銘柄]「黒白波」は、代々黒麹での焼酎造りを業としてきた南薩摩は笠沙出自の
     黒瀬杜氏の会心作です。わが杜氏は地元の元気なさつまいもや南薩摩の水、
     そして黒麹と心を通わせながら、本格焼酎に本来の味をよみがえらせました。
     口当たりの中に旨さを。軽さより深さを。黒麹ならではの柔らかい風味が、
     黒潮のようにあなたを包みます。        ~ パッケージ裏より抜粋 ~


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
お久し振りに白波の黒麹仕込みを購入した“蔵。”です。

過去の記事をたどってみましたが、幾度となく口にしているはずなのに、
今までちゃんとした記事として残してなかったんですね、すんまっしぇん。
この事を深く反省し、しっかり味わい、軽くコメントしてみたいと思います。
ハイ!(笑)



香: しっかりした芋香が、ツンッと甘酸っぱい香りをまとって立ち上ります。
生: 厚いコク、とろりとした舌触り、キレを呼ぶ辛味が印象的です。
氷: 芋香が立ち、甘味が浮き出、スマートな飲み心地で、酸での締りが好い。
水: 穏やかな芋香、しっかりしたコク、甘味を増して感じ、和らぐ飲み心地。
湯: ゆったりした芋香、出過ぎない甘味、豊かなコクを感じる不足無い飲み心地。


あれぇ・・? 黒白波って、こんなに芋香に溢れた御味でしたっけ?(汗)
コレはコレで、良く出来た(整えられた)味わいかと、唸らされる訳ですがぁ・・・
私のおぼつかない記憶装置には、煎り米の酔うな香りがギャンッとして、
アッチの方が好きだったんだよなぁ・・・ってな感じなんですが、如何でしょう・・・
昔........とまでは申しません、ちょっと前から、こんな御味でしたっけ?(悩)

まっ、私のおぼつかない御味噌では、答えなんぞ出るはずもありませんので・・・・・

飲み方といたしましては、どの酔うな飲み方をいたしましても、
巧く整った味わいを愉しめるのではないかと思いましたところで、
なんか記憶と違った・・滴更新を、迷走の内に〆たいと思います。
ハイ!(汗)


じゃ、またっ!

COMMENT

黒白ドォームです。
長いこと飲んでないなぁ。
酒屋で一番目に付く焼酎買わないもんなぁ。
2010/10/15(金) 06:30:40 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
ブラック&ホワイト、酔人さぁーでモスッ!!
という事で、本日迷うことなく
白波新酒の白黒をば一升1本づつ
1,290円 にて購入した事を
包み隠さずご報告申し上げますv-308
2010/10/15(金) 14:26:17 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
 目に付くドォ~ムです。
 御給料日前という事で久々の購入。
 なんか記憶違いで肩透かし・・・
 自分の記憶ってアテにならないなぁ~~
 ハイ!(恥)
2010/10/16(土) 10:27:07 |URL|蔵。 #- [EDIT]
 新酒ドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
 時代の最先端を行ってますネ!
 豊島屋(ルミエール)での購入ですか?
 私も御給料が出たら覗いてみっかッ!!
 ハイ!(笑)
2010/10/16(土) 10:29:56 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。