スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『真鶴』で呑酔

11-04,2010

真鶴

真鶴 (有)万膳酒造
[蔵元]1922年創業の老舗蔵ですが、1969年より休業。
     1999年11月、霧島山中にて、地元のこだわり原料を使用し、
     本物を造って行こうと決意のもと、手造り工場を再興しました。
[銘柄]麹米は岩手産「ひとめぼれ」、芋は鹿屋産「黄金千貫」、
     麹菌は秋田今野「白麹」、仕込水は超軟水「霧島レッカ水」。
     こだわりの厳選素材を用い、「手作り麹」 「かめ壷仕込み」
     「木樽蒸留」で、黒瀬杜氏の卓越の技で醸された銘柄。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
またまた頂き物で更新してしまう“蔵。”です。

随分と万膳さんの銘柄を口にしておりませんでしたが、
過去の記事を辿ると、どうやら約2年ぶりの万膳ネタの酔うです。(汗)

久々に裏ラベルをマジマジと眺めましたら、「麹菌・・・秋田今野 白麹」
なんて書かれておりまして、なんの事やらよく分からなかったので、
ググッてみましたら、麹屋さんなんですネ..........勉強になりました。(笑)

ちょっとお勉強にもなったところで、久し振りの『真鶴』を、
感謝しながら味わわせていただきたいと思います。
ハイ!



香: 上品で深い甘味を想わせるような香りが立ち上ってきます。
生: 甘味が深く、穏やかな口当たり。余韻の膨らみが長くて強い。
氷: 口当たりの好さが増し、淡いながらも濃い甘味が印象的。
水: 穏やかな口当たりの中に、淡いながらも濃い甘酸っぱさが印象的。
湯: ほのかな木樽の香りが鼻腔をくすぐり、深い甘味、上品な膨らみ。


んもぉ~~ すっかり御味を忘れておりました.....すんまっしぇん!

それにしても、こんな御味だったんですね........『真鶴』って・・・
「だから、どんな味なんだよッ?!」と問われれば、「上品な和菓子」と御答します。
凄く上品な甘さなんですよネ........御味の特徴は、ソレに尽きると思います。

オススメの飲み方は、木樽香るお湯割りも王道的にヨカかと思いますが、
スマートに楽しめて、特徴である甘味が活きるロック、
本質的なポテンシャルをストレス無く楽しめるストレートなんかも
ヨカっちゃなかろうか・・・なんて思いつつ、本日も頂き物的感謝感謝更新を
上品にお〆たいと思います。
ハイ!(笑)


じゃ、またっ!


COMMENT

上品な和菓子ドォームです。
久しく、万膳蔵の焼酎を飲んでないことをご報告いたします。

時々飲みたくなるんだよなぁ。
2010/11/04(木) 10:47:41 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
真鶴、酔人さぁーでモフッ!!
本季節モノは舐める程度しか
毎年、飲む事が出来ません
という事で、また
ラベルばチョーダイ・・・逃
2010/11/04(木) 18:26:37 |URL|鵜。 #- [EDIT]
 時々ドォ~ムです。
 そう思うこともなく
 2年が過ぎようとしていた私を
 神や仏、マリア様は・・・
 はたまた万膳酒造様や特約店は
 赦してくださるでしょうか?
 ハイ!(汗)
2010/11/04(木) 23:10:50 |URL|蔵。 #- [EDIT]
 舐める程度ドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
 日に三合の御方が舐める程度だと
 いったいどのくらいの量なんだろう?
 なんて素朴な疑問が沸々と沸き上がった
 私をどうか一つラベルに免じて赦してネ!
 ハイ!(汗)
2010/11/04(木) 23:13:31 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。